ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2010年2月分

2010/2/28(日) 〜3月6日(土)は安全祈願祭(9:00am)と「空」総会(6:00pm)です〜
 講習は臨時休講でご迷惑をお掛けしました。山口先生のサポートでパイロットの皆さんにはフライトしていただけました。午前中は曇り空でぶっ飛びでしたが、15時くらいから西風リッジでハッツキ遊びができました。
2010/2/27(土) 〜3月6日(土)は安全祈願祭(9:00am)と「空」総会(6:00pm)です〜
 昨日からの霧は夜半の雨でますます濃くなり、今朝まで続きました。10時過ぎにようやく薄くなり、上空の青空が見えてくると一気に消えていきました。湿気が高いので雲底はテイクオフから200mより低く、油断するとすぐ雲中に入りそうでしたが、雲の脇に回ると雲底より高くまで上がりました。昼頃一時的に冷たい空気が入ってきて雲底がテイクオフより下がってしまいましたが、その後もう一度雲底は上がり、夕方まで穏やかにフライトできました。
 明日・明後日は申し訳ありませんが都合によりスクールはお休みします。明日はパイロットのサポートを山口先生がします。よろしくお願いします。

 (左)山口先生のスパイラル!
 (右)グッチ君のランディング。左の妻沼さんは午後から登場。高高度ソロフライトは2回目でしたが、落ち着いた高度処理がGood!でした。
2010/2/26(金) 〜3月6日(土)は安全祈願祭(9:00am)と「空」総会(6:00pm)です〜
 前線が通過し、昨日とはうって変わって小雨で肌寒い日になりました。夕方近くからは霧が出てきました。この霧は昨日朝の霧と違って雨で湿気が多く夕方で少し冷えてきたためです。
 明日は曇りがちながらも天気は回復。ただ高気圧が北にかたよるので本流は東風かも。でも逆転層に守られて飛べることを期待です。明日は助教員の山口が来てくれますので、全クラスの講習ができます。(明後日の日曜日は泉が不在のため、講習はお休みさせていただきます。パイロットのサポートを山口先生にお願いしています。よろしくお願いします。)
 オーストラリア組は今日から本格的にフライト開始(してるはず)。携帯や携帯メールが通じないので、レポートは宿に帰ってから直接掲示板にアップするそうです。お楽しみに!
2010/2/25(木)
 今朝は50m先が怪しいくらいの濃い霧でした。前日よく晴れて日中の気温は上がり、夜は放射冷却がしっかりあったためです。でも今日もいいお天気だったので気温はグングン上がり、10時過ぎにはクラブハウスクラブハウスから山頂が見えました。逆転層が強く、日中は昨日と同じく穏やか…過ぎ!でした。
 夜は長井の西根地区のみなさんと、「西山」つまり東向きのエリアつくりについて情報交換をしてきました。春になって雪解けしたらテストフライトできるように現地に登ってみることになりました。地元の皆さんが熱心ですごく嬉しい思いで帰って来ました。 
2010/2/24(水)
 今日もとても暖かく、山の積雪は一昨日から15cmくらい減りました。雲一つ出来ない穏やかなコンディション。ゆったりと至福のフライト。
 前線が近づいていますが、明日もいいお天気と高い気温になりそうです。

 気持ちよく眠くなりそうなほど穏やかに飛べました。
 田崎君は今夜から卒業旅行でアラスカに行くそうです。オーロラを沢山見られると良いですね。
2010/2/23(火)
 前線通過後、高気圧に覆われお天気は急回復しました。 青空に西風が吹いて既に春のサーマルシーズンの雰囲気をかもし出していました。日中はちょっと強めのコンディションの為フライトは見合わせましたが、夕方には風は弱くなり、風の変化の変化もグリーンシーズンのようでした。
 オーストラリアツアー組は夜から成田空港に向けて出発しました。
2010/2/22(月)
 高気圧の中心は東海上に抜け本流は東風ながらエリアの中は静穏で、爽やかな青空の下で穏やかなフライトが楽しめました。B級課程の二瓶さんはホワイトシーズン初飛びで雪に長靴を取られたりしながらも2本高度処理の練習が出来ました。

2010/2/21(日)
 移動性高気圧に覆われ、素晴らしい青空とサーマルに恵まれました。十分一山テイクオフには朝から力強い風が吹き込み、リッジソアリングOK。暫く空中待機していると、いい雲が出来始めて海抜900mまでフライヤー達を運んでくれました。パイロットの皆さんに混じって、P課程の遠藤さんとNP課程の荒井さんもしっかりソアリング出来ました。午後3時半過ぎからは夕方のサーマルが立ち上がり始め、皆さん心行くまで夕焼けフライトを楽しんでいました。

(左)「今日のテイクオフ」
登り道はアスファルトが露出してきました。雪は硬く締まって走りやすいです。

(右)明後日にはオーストラリアツアーに出発する飯塚さん。最後の調整に余念がありませんでした。

(左)イプシロンでルンルンフライトの真遊ちゃん。上手くなったねー!

(右)初ハッツキ山ソアリングにして日暮れまで粘り続けたモコちゃん。「街がきらきら光っているのが綺麗!」と嬉しいレポートをしてくれました。
   
(左)凍えるまで飛んだ方は一旦お昼休み。山頂ログハウスでは大島さんのi-phoneが大受けでした。

(右)自己記録を更新してランディングでピース。
(二人とも今日一日で3時間半のフライトタイムを稼ぎました。課程修了もまもなくですね!)
2010/2/20(土)
 北海道付近を通過する低気圧の影響で風が強く、雪が時々降っていました。クラブハウスではフライヤーがのんびりとおしゃべりしていました。熊谷君はパイロット学科検定合格です。おめでとう。

熊谷君おめでとう。

その間、杉本部長は膨大なソアリングシステムの写真(100GB位)から今年の卒業生の写真を探していました・・・。お疲れ様でした。
2010/2/19(金)
 低気圧の動きは遅く、雪が降ったり止んだりの一日でした。(ただ気温は高いので雪は溶け続けています。もう少しでランディングまで入れそうです。)夜は赤湯公民館のワイン教室。
2010/2/18(木)
 日本海と太平洋の低気圧に挟まれ(気圧の尾根に位置する)置賜盆地は日中穏やかに晴れました。午後4時頃から近づいて来た低気圧の影響で雪がチラつき始めてフライト終了。
(今年の行事予定表をアップしました。安全祈願祭と「空」の総会は3月6日になりました。)

日中はとても穏やかで暖かでした。

(上層には、お天気は下り坂の事を示す雲も出来始めていましたが・・・。)
2010/2/17(水)
 冬型の気圧配置は緩み、風穏やかな一日でした。薄曇りではありましたが日中は地肌の露出した山の斜面から弱いサーマルも発生し、渋いリフトを捕まえる良い練習になりました。
 ご要望の多かったEメールによる「ソアリングニュース」配信開始しました。届いていない方はご連絡下さい。

(左)昼下がりからは高ツムジ山からフライト。
(十分一山山頂からスノーモビルで上がれます。キの字屋さん、トラックでの移動ありがとうございました。)

(右)もう「マントラR10」が届いたのか!?実は「バズZ」でセンタリングする飯塚さんです。カラーオーダー機なのですが「R10」が真似をしてきました!

(左)十分一山まで1本道が通りました。但し、まだご覧の通り駐車スペースは有ませんのでスクール車で乗り合いで登りましょう。

(右)十分一山から出る弱いサーマルに乗っているとハッツキ山まで流れていました。
2010/2/16(火)
 西高東低の冬型の気圧配置となりました。朝から良いお天気で十分一山は南西風でしたが、昼過ぎには小さな雪雲が発生し小雪が舞っていました。この雪雲を境にやや北西風が支配的になりました。
 午前中は南陽市のロータリー車で登り道の除雪をして貰いました。これで十分一山山頂までスクール車で上がれる様になりました。高ツムジ山まではここからスノーモビルで行きます。

祝開通!

(但し、まだ駐車スペースがないのと道の途中ですれ違いが出来ないのでスクール車で登りましょう。)
2010/2/15(月)
 本州の南岸を前線を伴った低気圧が進んで来ました。その為、広い範囲で雨や雪降りとなりました。(こんな気圧配置が度々現れる様になると春はもうすぐ!です。)置賜盆地でも冷たい北風に時々雨が混じっていました。
 この低気圧は東海上に抜け、明日から弱い冬型の気圧配置に戻ります。西風ハッツキ山ソアリングが出来ますように・・・。
2010/2/14(日)ー世界の長島のクロカンセミナーー
 移動性高気圧に覆われ、素晴らしい青空と穏やかなサーマルに恵まれました。朝からテイクオフにはきれいな風が入り、飛びやすいコンディションなので初級クラスもどんどんフライト。(大勢のフライヤーとリフライト対応で2台のスノーモビルはフル回転でした。キの字屋さん、延沢さんありがとうございました。)お昼頃からはサーマルタイムが始まり、サーマルトップは海抜900mながら午後3時頃まで穏やかな上昇気流があちこちに発生し、皆さん高ツムジ山からハッツキ山周辺でたっぷりとソアリングを楽しんでいました。フライト後はクラブハウスに戻って長島さんの「XCセミナー」。

(左)実はホワイトシーズン初フライトの飯塚さん。XCセミナーの為に来てくれたのですが、いいお天気に気合が入ります。

(右)B級の駒木さんは、自分でセンタリングして初のトップアウト!おめでとう。(3本フライトはスノーモビル導入前は考えられなかったです・・・。)

(左)群馬県から来てくれた山同さんも久しぶりに飛び貯め。(写真提供:中村さん

(右)ソアリングを楽しむ皆さん。高く上がってあちこち飛び回っている様はとても綺麗でしたがとても写真で表現できません。すみません。



(左)吾妻さんランディング。乗れてきてますね!NP課程修了も近いです。

(右)午後4時から6時まで「世界の長島」さんのXCセミナー。サーマルについて学びました。春からまた機会を作って開催します。長島さん、ありがとうございました。
2010/2/13(土)ー明日は、世界の長島のクロカンセミナーー
 弱い冬型の気圧配置になりました。本流は強めの西風ながらエリアの中は適度な南から南西の風と青空に恵まれました。朝凪の時間はクラブハウスでのんびりしてからスノーモビルでスイスイと登頂。十分一山でリッジソアリングをしながら逆転層が取れるのを待っているとジェネスの長島さんがハイキングで登場!午後からビジターの皆さんも大勢加わって十分一山周辺の空が賑わっていました。午後3時頃からは本流が入り始め、皆さんハッツキ山でお腹一杯になるまでソアリングを楽しみました。(おててのこたつは「最強」にすると一時間位しか電池が持ちません。今日の様に長時間飛ぶ場合は寒くない限り「中」か「弱」にした方が良いと思います。)

(左)朝から青空!南風!ステイは出来るがこれからもっと上がるぞっと、余裕の地元「空」チーム。

(右)皆さんがソアリングをしているとお昼頃に「世界の長島」が登場!ハイキングもまた楽しいですね!2本目はスノーモビルで上がっていましたが・・・明日のセミナーもよろしくお願いします。

寒くても渋くても頑張っているとサーマルが育ち始めました。今日は泉先生もずーっと飛んでいました。

(金井もスノーモビル10往復の後、夕方からライン交換後のフライトチェックで1本飛ばせて貰いました。)

(左)夕方のハッツキ山リッジソアリングを楽しむ鎌田さん。色々と楽しんで頂けたようです。

(右)満腹(電池切れで手が痛い?)で降りてきた佐藤さん、延沢さん。それでも今日は3時間位フライトタイムを稼ぎました。
2010/2/12(金)ー今度の日曜日(2/14)は、世界の長島のクロカンセミナーー
 寒気や気圧の谷の影響で荒れ風に時々雪が舞っていました。雪を眺めながら暖かいクラブハウスではフライヤーがのんびりお茶飲みでした。夜は公民館事業の「赤湯ワイン」教室。(好調スイング社の次期主力スポーツ機「ミストラル6」の概要が届きました。ワクワクするようなスペックです!)
2010/2/11(木)ー今度の日曜日(2/14)は、世界の長島のクロカンセミナーー
 気圧の傾きは大きいものの、置賜盆地は静穏で日中は時折日が差していました。本流の北風が支配的だったので、高ツムジ山までスノーモビルで登ってフライトを楽しみました。前線上を近づいて来た低気圧の影響で午後3時頃から雪がチラホラと舞い始めフライト終了。

(左)高ツムジ山テイクオフまでスノーモビルであっという間に到着。(歩きの登頂を知っている人はやったー!のポーズなのですが、これは今日の女性陣の背伸びダイエット・・・。)

(右)真冬らしい景色。渋いこういう世界もいいなぁ。
(少し前に栄城さんが掲示板で教えてくれた写真家の人ならきっと何か深い写し込み方をするんでしょうが・・・)

高ツムジからのフライトを楽しんで来るとランディングはしっかり北風でした。

ランディングで雪だるまを作ってピース。フライト後のスノーモビル遊びも好評でした。

(最近写真が少ないとのご意見が多いので今日は多めに幸恵ちゃん特集?!でした。)
2010/2/10(水)
 本州の南岸に停滞する前線や低気圧の影響で断続的に湿気た雪が降っていました。(春先によく見られる様な気圧配置が早くも現れてきたのは、春が早まっているのか地球が暖まっているのか・・・。)
2010/2/9(火)
 北海道付近の低気圧から伸びる前線が南下して来ました。その為、強風に時折雨が混じる荒れたお天気となりました。心穏やかに高ツムジ山までの道付けが出来ました。(次の北西風の日にはスノーモビルでそりを引いて高ツムジ山テイクオフまで行きます。)
2010/2/8(月)
 南海上からの移動性高気圧に覆われ、暖かな南風と青空に恵まれました。昨日までにたっぷり降った雪は様々な形の吹き溜まりを作っていましたが、スノーモビルでの道付け完了。(「そり」を引いてでの3人乗りもOKです。キの字屋さんからまた赤いスノーモビルを貸して貰い2台体制になりました。)昼下がりからは、気圧の谷の影響で徐々に雲が多くなり、夜からは雨が降り始めました。(カッコイイ写真は撮れませんでした。ごめんなさい。)
2010/2/7(日)
 大雪の峠は越えたようで雪降りの合間には時々青空が見えたりして気温も上がりました。「空」の新年会の後、瀧波旅館を後にした皆さんはそれぞれ蔵王に滑りに行ったり、クラブハウスでお茶飲みしたりしてゆったりと帰途につきました。

くぐりながら思いを口にするとと願いがかなう(と言われている)瀧波旅館の門。

(五十嵐会長と飯塚さんは既に蔵王スキー場に向かっていました。)
2010/2/6(土)
 強い風に粉雪が舞い、吹雪の様な一日。「空」の新年会に各地から赤湯に向かう皆さんも東北自動車道が通行止めになるなど、大雪の影響が出ました。(五十嵐さんは古川から5時間、石鍋さんは東京から10時間!・・・)それでも久しぶりに顔を合わせた皆さんとの楽しい宴となりました。

瀧波旅館はさすがに趣があり、料理もお風呂も好評でした。

(宴会終わって部屋で2次会の皆さん。衣袋副会長は入浴中・・・。)
2010/2/5(金)
 この冬一番の寒気が流入してきました。さすがの置賜盆地でも北西風が強く、雪雲が次々にやって来ては雪を降らせていました。夜からは本格的に雪降りになりました。今回は積もりそうです。
2010/2/3(水)
 冬型の気圧配置が続きます。強い北西風に雪が混じり、真冬らしい景色になりました。(暦の上では、今日から春になりました。)
2010/2/2(火)
 西高東低の冬型の気圧配置になりました。高ツムジ山から上の層では北風がビュービューと吹いていました。(高ツムジ山までのルートを整備しました。次の北西風の日には「そり」で登れます。)
2010/2/1(月)
 前線を伴った低気圧が通過、曇天に北東風が終日吹いていました。夕方からは雪降り。