冬型の気圧配置、強い西風に時々雪が舞っていました。クラブハウスには春のサーマルシーズンに備えてレスキューパラシュートのリパックにフライヤーが入れ替わり訪れてくれました。校長はグラハン練習が出来る場所を求めてあちこち走り回っていました。(明日から除雪と電気工事の為、金曜日まで十分一山に登れません。すみません。そこに追い打ちをかけるようにランディング周辺が水没の為、通行止めになってしまいました。)

降った雪が舞い上がる程の荒れ風でした。

明日からの除雪に備えてフェザー君は高ツムジ山登り口にお引越し。なので、これがこの冬最後の十分一山ショット。

馬見ヶ崎の河川敷は予想よりも残雪が多いし、まだ使えませんでした。

芸工大のグラウンドは良い状態でしたが、現役の部員が許可を取らなければ使えませんでした。

強風に雪が舞い波が立っている湖ではなく、回収道路。雪解けが急速に進み過ぎたようです。