ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2010年1月分

2010/1/31(日)
 西から低気圧が近づいて来ましたが日中はまだ高気圧の圏内で、エリアの中は静穏で日中は青空にも恵まれました。南風が吹き込んでとても暖かい中で終日フライトをたのしめました。(高ツムジ山スノーモビルアタック隊も出発。何箇所かの吹き溜まりを壊してスノーモビルが通れる様にしました。)

朝霧が消えると綺麗な青空になりました。昼下がりからだんだん雲量が増えてきましたが日暮れまでフライト出来ました。

高ツムジ山までの登り道もまた面白いです。北西テイクオフは吹き抜けで殆ど雪がありません。次の北西風の日には快適にフライト出来そうです。
2010/1/30(土)
 小雪の舞うクラブハウスを出発したスクール車は順調に快晴の宇都宮に到着。バブルサーマルの周囲あちこちにあるシンクにはまる機体も多い中で衣袋さんらは、いいタイミングで飛び出して雲底の海抜1,700mまで上げ切って2時間位あちこち飛び回っていました。

(右)眩しい位の陽射しにピース!杉本君は今年の初飛びおめでとう。

(左)誰が最初にサーマルを育ててくれるか、と大勢の視線を浴びながら多田隈さんM3発進。

(左)相変わらず賑やかなアカイワテイクオフ。

(右)山口選手はさすがに撮りたい角度に進入して来てくれます。
2010/1/29(金)
 冬型の気圧配置となりましたが十分一山周辺では、日中は青空になってくれました。適度な南西風のリッジリフトにはいつまでも乗っていられるコンディションでハッツキ山から高ツムジ山位までの間で楽しくソアリング出来ました。午後2時半頃からは小さな雪雲がやって来て曇り空になりました。

あまりにも美しい青空に校長もついエアボーン。

(早く来い来い「ミストラル6」と言いながら今日は「ミストラル5」で写真のお稽古です。)

外付け魚眼レンズには大分慣れてきました。

(「あの雲は要注意。今より近づくか発達してきたら降ろしておきましょう。」と解説の図。)

そんなこんなで飛び続けていると、やはり雲は近づいて来ます。西風もタッチが変わってきたので今日はここまで・・・。

(それにしても十分一山の山肌が随分と露出してきました。まだ1月なのに・・・今年のサーマルシーズンは早くから始まりそうです。)
2010/1/28(木)
 前線が通過、雨降りの一日となりました。一年で一番寒いこの時期に雪ではなくて雨・・・山の斜面もクラブハウスも雪解けが進みました。
2010/1/27(水)
 南からの移動性高気圧に覆われ、青空と南風に恵まれました。時折雲が発達して吸い上げがやや強まる時はありましたが、テイクオフには適度な南風が日暮れまで吹き込み、皆さんは思い思いにソアリングを楽しんでいました。仙台の中村さんは「アストラル6」初飛び!真新しいマイグライダーで穏やかな朝一から夕方のリッジソアリングまでたっぷりと習熟フライトが出来ました。

「アストラル6」で中村さん発進!

(魚眼レンズで構えていたらきっちりカメラ目線で来てくれました。)



皆川さんにも夕方のソアリングを楽しんで頂けました。

雪が固く締まっているので今日はスノーモビルにそりを3つ付けて3人ずつ楽々登頂でした。
2010/1/26(火)
 西高東低の冬型の気圧配置となりました。西風が強くて寒い一日でしたが、雪は降りませんでした。明日には冬型の気圧配置も緩み、暖かくなりそうです。適度な西風におさまってくれます様に!
2010/1/25(月)
 前線が接近、通過して行きました。その為、置賜盆地でも次第に風が強まってきて昼過ぎからは雨が降り始めました。それにしてもこの季節に雨とは・・・地球温暖化なのでしょうか。クラブハウスにはジェネスの長島さんも登場。
 (オーストラリアツアーの打合せなどをしている内にまた2月の第二週末に「マニラ&XCセミナー」をやりに来てくれる事になりました。今年の参加者は勿論、全てのパイロットにお勧めです。是非お越し下さい。詳しくは掲示板で。)
2010/1/24(日)
 西からの移動性高気圧に覆われて青空と西風、そしてサーマルに恵まれました。エリアの中では朝から南よりの風がしっかり吹き込み、昼過ぎからはサーマルが立ち上がり始めました。穏やかなサーマルは高ツムジ山まで続き、パイロットの皆さんに混じってNP課程の吾妻さんもしっかりセンタリング。何回も上げ返して自己滞空時間記録を更新しました。午後3時頃からは穏やかな西風になり皆さん、満腹になるまでハッツキ山で夕焼けソアリングを楽しみました。
(「アストラル6」のフライトチェックがようやく出来ました!上げ癖をつけるついでに「GoPro」と外付け魚眼レンズ撮影のお稽古も2時間ほどさせて頂きました。「GoPro」動画はクラブハウスのテレビでご覧下さい。綺麗でした。)






2010/1/23(土)
 次第に雪降りの時間が短くなってきましたが、まだ西風が強めで雪雲が何回か通過して行きました。クラブハウスには入れ替わりフライヤーがお茶飲みに来てくれましたがフライトは明日に期待ということで、日中はスノーモビルで道付けとテイクオフの圧雪をしました。冬型の気圧配置は徐々に緩み始め、明日には晴れ間が期待できそうです。

テイクオフはバッチリ!
明日は西風で楽しいフライトが出来ますように!
2010/1/22(金)
 冬型の気圧配置が続きます。西風強風と雪降りの一日でした。静かなクラブハウスでは、機体を乾かしたり、レスキューパラシュートのリパックが進みました。
2010/1/21(木)
 昨日の暖かい空気で朝まで雨。しかしどんどん寒くなり、昼過ぎには雪が舞ってきました。夜は風が強まっています。明日は普通の真冬になりそうです。
2010/1/20(水)
 朝は放射冷却で冷え込み、50m先も怪しいくらいの濃い霧になりました。午前9時を過ぎてもあまりに濃いので気持ちが萎えていると、暖かい南風が吹いてきて一瞬(といっても良いほどの短い時間で)で消しさったのにはビックリ。南の方はきれいな青空でしたが、北西の空にはすでに前線の暗く分厚い雲が・・・。すぐテイクオフへ向かったものの、荒れ風に先を越されてしまいました。残念。午後は雨になりました。
2010/1/19(火)
 小さな低気圧が通過していった影響で朝の内は曇り、午後からはきれいな青空になりました。青空とともに本流の西風も強く吹き込み始め、午後からのフライトは見合わせました。
 
仙台の山家さんがカッコよくテイクオフ、そしてソアリングしていたのですが、やや西風が強まってきたので一旦ランディング。

(左)午前中、泉先生はスノーモビルの練習に励みました。

(右)強風止まず日没サスペンデットとなりました。明日天気になーれ、です。
2010/1/18(月)
 高気圧に広く覆われ、青空と穏やかな上昇気流に恵まれました。上空の雲は西風を示していましたが、強く逆転しているのかエリアの中は南風でした。初ソロフライトにとっておきたいような安定した飛びやすい風を受けてパイロットの皆さんはリッジソアリングに挑んでいました。
(夜にはジェネスの長島さんが登場。オーストラリアツアーの打合せが出来ました。クロカンを長島さんと金井で2人でフルサポート、ツアー中の全食事、エリアフィーなど全部込みで40万円を切れそうです。詳細は金井まで、最終締切りは1月23日まで。)

泉先生も新しい愛機「オブセッション2」でお稽古に励みました。(今日は3本!)

日本海に発生した小さな低気圧の影響で午後3時頃から曇り始めましたが、それでも弱い吸い上げを感じさせるようなリフトがありプチソアリングが楽しめました。
2010/1/17(日)
 ようやく冬型の気圧配置は緩み始め、徐々に高気圧に覆われてきました。高ツムジ山から上の層は強めの西風でしたが、十分一山からランディングまでの範囲では風が弱く、のんびりとフライトを楽しめました。(日中、にわか雪が降ってきた時には山頂ログハウスのストーブで暖まっていました。雪囲いも自動販売機も順調に機能しています。)

(右)小さな雪雲が来る前に、吾妻さんテイクオフ。

(左)佐藤さんは今日も元気に3本フライト。
(外付けの魚眼レンズで撮ってみました。面白い!近君ありがとう!)

(左)ついに泉先生の「オブセッション2」がフライトチェック出来ました。

(右)高ツムジ山アタック隊は・・・。魚眼レンズでこんな時でも自分撮り・・・。
2010/1/16(土)
 まだ冬型の気圧配置が続いています。日中はたまに青空になってお日様が顔を出してくれましたが、まだまだ全体の風は強く、雪雲がやってくると辺りは再び真っ白になっていました。
2010/1/15(金)
 冬型の気圧配置が続きます。それでも日中は雪が一休みしたりしてちょっと暖かくなりました。午後から十分一山登り道にスノーモビルで道付けをしました。あとは、いい天気になるだけ・・・です。
2010/1/14(木)
 強い冬型の気圧配置の為、クラブハウスの周辺でも朝から雪が景気良く降っていました。(昨日からのフライトは出来そうもない気象状況に安心して床に就いたらそのまま丸一日寝入ってしまいました。)
2010/1/13(水)
 強い冬型の気圧配置となり広い範囲で大荒れのお天気になりました。が、十分一山周辺では時々雪が降る程度で積雪は殆ど増えませんでした。盆地らしく上層の強い西風は地表まで吹き込みませんでした。静かなクラブハウスでは事務仕事が進みました。(台湾ツアーの報告も出来るだけ早くアップします。)
2010/1/12(火)
 日本海に低気圧が発生、通過して行きました。その為、十分一山周辺では早くも午前9時頃から小雨がパラつき始めていました。この低気圧は太平洋で急発達、明日からは強い冬型の気圧配置になるでしょう。(ヨーロッパや北米に記録的な寒さをもたらした、非常に強い寒気もやって来きそうです。充分な警戒が必要です。)
2010/1/11(月)
 等圧線の間隔は広がり、とても穏やかなお天気に恵まれました。一週間以上も置きっぱなしだったスノーモビルも何とか掘り起こして登頂。微風ながら青空の下で気持ちよくフライト出来ました。妻沼さんは、初雪上での初ソロフライトに臨み、無事フライト出来ました。おめでとうございます。
 泉先生は赤湯地区の新年会。(パイロットの皆さん、テイクオフサポートありがとうございました。)

テイクオフに到着!

(山口先生はこの後、スノボでテイクオフ・・・。ランディングも頑張って2秒位滑っていました。)

多田隈さんテイクオフ!

(青空に白い機体が映えてますね!写真提供:中村さん

「今日のランディング」

(雪に歩いてターゲットを作りました。写真提供:中村さん

大島さんランディング。テイクオフディレクターお疲れ様でした。

(今日は多田隈さん、大島さん、中村さんがターゲットオンでした!)
2010/1/10(日)
 冬型の気圧配置は緩み始めました。まだ雪が時折降ってはいましたが気温が高い為、積雪は減ってきています。クラブハウスにはフライヤーが入れ替わり訪れてくれてお茶飲み。(台湾土産のお茶菓子、あと僅かです。)
 金井は体育協会の新春スポーツ講演会と懇親会(市長やら各団体の代表の皆さんを前に緊張の年頭所感も何とか終了。)
2010/1/9(土)
 弱い冬型の気圧配置が続いています。雪が降ったり止んだりでしたが気温が高い為、積もりません。
 台湾ツアー参加者は全員無事に帰国。成田空港からそれぞれの帰途に着きました。
2010/1/8(金)
 今日も穏やかな冬の一日でした。雪が降ったり晴れたり。雲底は低く、曇るとテイクオフが隠れていました。
 台湾は現地最終日。でも珍しく「雨」!観光客になりきって高雄の街をあちこちまわりました。電車でピントンに帰り、四川料理で最後の晩餐です。
2010/1/7(木)
 昨日までの風・雪はすっかりおさまって、午後からは晴れて穏やかな日になりました。クラブハウスでは雪かき&お茶飲み。
 台湾は今日も少々渋いといっても皆1時間位はソアリング。アーベントソアリングもできました。B級トリオがどのくらい上達してくるのか楽しみです。
2010/1/6(水)
 赤湯は昼ごろには吹雪になりました。夜になって風はおさまってきましたが、雪はひたすら降っています。
 台湾では、昨日よりは渋めのコンディションだったものの、皆さんソアリングできました。賑やかなエリアの中でも山同さんが一番高く上げていました。あの平木啓子さん(台湾に行ってたんだ・・・!)より高かったとか、すごいぞさんちゃん!夜は新しく出来た北京料理の店に行きました。
2010/1/5(火)
 日本海側と太平洋側の2つの低気圧に挟まれて、特に午後からは風が非常に強くなりました。雪も降りましたが気温が低くないので積雪は増えませんでした。明日はこの低気圧が一つになって北海道の東に進んで発達するので、「強い冬型の気圧配置」になり、雪・風の強い状態が続きます・・・。
 台湾組は初日から最高の滑り出しで、B級トリオもスタチン無し、2時間フライト!パイロットはサンチェ山や沖の橋へと足を延ばし、金井も空中誘導しながら3時間フライト。
2010/1/4(月)
 
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 スクールの始まりは雪かきから。埋もれていたスクール車や駐車場を掘り出しました。明日から荒れた天気になるので、今日は出来るだけ頑張りました。
 さて、今日から9日まで台湾ツアーです。参加者は成田に集合、夜には無事現地に入りました。