ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ
十分一山日記 2011年2月分
2011/2/28(月)
 前線を伴った低気圧が本州の南岸を通過、その為に冷たい北よりの風に湿雪が混じるお天気となりました。久しぶりに静かなクラブハウスではフライヤーがお茶飲み・・・。この一週間がとても暖かだったので寒く感じましたが、降る雪の量よりも解ける量の方が多く、残雪の厚みは今日も薄くなりました。
2011/2/27(日)
 高気圧の中心は東に移り、お天気は下り坂に入りながらも日没まで良いお天気と風に恵まれました。朝は実測で-10℃まで冷え込み濃い霧が発生していましたが午前9時頃には視界が開けフライト開始。逆転層がとれた午後2時半頃からは適度な南西風と上昇気流で十分一山からハッツキ山周辺が全体的に上がり始め、B級生からベテランパイロットまでソアリングを楽しみました。小林君と駒木さんは1時間を越えるフライトの中で周囲警戒などを無難にこなしてNP課程修了です。おめでとう。

(左)朝は青空!爽やかな風の中で「空」佐藤さんが「アクシス5」の試乗に出発。失速特性が素晴らしくアキュラシー大会用に最適!と絶賛頂きました。

(右)徐々に雲量は増えてきましたが上層の逆転層は無くなりエリア全体が上がり始めました。寒い中でもポットハーネスで快適なお二人。

今日は昨日から虎視眈々とチャンスを狙っていたB級軍団が4人も初ハッツキ山ソアリング!おめでとう。

いつも彼等より風下で見ていてくれたパイロットの皆さんありがとうございました。

(左)校長も早朝練習と最終フライトで「アクシス5」をたっぷり試乗させて頂きました。ソアリングパフォーマンスも充分、前線性の荒れ風でも素晴らしい安定性を見せてくれました。

(右)チューヤン、カリン、ショータン、キッチャン初ハッツキおめでとう!

スノーモビルは今日もフル回転。3本ずつ飛べて最後は皆ハッピーランディング!
2011/2/26(土)
 徐々に冬型の気圧配置は緩み、高気圧に覆われてきました。雪雲がまだ残っていたり風が強い間、スクールは学科講習。午後から登頂して南風が吹いている間に十分一山からテイクオフしたパイロットの皆さんはハッツキ山リッジソアリングを楽しみました。(本流は西風でした。風の向きや強さの関係で飛べなかった皆さん、ごめんなさい。)

最初に出てくれたのは「空」副会長衣袋さん。

高ツムジ山偵察に行ってくれた皆さんも戻って来て十分一山からフライトを楽しみました。
2011/2/25(金)
 久しぶりに西高東低の冬型の気圧配置となりましたが、気温は高めで空から降ってきたのは雨でした。西風強風の中で久しぶりに安心して事務仕事が進みました。
 明日は西日本から高気圧に覆われ、お天気は回復してきそうです。西風が許容内に収まる事を祈っています。
2011/2/24(木)
 高気圧は東に遠ざかり、お天気は下り坂に入りました。前線が近づいている事を示すような雲が遠くに見られましたが、それでもエリアの中では日中一杯は穏やかな風で安心フライトが出来ました。ランディングの気温は今日もグングン上がり雪解けが進みました。
 明日は前線が通過後、一時的に冬型の気圧配置になりますが、長続きせず(春ですねぇ!)週末にはまたお天気は回復しそうです。

午後から登場の皆川さんも気持ちよく2本フライト。
2011/2/23(水)
 高気圧の中心は北海道の東へと移動しましたが、今日も高気圧の圏内に入り良いお天気でした。放射冷却現象で朝は-7℃まで冷え込み逆転層に守られて本流の東風はエリアの中まで吹き込みませんでした。B級課程の伊藤さんは春の様な爽やかな風(日中は+7℃!)の中を4本!フライト出来ました。

今日は泉先生がスノーモビル送迎でした。

伊藤さんはシルバーバッグで「雪はね」対策。これは流行るかも?!

伊藤さんは安定した風の中で高度処理の練習がたっぷり4本出来ました。

気温は連日急上昇。

テイクオフの形もランディングの形も毎日変わっています。
2011/2/22(火)
 今日も青空!とても爽やかな春の一日になりました。ただ高気圧の中心は北にあり本流は北東風で雲一つ無い安定した大気の状態の為、力強いサーマルも発生しませんでした。フワフワと向い風が来たタイミングを見計らって皆さん上手にテイクオフ。テクニカル練習を繰り返していました。B級課程高橋さんは2本高度処理練習OK。課程修了まであと1本です。

(左)タツ君はハイキング&フライト2本OK。ハイキングタイム25分は新記録です!

(右)今日はウインドテックの日(?!)新旧色々なウインドテックのグライダーが飛んでいました。

(左)久しぶりのフライト、気持ちよくランディングの鈴木さん。スノーモビルも楽しんで貰えたようです。

(右)ランディングのゆきどけも進みました。マーヤはもうすぐB級です。頑張りましょう。
2011/2/21(月)
 広く高気圧に覆われ、素晴らしい青空に恵まれました。朝は放射冷却現象で冷え込み、濃い霧が発生していましたが午前10時頃から視界が開け気温はグングン上昇。山頂ログハウスのテラスでは雪解け水が雨のように音を立てて流れていました。風は終日穏やかで初級クラスやテクニカル練習には最適でした。

ここ暫くの間、馬車馬の様にひたすらスノーモビル送迎を繰り返していた校長も今日はフライト。

(全部業務が終わってからの下山フライトでしたが、それでもこの素晴らしいお天気の中で空中に出て風を感じられるのは幸せでした。)
2011/2/20(日)
 前線を伴った低気圧が北部を通過しましたが十分一山周辺にはあまり影響はなく、良いお天気に恵まれました。お昼過ぎまでは雲一つ無い青空の下で穏やかな向い風がテイクオフに吹き込み、初飛びや初級クラスに最適なコンディション。ベテランパイロットの皆さんは弱いサーマルを捕まえていました。午後3時頃から本流の西風がしっかり吹き始め、皆さんハッツキ山リッジソアリングを楽しんでいました。

サーマルブローのタイミングを見計らって延沢さんテイクオフ!

多田隈さんもブルーサーマルで粘っていました。

仲野さんはいつも一番にテイクオフ!
本日3本目の正直でハッツキ山リッジ一番乗りでした。

高ツムジ山テイクオフは昨日より更に草が露出してきました。
2011/2/19(土)
 移動性高気圧に覆われ、青空が広がりました。高気圧に入り始めの前半は西風も強めで、サーマルブローが入ってきたタイミングで十分一山からテイクオフしたパイロットの皆さんがハッツキ山リッジソアリングを楽しんでいました。午後から徐々に風力が落ち始め、高ツムジ山からフライト開始。夕凪では十分一山からスクールフライトも出来ました。

十分一山に高ツムジ山にスノーモビルは終日フル回転。雪が固く締まっているので空身でハイキングも快適です。

ダミーの佐藤さんが上げているのを見て皆さんやる気満々!

日中の強めのコンディションでフライト後、夕凪で高ツムジ山から飛び立つ若狭さん。

大渡さんは「バズ」さよならフライト?

今日の大とりは「空」の佐藤さん。

最初のサーマルダミーから最後のフライトまでありがとうございました。
2011/2/18(金)
 低気圧が発達しながら関東付近から三陸沖に進んで来ました。次第に冬型の気圧配置が強まり、十分一山周辺でも強い西風に時折雨と雪が舞っていました。(久しぶりに心穏やかに事務仕事が出来ました。今年のイベントカレンダーを更新しました。台湾とネパール報告はもう少しお待ち下さい。)
 明日には徐々に高気圧に覆われお天気も回復してくるでしょう。適度な西風になる事を祈っています。
2011/2/17(木)
 高気圧は東海上に離れ、東シナ海に発生した低気圧が接近して来ました。その為、お天気は下り坂ながら十分一山周辺では日中時々お日様が顔を出してくれて穏やかにフライト出来ました。B級課程伊藤さんはマイグライダーで初飛びです。おめでとう。

伊藤さんがピカピカのマイグライダーで初のフライト。

落ち着いて高度処理が出来ました。

若狭さんランディング。

特設ターゲットからは遠からず、無難にまとめてくれました。

昼下がりに本流の東風が入ってきてからはスノーモビルで高ツムジ山ツアー。

今日も蔵王や月山、西吾妻の山々がきれいに見えました。
2011/2/16(水)
 移動性高気圧に広く覆われ、素晴らしい青空と爽やかな風に恵まれた一日になりました。朝の内はしっかりとした南風でリッジソアリング、午後2時頃からは穏やかなサーマルソアリングが楽しめました。早春の力強い日射のお陰で気温はどんどん上昇雪解けが進みました。(クラブハウスの駐車場も広くなりました!)
 高気圧は足早に東海上に去って行きましたが、次の気圧の谷の影響が明日の日中までは出ない事を祈っています。

(左)南風でリッジソアリングしていると大渡さんがテイクオフ!

(右)長谷部さんも久しぶりに空中へ!

(左)泉先生も今日は2本フライト。空気が澄み切っていて西吾妻もハッキリと見えました。

(右)朝日の山々も素敵です。

(左)手前の山がグリーンウォールで奥の尖った真っ白い山がマチャプチャレ・・・ここはネパールか?!と思わせるくらいきれいな山々が良く見えました。

(右)サーマル発生は午後2時頃!日が長くなりました。
2011/2/15(火)
 低気圧が関東沖から三陸沖を北上し離れて行きました。その為、東京から広い範囲での雪は止んできましたが西風が強まりました。さすがの十分一山でも楽しいフライトには、やや強くフライトは見合わせました。
 明日は高気圧に覆われ、良いお天気が戻ってくるでしょう。気温減率も大きいのでサーマルも期待できそうです。

スノーモビルにそりを付けて高ツムジ山まで上がってみました。

北西斜面は風で雪が飛ばされて雪が積もっていません。次の北西風の日には飛ぶぞー!
2011/2/14(月)
 冬型は一気に緩み、穏やかな晴れ間と南風に恵まれました。テイクオフもランディングも快適で夕方まで楽しく飛べました。(何か青い鳥を探して冒険の旅から帰って来たら我が家に青い鳥が居た様な気分です・・・。日曜日にお預けをくったスクール生の皆さん、先ずはこんな風で沢山飛んで上手くなりましょう。)

穏やかな晴れ間に穏やかな風!!
初飛びから終日楽しく飛べました。
やっぱり十分一山はいいなぁと思いました。

ランディングは真っ白で雪は良く締まって世界一プレッシャーが無いといっても過言ではないでしょう。
2011/2/13(日)
 冬型の気圧配置が強まりました。十分一山周辺では強風で時折雪が強く舞っていました。宇都宮は朝から積雲が発達し、エキスパートパイロット達が今か今かとタイミングを見計らっていましたが、まずはテイクオフの雪かきから!(皆さんおつかれ様でした。)昼過ぎから強い北西風とサーマルによるコンバージェンスのラインがちょうど来た時を見計らってテイクオフした何人かは雲底まで上げ切ってクロカンへ出発しましたが、やはり北西風が支配的なのでファンフライト、スクールフライトは見合わせました。(東京の石鍋さんのリハビリフライトは次回に期待、です。)

アカイワのテイクオフ除雪をして来てくれた皆さん。お疲れ様でした。

(ショップでカレーをごちそうになりました。ソアリングシステムミニツアーのメンバーで満席になり学食か社員食堂みたいになっていますが・・・。)

北西かぶりが止まらずスクールはフライト中止ながら・・・山口先生が下山フライトして来ました。

(ちゃんと技術的な裏付け、知識、見識を持って飛ぶ分には良いのですが、良い子は見よう見まねでやらないで下さいね。)
2011/2/12(土)
 冬型の気圧配置になり始め、東北から関東まで広い範囲で雪降りになりました。クラブハウスでは雪の為お茶飲みモード。宇都宮ミニツアーには各地からフライヤーが集まってくれましたが、こちらも雪と雨降りの為、温泉モード。(イチゴ狩りは何処も満員で入れませんでした・・・。)夜は南大門で栃木和牛に舌鼓。

珍しい宇都宮での雪景色に皆さん、ビックリ!つい雪だるまを作ってしまいました。

(この後、夜の宴会までにどんどん人数が増えて15人の大所帯になりました。)
2011/2/11(金)
 本州の南岸を前線を伴った低気圧が進んで来た為に東京・宇都宮など関東の広い範囲で雪降りとなりましたが、十分一山では曇りながら良い風に恵まれました。朝からスノーモビルはフル回転で年末に初ソロフライトをしたばかりの三原君は3本フライトOK。着陸もきちんと出来てA級合格まで王手です。午後1時頃には十分一山付近でリッジソアリングも楽しめました。(フィールドジョイの長島さんらは予定通り、高ツムジ山までハイキング&フライトをしていました。日曜日には宇都宮でまたお会い出来そうです。)

(左)佐藤さん発進!今日は本気モードの「アスペン3」です。

(右)延沢さんも渋い中で粘ります。

(左)午後1時頃にはB級生の鈴木君も鎌田さんの真似をしてリッジソアリングに挑戦。

(右)今日の最終フライトは多田隈さん。曇天に溶け込んでステルス機のように静かにビューンと進入して来ました。
2011/2/10(木)
 西高東低の冬型の気圧配置になりました。その為、十分一山でも冷たい西風が強く吹き、粉雪が時々舞っていました。高ツムジ山までの道を改良したり、国道からの登り口までスノーモビルが走れるようにしました。あとは良い風が吹くのを待つばかり・・・。
 明日は世界の長島こと、フィールドジョイの長島さんが来てくれる事になりました。コロンビアの大会の話やシグマ8などの情報を沢山持ってきてくれる事でしょう。お楽しみに。

高ツムジのテイクオフ直下につけた道は一晩でナイフリッジに変身。やはりいつでも安定して通過出来るように凹みを広げて道を作りました。

中途半端な除雪跡を埋めて車を停める所までスノーモビルが降りて来られるようにしました。これで本当に全線開通!
2011/2/9(水)
 日本海と本州の南岸を挟むように2つの低気圧が通過、次第に冬型の気圧配置になってきました。(その為、関東の太平洋側では待望の雨や雪が降りました。)赤湯でも湿雪が断続的に降っていましたが、雪が締まって良い機会なので高ツムジ山アタックを決行。何ヶ所かの雪で出来た関門をスコップで壊しては道を作りながら山頂駐車場まで開通しました!これで北西風の日には速やかに高ツムジ山からフライト出来ます。泉先生は終日クラブハウスでレスキューパラシュートのリパックに奮闘していました。
 夜は体育協会の臨時総会。

リパックや事務仕事を泉先生にお任せして、高ツムジ山テイクオフヘアタック!


雪と風が作り出した前衛芸術の様な面白い形をした吹き溜まりや穴ぼこ、土手などがあったのですが、雪で写真になりませんでした。
雪はとても多いですが、テイクオフの北西斜面は風で雪が飛ばされて殆ど積もっていませんでした。

2011/2/8(火)
 移動性高気圧に覆われ、青空と南西風そしてサーマルに恵まれた一日になりました。エリアの中では日中いっぱい適度な南西風が吹き続け、意外にも雪がたっぷりの雑木林の辺りからはサーマルが発生していていました。サーマルトップは海抜750mながら十分一山ならではの安心サーマルソアリングが楽しめました。南西風に乗せてハッツキ山に移動するといつもの安定したリッジソアリングが日暮れまで楽しめました。

リッジソアリング出来れば楽しそう!とテイクオフしてみると意外にもセンタリング出来る位の力強いサーマルががありました。

(左)白竜湖は殆ど結氷したまま。他は全部固い雪で歩きやすいです。

(右)久しぶりに高ツムジ山から蔵王が見えました。近い内に高ツムジ山テイクオフにもアタックしてみます。

(左)ランディングした後、校長はスノーモビルを取りに歩いて十分一山へ!泉先生はリパックと事務仕事の山が待つクラブハウスへ戻りました。

(右)午後5時頃にきれいな夕焼けとなりました。(まだ風はきれいに上げていたのにビックリしました。本当に日が長くなりました。)
2011/2/7(月)
 前線通過後、東の海上で低気圧が発達し冬型の気圧配置が強まりました。その為、置賜盆地でも風が強く、時折雪が舞っていました。クラブハウスは冬のツアーに向けてレスキューパラシュートのリパックが次々と持ち込まれ、ハーネス屋さんか何かの作業場の様になっています。(パラシュートやハーネスが沢山あることを除けば作業を行なう為にかえって普段より暖かくきれいに掃き掃除、拭き掃除が行き届き快適です。どうぞ、天気が悪い時にはお茶飲みにでもクラブハウスに来て下さい。)
2011/2/6(日)
 高気圧の中心は早くも東海上に離れ、お天気はゆっくり下り坂。朝は濃い朝霧が発生していたのでゆっくりと登頂。それでも日中は爽やかなお天気の中でフライト出来ました。本流は東風でしたが、強い接地逆転層の為、ランディング付近は終日微風状態が続き、テイクオフでは東風が弱まったタイミングを見て皆さんきれいに飛び立って行きました。
 
(左)流行の山ガール現る(?)カッコいいね!群馬から山同さん登場。癒しのフライトを楽しんで貰えました。

(右)結局ハイキング希望者は無し・・・。まっ、楽に行きましょう!

(左)テイクオフは左サイドの時間が長く、ネパール帰りのネギーリ・ワタリこと、大渡さんがダミーに出てくれました。

(右)昼過ぎには青空の下でフライト出来ました。新パイロット若狭さんも無事に初飛び。
2011/2/5(土)
 気圧の谷が通過した影響で正午頃にポツポツとにわか雨が降りましたが、その後は徐々に青空が広がってきました。雲の通過を待ちながらのんびりとお茶を飲みながらネパールの話などをしていた皆さんは午後から登頂開始。(勿論、スノーモビルを使って10分でテイクオフ到着です。)真っ白なテイクオフから真っ白な置賜盆地へのフライトを楽しみました。

(左)ついにノンストップでスノーモビルが山頂到着!
雪は固く締まっていて道付けも楽々でした。

(右)多田隈さんテイクオフ!初飛びを楽しんで頂けました。

(左)夕方まで穏やかな良いコンディションは続きました。泉先生のスノーモビル練習の為(?)、校長は下山フライト。(お陰で今までの疲れも吹っ飛んで元気になりました。)

(右)世界一プレッシャーの無いランディング!こちらの雪も締まっていて走りやすいです。
2011/2/4(金)
 朝に気圧の谷が通過しましたが、少し雲が多くなった程度で日中は良いお天気で適度な南西風が吹いていました。気温がグングン上昇する中で倒木付近の雪を成形してスノーモビルが通れるように道付けをしました。夕方までには全線開通!これでフライヤーを山頂までスノーモビルで運んであげられる様になりました。(さぁ、飛びましょう!1月中ずっと天気が悪かった分を取り返しましょう!)
 明日も気圧の谷の影響が少し出るかもしれませんが、概ね穏やかな良いお天気になるでしょう!

何ヶ所か道を整えて枝を切って、ついに全線開通!!

2011/2/3(木)
 気圧の谷の影響は小さく、今日も穏やかな良いお天気でした。ハイキング&フライトには楽しそう!と思いながらもスノーモビルの復活と倒木処理に終日奮闘しました。(スノーモビルは何とか掘り出して動けるようになりましたが、倒木は手ごわいです。明日またアタックします。)
(年明けからぎっくり腰、台湾ツアー、ネパール視察と続き、何かとご心配、ご不便をお掛けしました。これからは十分一山サポートもミニツアーも頑張ります。by誠)

(左)いつもの場所にスノーモビルが無い?!

(右)遥か2m下に埋もれていました。今年一月の降雪は確かに多かった。

(左)何とか掘り出して・・・。

(右)掘り起こした穴を埋めながら行きつ戻りつ3時間半。スノーモビル復活です!
2011/2/2(水)
 移動性高気圧に覆われ、久しぶりに青空の一日になりました。風も南西風で十分一山には最適なコンディションになりましたが、まずは道路やログハウスなどを復旧しなくては、とパラグライダーザックは背負わずにスコップやのこぎりを持って歩いて登って来ました。1ヶ月間降りまくっただけあってすごい積雪量と倒木でしたが、ログハウスやテイクオフは問題なく安心しました。後は倒木処理とスノーモビルを復活させれば登りも快適にフライト出来そうです。
(ネパールから帰って来て以来、廃人の様になっていた校長がお天気の回復とともに復活してきました。良かった。by泉)

(右)渋谷農園さん。屋根の雪下ろしをしたら埋ってしまいそうでした。

(左)太い木が倒れています。ハイキングフライトには問題ないけれどスノーモビルでの送迎には・・・。

(左)ログハウスは無事でした。自動販売機もOK。雪囲いも機能していてちゃんと中に入れます。

(右)風は良いです!早く飛びたーい。
2011/2/1(火)
 冬型の気圧配置は緩み始めたものの、赤湯界隈では日中まで激しく雪が降っていました。明日には久しぶりに青空が顔を出してくれるでしょう。