日本海から低気圧が発達しながら近づいて来ました。それでも逆転層に守られている間の飛べる可能性に賭けた皆さんは午前6時から登頂。麓は充分に静穏でしたが、十分一山から上は既に強風が吹き込んでいました。昨日までの喧騒が幻のように静穏なクラブハウスでは泉先生がリパックや事務仕事に取り組んでいました。

雲海が残っている位、麓は静穏でも山頂は既にビュービュー。分かり易いコンディションにソラトピアの皆さんは安心して山形観光に出発。