ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2011年4月分

2011/4/30(土)
 高気圧は東に移り、西からは前線が近づいて来ました。その為、お天気は下り坂でHG競技は早々にキャンセルとなりました。チャリティー体験タンデム会は、雨が降るまで可能な限り楽しんで貰おう!と雨雲レーダーなどを常に確認しながら大急ぎでのフライトでしたが希望者全員にフライトして頂けました。(福島、宮城で被災された方にも楽しんで頂けました。一般の方からお預かりした参加費は費は義援金に充てさせて頂きます。)
 夜は、えくぼプラザで「スカイフェスティバルin南陽」の歓迎レセプション。

定刻の時間前には既に体験希望者の方々が集まり始めていて受付スタッフはうれしい悲鳴をあげ、フライトスタッフは全員飛んで行って貰おう!と気合い気合いを入れていました。

十分一山テイクオフは体験希望者やTVや新聞の取材、HG選手の皆さんなどで賑わっていました。

タンデムマスターの皆さんは少しも休まず5本ずつフライト!お疲れ様でした。

(左)福島からお越しの皆さん。非日常体験でリフレッシュして貰えて本当に良かった!

(右)全フライトが終わった所で雨が降り始めました。山頂ログハウスでホッと一息のチャリティータンデム会スタッフの皆さん。本当にお疲れ様でした。
2011/4/29(金)
 寒気の影響で大気の状態は不安定でした。その為、雲量が多く、時折にわか雨がザーッと降るような荒れたお天気でした。強風の中、クラブハウスには体験希望の方々が大勢いらしてくらましたが、フライトはまた後日となりました。(「スカイフェスティバルin南陽」HG大会の初日は残念ながらタスクキャンセルになりました。)
 夜は、明日からのチャリティータンデムに集まってくれたタンデムマスターの皆さんらと明日の天気に願いを込めて「陣八」で乾杯!

体験タンデムフライトに来てくれた皆さんは、ビデオを見たり、ハーネスシミュレータで遊んでからミニパラを実際に体験出来ました。

YUPCの先輩方が多手厚くサポートしてくれました。ありがとうございました。
2011/4/28(木)
 寒冷前線を伴った低気圧が発達しながら津軽海峡付近を通過して行きました。その為、強風とにわか雨の大荒れのお天気となりました。チャリティー体験タンデムの準備や山頂ログハウスのトイレ整備などを終えて、いよいよ明日からは「スカイフェスティバルin南陽」の始まりです。

山頂トイレを稼働させるには、まずトイレ脇にある貯水タンクに水を500リットル入れなければなりません。
クラブハウスでポリタンクに水をくんで行って、おりゃっと貯水タンクに投入します。

(やはりこんな力仕事では腰痛の校長よりも泉先生が大活躍でした。)
2011/4/27(水)
 日本海にある低気圧から延びる温暖前線に向かって南風が吹き込みました。(局地予報文だけで単純にコンディションを決めつけないで下さい。寒冷前線と温暖前線では傾きが随分と違います。また位置が少しずれただけでも局地風は全く異なります。全体の気象状況から最良のフライトプランを立てる事をお勧めします。)温暖前線がエリアよりも北にある事を確認した校長は朝一で暫しソアリングを楽しんでからスカイフェスティバルの準備に勤しみました。その後も穏やかにソアリングを楽しめましたが午後2時頃から寒冷前線が温暖前線に追いついて来た影響でエリアの中でも北風が吹き込み始め(シアラインが高ムジ山から十分一山の南まで押して来た所で)荒れ風になったのでフライト終了。
 夜は体育協会の臨時理事会。

お昼休みに高ツムジ山からテイクオフする大渡さん。

草刈りもバッチリ!吹き流しもバッチリで大会を迎えられます。

校長はチャリティータンデム会に向けて今日も練習フライト。
かっこいいタンデム写真がプレゼント出来ないかあれこれ試行錯誤していました。

(この頃-2:30pm-には既に北風が入って来てシアラインが南にずれながら荒れ風になっていました。慣れない「GoPro」と一脚でがんばりますね〜。)

(がんばろう日本!です。少しでも体験会で元気をあげられますように!喜んで貰えますように!)

「今日のランディング」

ターゲットサークルはグレードアップ!草は大分生えてきました。

夕方からは「カネコ育苗」さんと更なる緑化に向けた相談が出来ました。きっと今年のアキュラシー日本選手権には緑のターゲットが出来ている事でしょう。
2011/4/26(火)
 西から低気圧や前線が近づきお天気は下り坂・・・。その前線に向かって暖かく湿った南よりの風が吹き込みました。午前10時半頃まではご機嫌なリッジ&サーマルソアリングが楽しめましたが、その後は風が強くなりフライト終了。スカイフェスティバルに向けて会場整備や準備が進められました。

(左)「今日のテイクオフ」
眩しいような新緑がようやく見られるようになりました!

(右)風が強まる前に、と校長はお借りしたタンデム機の練習。

チャリティー・タンデムに各地からタンデム機やタンデムマスターが名乗りを上げてくれています。ありがとうございます。

(左)ランディングも新しい草がフサフサと伸びてきました。

(右)スカイレジャー振興協議会の大渡さんは大会用仮設トイレの紙補給から山頂ログハウスの手すり修理、倒木処理、ランディングのターゲットサークル補修と今日も一日奮闘していました。
2011/4/25(月)
 上空には寒気が居座り、大気の状態は不安定でした。置賜盆地では午前9時半頃から雲が急発達。その直後から突風が吹き込み、お昼過ぎにはにわか雨が一時強く降るなど春の嵐のようでした。(スクールはクラブハウス出発直前に出鼻をくじかれて、お茶のみモードに入りました・・・。)
(スカイフェスティバル期間中に行う震災復興支援チャリティータンデムフライトに各方面から注目が集まっていますが、実際に体験を申し込まれた方まだ少ないです。体験希望者、タンデムマスターともに募集中です。詳しくは金井まで。)
2011/4/24(日)
 寒冷前線は東海上に抜けましたが、上空には強い寒気が流れ込み大気の状態は不安定でした。その為、青空で比較的穏やかに見える時もありましたが、フライトは見合わせました。(午後からは雲量も増え、突風が吹いたり、にわか雨が降ったりしていました。)

いつも元気なパラフィールドの皆さんもさすがにお天気ばかりは・・・。

ごめんなさい。これに懲りずにまた飛びに来て下さいませ。

スクール見学にお越しの皆さんには、テイクオフ見学やハーネスに座ってシミュレーション。午後からはミニパラを触って貰いました。YUPCの先輩方が手厚いサポートをしてくれましたが、突風とにわか雨で早々に終了。

ごめんなさい。これに懲りずにまた遊びに来て下さいませ。
2011/4/23(土)
 前線を伴った低気圧が通過して行きました。その為、広い範囲で春の嵐と言ってもいい様な大荒れのお天気となりました。(パラフィールドの皆さんは市内観光、YUPCの皆さんは新入生へのサークル紹介から歓迎コンパ。)
2011/4/22(金)
 高気圧の中心は東に離れ、西からは前線を伴った低気圧が接近して来ました。その為、お天気は下り坂で徐々に雲量が増え、東風が吹き込んで来ました。お昼過ぎまで力強いサーマルブローがテイクオフには吹き上げていましたが、荒れ風が予測された為にフライトは見合わせました。

空はこんなに青いのに・・・残念。

この後、YUPCとエアリアルの皆さんは新入生歓迎の準備に出発!
今日からフライトツアーにお越しのパラフィールドの皆さんはグランドハンドリング!
校長と大渡さんは間近に迫ったスカイフェスティバルに向けてエリアの整備に励みました。
2011/4/21(木)
 春の高気圧の圏内に入り、日差しが戻って来ました。お昼過ぎまではまだ寒気が残っているようなやや荒々しいサーマルコンディションでしたが、それに挑んでいったパイロットの皆さんは海抜1,200m位まで上げていました。NP課程の鈴木君も積極的にソアリングを試みていました。ランディングの風が落ち着いてきてからは初級クラスもフライトOK。4本ずつテクニカル練習が出来ました。

(左)穏やかになるまで待っていたB級課程高田君テイクオフ!それでも高度処理の練習が4本出来ました。

(右)西村さんは8m/s近いゲンコツサーマルでもピッチ安定抜群の「シグマ8」でグイグイと飛び回っていました。

(左)NP課程も終盤の鈴木君はサーマルにトライし続けて4本フライト。パイロットの皆さんと一緒に飛びながら確実に上手くなっています。

(右)高ツムジテイクオフまでの道がついに開通!
2011/4/20(水)
 低気圧は次第に東海上に離れ、冬型の気圧配置になりました。その為、北よりの風が強く、曇り空からは時々雨粒が落ちてきていました。泉先生はスクールの事務仕事、校長はスカイレジャー振興協議会の大渡さんと南陽スカイパークで倒木処理などのエリア整備に励みました。
 明日は移動性高気圧に覆われ、青空が戻って来てくれるでしょう。寒気が弱まり穏やかな風になりますように!

十分一山テイクオフの下の方で何本も太い木が折れていました。万が一の場合、とても危険な形で裂けていたので処理しました。(これで、より安心して飛べますように!)
2011/4/19(火)
 寒気を伴った低気圧の影響で大気の状態は非常に不安定になり、朝から強風と雨の大荒れのお天気となりました。静かなクラブハウスではストーブをつけてスカイフェスティバルの準備やスクールの事務仕事をさせて頂きました。夕方からは、何とみぞれが降り始めました。(寒気恐るべし!これで桜の開花はまた遅くなりGWに花見が出来るかもしれません・・・。)
2011/4/18(月)
 高気圧の中心は東に移り、西から上空に寒気を伴った低気圧が近づいて来ました。その為、本流は東風で11時過ぎからはエリアの中まで強く吹き込んできました。それまでは朝凪からフライト可能で午前10時半頃からはサーマルと入り始めの東風でシアラインが形成され力強く海抜1,000m位まで上昇出来ました。フライト終了後はスカイフェスティバルの準備をさせて頂きました。

飛び終わってクラブハウスに帰って来たら、ちょうどゲインの佐藤さんが登場!東風強風の中で落ち着いて今年の製品ラインナップについて話が出来ました。

殆どの時間が各地の震災の話、私たちが出来る復興への貢献の話でしたが・・・。がんばろう日本!

「アクセス2エアー」ハーネスの試乗に出る校長。東風とサーマルがぶつかった荒れた風の中でもすばらしいフィット感とちょうどいい操縦性を保ち続けてくれました。



「よく毎日毎日、飛ぶ為の言い訳が思いつきますね〜。」との声はともかく、サーマルで1時間以上飛んでいた日は確かに腰痛から解放されています。これはきっとβエンドルフィンか何かの研究をしている人にはいいネタになると思うのですが・・・誰か実験台に使ってくれませんかね〜。
2011/4/17(日)
 移動性高気圧に覆われ青空が戻って来ましたが、寒冷前線が通過したばかりで寒気の影響もあって朝から昼下がりまでは荒れた西風強風でした。スクールは米沢に河川敷に移動してミニパラでグランドハンドリングに励みました。たっぷり練習してから午後4時過ぎに十分一山に戻るとちょうどいい感じに穏やかな風に変っていてパイロットの皆さんはハッツキ山ソアリング開始!合流したスクール生も全員リッジソアリングやテクニカル練習が出来ました。高田君は今日でB級課程修了。

天元台の「白馬の騎士」に見守られながら芝生の上で力一杯練習できました。いい汗かいて皆さん上手くなりました。

(リバースの動作要領やスラロームだけでなく片翼潰しやサーマル内でのピッチングの練習にもなります!たくさん練習して翼と仲良くなってから春のサーマルに入って行きましょう!)

満を持して西村さん、多田隈さんテイクオフ!

(西村さんの新愛機「シグマ8」調子いいです・一緒にハッツキ山に行ったり回していた多田隈さんの「マントラM3」と常用域では変らない性能に皆さん感心していました。)

夕方の静大気の中でNP課程妻沼さんランディング。これから段々と上昇気流を捕まえる練習をしていきますよー!お楽しみに。

(久しぶりのフライトが落ち着いて出来ました。最初にグラハンをたっぷりやってから夕方の静大気でフライト、と理想的な練習になりました。)
2011/4/16(土)
 北海道の北にある低気圧から延びる寒冷前線が日本海から接近、通過して行きました。その為、内陸の置賜盆地でも午前10時頃から荒れ風、正午頃からは突風を伴った雨降りになりました。(朝一の便で「シグマ8」が到着。前線の影響が出るまでにフライトチェックを完了させる!とスタッフは早出、無事に全チェック終了出来ました。)

東北で最初の「シグマ8」フライトチェックに発進!
勿論、完璧な仕上がりでした。

大渡さんは出勤時間前に「シグマ7」でフライト。その後、クラブハウスでスカイフェスティバルの準備やスカイレジャー振興協議会の事務仕事に精を出していました。
2011/4/15(金)
 東海上に中心を移しながらもまだ高気圧の勢力は強く、日中いっぱい青空と暖かな南風とサーマルに恵まれました。ランディングもテイクオフも乾いて草が芽吹き、いよいよ春本番といった雰囲気の中で正午過ぎから力強い(±6m/s!)サーマルタイムが始まり午後1時半頃に雲底は1,250mくらいに達しました。クロカン課程新入校の「空」の皆川さんは2時間のフライトタイムを稼ぎ、「空」の延沢さんはプチクロカンに行って来てから更に夕暮れ近くのイブニングサーマルまで飛びまくっていました。

クラブ「空」の皆川さんと延沢さんは、日中のゲンコツサーマルから夕方の穏やかサーマルまでビュンビュン飛び回っていました。

(左)校長がサーマルダミー。2時間ほど涼んで昨日の夕方のダミーの口直しが出来ました。烏帽子山は今日から「さくら祭り」。桜の花が咲くまでもう少しです。

(右)泉先生は「シグマ7」のフライトチェック。入念に上げ癖をつけていました!
2011/4/14(木)
 気圧の傾きもやや大きく、気温減率も大きい為、日中は激しいコンディションになる事を予想して穏やかな朝凪の内に飛びたいスクール生は午前7時から早朝練習。片翼潰しなどのテクニカル練習が3本ずつ出来ました。午前9時過ぎから弱いサーマルが発生し始め、一生懸命に上昇気流を捕まえ続けたNP課程の鈴木君は自己新記録の1時間ソアリング達成!おめでとう。日中はやはり西風もサーマルも強まり、ウエイティング。夕方になって風は弱まりウインドダミーを出しましたが、あまり楽しい風ではないのでその後のフライトは見合わせました。

(左)YUPC部長とエアリアル部長がソアリングして同時に降りてきました。合宿お疲れ様でした。

(右)福島から帰って来てから快進撃のタチ君がランディング。今日のフライトもちゃんとタイミングを計って出た所がgood!

スカイレジャー振興協議会臨時職員の大渡さんが登り道の倒木処理や山頂ログハウスの雪囲い片付けに励んでくれました。
ウエイティング中のフライヤーの皆さんも大勢で手伝ってくれました。ありがとうごさいました。
2011/4/13(水)
 高気圧の圏内ながら気圧の傾きは大きく、本流の風は西強風。前夜からの冷え込みで凪が訪れていた置賜盆地もフライトチャンスは朝凪の間だけと予想した合宿の皆さんは午前5時から早朝練習開始!夜明けの爽やかな風の中で2本ずつテクニカル練習が出来ました。三原君はA級合格です。おめでとう。午前8時頃からは強風が吹き込みフライト終了。(YUPCとエアリアルの合宿は今日で打ち上げ。お疲れ様でした。)


左:朝日を浴びながら部長ランディング。中:ついにマイグライダーでフライトの高田君。右:カリンちゃんターゲットON!ランディングには草が出てきました。
2011/4/12(火)
 高気圧の圏内に入ってきましたが、まだ気圧の傾きは大きく強風が吹き荒れていました。午前中は山頂ログハウスで山沈講習会。各自のレスキューセットを確認して自己確保やロープワークの練習を行いました。午後からはYUPCとエアリアルの皆さんは新入生歓迎の準備に励んでいました。

各自のレスキューセットを使って練習。シミュレーションではありますが、万が一の為にやらないよりはやっておいた方がいい。
2011/4/11(月)
 日本海に前線が発生、荒風のち雨になりました。(朝の内はまだ静かでしたが前線面に近いのでフライトは見合わせました。)スクールは学科講習。YUPCとエアリアルの皆さんは今日から春の合宿。クラブハウスで新入生歓迎の準備に精を出していました。
2011/4/10(日)
 西から春の高気圧に覆われてきました。朝から気持ちのいい青空が広がり、気温はグングン上昇!午前11時くらいからはサーマルも西風も元気良く吹き込み始め、パイロットの皆さんは力強い春のサーマルソアリングを楽しんでいました。日中やや西風が強い間はお昼休み。(今日は満月でお蕎麦の後、酒井ワイナリーでお土産買い出しでした。)午後3時頃からは再び夕凪フライトが楽しめました。

(左)ハッツキ山を目指して延沢さんテイクオフ!

(右)青空にたくさんのパラグライダーが舞う姿はやはりワクワクする構図ですねー。

(左)「今日の十分一山テイクオフ」
雪解けがどんどん進んでいます。山頂駐車場が全面オープン出来るのもあと数日でしょう。
かっこよくエレメントでセンタリングしているのはフィールドジョイの殿塚さん!

(右)佐藤さんは今日は安心のイプシロンで楽々フライト!
高ツムジ山までの道は間もなく除雪予定。

(左)石巻で災害復興支援活動の後、クラブハウスに寄ってくれたフィールドジョイの長島さんと殿塚さん。お疲れ様でした。
写真の「アクセス2エアー」ハーネス他アドバンス社製品をお買上げ頂くと5%が義援金になります。

(右)がんばろう!日本!
風待ちの間には震災復興支援の具体的な話で盛り上がりました。
2011/4/9(土)
 昼過ぎまで低気圧や前線の影響で雨降り。クラブハウスではのんびりモードでした。震災後初めて仙台の山家さんや埼玉の山口さん、山同さんらが集まり、それぞれ無事を確認して同窓会の様に盛り上がっていました。
 午後10時過ぎに石巻で災害復興のボランティアをして来たフィールドジョイの殿塚さんがクラブハウスに到着。お疲れ様でした。
 明日には低気圧や前線は離れ、良いお天気が戻ってくるでしょう。西風が許容内に収まってくれる事を祈っています。

フライヤー御一行は、少しでも消費を拡大しよう!と醤々ラーメンを食べに行ったり、高畠ワイナリーに繰り出してワインをたくさん買っていました。夜は山形で栄城神主の誕生祝い!
2011/4/8(金)
 北に中心を持つ低気圧から伸びる寒冷前線が通過、それに伴って雨雲が西からやって来ました。各地で強い雨が降りましたが、置賜盆地では時折雨粒が落ちてきたくらいでした。気温は高く雪解けはまた一段と進みました。(ランディングの雪は今日で無くなりました。乾くまでには・・・1週間位かな・・・)
2011/4/7(木)
 高気圧の中心は東に移り、前線を伴った低気圧が西から北海道の方へ進んで来ました。その為、お天気は下り坂で十分一山付近でも雲量が増え、上空の雲の流れは西風が強まっている事を示していましたがエリアの中は午後3時頃まで静穏でテクニカル練習がたっぷり出来ました。
(午後11時半頃に地震があり停電になりましたが、幸いクラブハウス周辺では建物損傷などの被害はありませんでした。)

久しぶりのフライトでローリング練習をする鈴木君。

震災後初めて福島の実家から米沢に戻って来ました!少しずつ日常が戻って来てくれている様な気がします。早く日本中が復興出来ますように!

連日練習に励む、ちゅーやん部長。
今週だけで20本近く本数を稼ぎました。もう、新パイロット課程の着陸精度10mも大丈夫?!

フライト後はクラブハウスでコーヒーを飲みながらログ書き。

そこへマーヤの注文していたヘルメットがちょうど到着しました!
2011/4/6(水)
 今日も高気圧にすっぽりと覆われ穏やかな良いお天気に恵まれました。穏やかな内にたくさん練習しておこうとスクールは午前7時から早朝練習開始!ピッチング、片翼潰し、リアライザーでの緩旋回などが効率よく出来ました。駒木さんはNP実技検定合格です。おめでとう。昼過ぎからバブルサーマルが発生し始め、うまく捕まえた長谷部さんは海抜950mまで上げていました。午後4時頃からは西風とイブニングサーマルタイムの始まり!皆さん、ハッツキ山に飛んで行って全く乱れのない極上の風に乗って夕方まで飛び続けていました。

(左)サーマルを狙って長谷部さんテイクオフ!地震の影響で出張先から長らく帰れなかった分、たっぷり飛んで行ってくれました。

(右)若狭さんは渋い中で一直線にハッツキ山にトランジットすると順調に上げ始めました。

(左)ハッツキ山ソアリングを楽しむお二人。早朝練習のテイクオフディレクターからサーマルダミーまでありがとうございました。

(右)パイロット課程を開始したチューヤンことYUPC新部長もハッツキ山でソアリング出来ました。

(左)まだ朝靄が残る中、NP実技検定のカリンちゃんランディング。朝凪の内に検定をやってしまいたいというフライトプランは大正解。午前10時までにきっちり3本飛んで合格してくれました。おめでとう!

(右)早朝練習に来てくれた皆とピース!
(大渡さん、若狹さん、ありがとうございました。)
2011/4/5(火)
 春の移動性高気圧に広く覆われました。昨日からの晴天による放射冷却現象で冷え込み、その分だけ逆転層も強く、午前9時頃までは朝凪でしたが、その後は風もサーマルもやや強く、スクールはクラブハウスで学科講習。午後2時頃からは徐々に穏やかになり始めたのでフライト開始。十分一山を中心に力強いサーマル混じりのリッジリフトでソアリングが楽しめました。午後4時頃からは随分と穏やかになりイブニングサーマルに乗ってスクール生もハッツキ山へ移動して日没までフライト出来ました。

(左)さぁ、フライト開始!皆さん注目の中で鈴木さんテイクオフ!

(右)「今日の十分一山テイクオフ」
お日様燦々!お陰で芝生は乾き始めました。

(左)行く先々でスイスイと上げて、1時間ソアリングのカリンちゃん。もうすぐNPです。

(右)「今日の高ツムジテイクオフ」
こちらも雪解けが進んでいます。

午後2時頃から午後5時半頃までが今日の楽しい時間でした。

その後はイブニングサーマルが一気に売り切れ・・・ランディングは東風の吹き下ろしに変わりました。

2011/4/4(月)
 徐々に高気圧に覆われ始め青空が戻ってきましたが、まだ西風は強くフライトは見合わせました。(スクールはグランドハンドリングに出かけましたが、ランディングにも米沢の河川敷にも雪が残っていて出来ませんでした。)クラブハウスでは風待ちのフライヤーがじっくりとハーネス調整やバリオの調整をしていました。
2011/4/3(日)
 前線通過後、冬型の気圧配置になりました。その為、西風が強くて寒い一日になりました。外ではビュービューと風が唸っている中でクラブハウスの中ではフライヤーの皆さんが、パソコンをセッティングしてくれました。お陰で随分と快適なネット環境になりました。ありがとうございました。
2011/4/2(土)
 昨日までの春の暖かい気団に冷たい冬の空気が押し寄せてきました。(寒冷前線通過です。)その為、曇天で西風強風に時折雨粒が混じるような荒れたお天気でフライト不可。クラブハウスではのんびりとフライヤーがお茶飲み。フィールドジョイの長島さんも加わって皆さん、飛びの話から震災復興への対応まであれこれと話に花が咲いていました。

 震災義援金ありがとうございました。

 また話の中で私達が出来る復興支援もあれこれと出てきました。出来ることからやってゆきます。よろしくお願いします。
2011/4/1(金)
 広く高気圧に覆われ、穏やかな良いお天気に恵まれました。穏やかなのでスクールのテクニカル練習はどんどん進みました。(少しも休まず6本フライトした人も!大渡さん、熊谷さんありがとうございました。)高橋さんはB級検定合格、小林君はNP検定合格です。おめでとう。昼頃からは雪の溶けた十分一山から発生するサーマルを捕まえてパイロットの皆さんがソアリング、夕方になっても弱い西風を拾ってハッツキ山リッジソアリングを楽しんでいました。

(左)ちゅーやんこと、YUPC新部長が夕方の最終フライトにGO!見事にプレッシャーをはねのけてNP検定合格です。おめでとう。

(右)タンデム機のフライトチェックOKです。昨夜から千葉に行っていた校長は良いコンディションの予感に滞在2時間でトンボ帰り・・・間に合って良かった!(東北自動車道はいい感じで復旧が進んでいました。)

(左)若狭さんは青空の下、サーマルを信じてトップで出たら・・・そのすぐ後を狙って出たベテランパイロットの皆さんは1時間ソアリング!さすがです。新米パイロット若狭さんドンマイ!

(右)「シグマ8」の試乗会は今日も大人気で皆川さん、西村さん、延沢さんらが交替でソアリングを楽しんでいました。ピッチ安定と滑空比に絶賛を頂きました。