ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2009年12月分

2009/12/29(火)
 西からの高気圧に徐々に覆われてきましたが、午前中はやや荒れ風を感じさせる雲が残っていたのでクラブハウスで学科講習&検定。その後、お天気は次第に回復。お昼ごはんをゆっくり食べてから登頂して、十分一山とハッツキ山周辺で穏やかなリッジソアリングを楽しみました。日暮れまで飛び続け、最後は皆で夕焼けに向かってファイナルグライド!今年のフライト終了となりました。

今年一年間、スクール・「空」・「YUPC」・「STOOGE」の皆さんが全員怪我なく飛び終える事が出来ました。ありがとうございました。また来年も無事故で楽しく飛び続けましょう!よろしくお願いします。

(左)フライトチェックに出る校長。(ヘルメットには「GoPro」が付いていました。)

(右)「イプシロン5」で悠々とハッツキ山と十分一山を飛び回る真遊ちゃん!上手くなったね!

(左)昨日が御用納め。遅くまで飲んでもしっかり12時間のフライト禁止を守ってフライトしたのは衣袋さん。

(右)楽しくソアリングしている内に日没。きれいな飛び納めになりました。(写真提供:衣袋さん)

(左)遠藤さんは学科検定合格!初ハッツキ山ソアリング!おめでとう。

(右)フライト後は、暖かいクラブハウスで「GoPro」映像検討会。

(パイロット目線の映像は面白く、かなりの高画質でした!が、1時間で5GBは、ちと重いかな?今度は一段階解像度を下げてみます。)
2009/12/28(月)
 前線を伴った低気圧が日本海から近づいて来た影響で赤湯界隈では日中雨降り、夕方から雪がチラつき始めて風が強まりました。クラブハウスではフライヤーが入れ替わり訪れてくれて、のんびりとお茶飲み話。この前線通過後、早くに荒れ風がおさまってくれる事を祈っています。
2009/12/27(日)
 前線通過後、弱い冬型の気圧配置になり曇天ながら適度な西風でたっぷりリッジソアリングが出来ました。昨日の忘年会の影響もあって朝はゆっくりとスタート。スノーモビルでテイクオフに登って、防寒対策をしっかりしてフライト準備を済ませると、皆さん南西風のリッジリフトに飛び出して行きました。ハッツキ山一番乗りの衣袋さんを始め、皆さん2時間を越えて十分一山周辺でフライトを楽しんでいました。

最初に飛び立つのは大島さん。

延沢さんは「おててのこたつ」でぬくぬく。

結花ちゃんは好評「オブセッション2」で浮き浮き。

夕方、ランディングは北風になりました。

今年の最終フライトの後は、暖かいクラブハウスでグライダーを乾かしてパッキング。
2009/12/26(土)
 日本海からの前線が通過、お昼頃から雨と荒れ風になりました。クラブハウスではクラブ「空」の拡大忘年会。五十嵐会長を始め「空」会員の皆さんと来春大学を卒業して「空」入会予定の皆さん他、20人でゆったりと楽しい年忘れが出来ました。海の幸に山の幸、ちょっと贅沢なお酒を頂きながら時を忘れてパラグライダー談義に花が咲いていました。

女性陣がますます賑やかになってきましたね!

ビンテージワイン(?)も味見。

しゃぶしゃぶ、イクラ丼、ビーフシチューなどなど大変美味しゅうございました。

今年一年お世話になりました。また来年もいっぱい飛びましょう!
2009/12/25(金)ー明日は「空」の忘年会ー
 高気圧に覆われ、素晴らしい青空と穏やかな上昇気流に恵まれました。朝から十分一山テイクオフには適度な南風が吹き込む絶好のコンディションにスノーモビルのピッチも上がりました。(校長は朝から夕方まで8往復!)タンデムマスター課程の田崎さんは3本ソアリングOK。NP課程の若狭さんはパイロットの皆さんと協調して1時間以上滞空、自己記録を更新しました。B課程が修了したばかりの滝澤さんも田崎さんと一緒に飛んでコース取りを教えて貰ったりしながらソロフライトでも初リッジソアリングが出来ました。

(左)抜けるような青空に向かって若狭さんテイクオフ!リバースのテイクオフも上手くなりましたね!これで台湾ツアーも安心?!

(右)タンデム機と一緒にフライトチェックのエレメントもソアリング。強くてカッコイイ系のデザイン(カラーオーダー)が好評でした。

(左)上ではなくて前にある様な冬の太陽に照らされながら皆さん長時間フライトを楽しんでいました。

(右)手が冷たくて降りてきた皆川さん。

(左)スノーモビルの季節がやって来ました。フライヤー2〜3人と機材を乗せてグイグイ登ってくれました。(走っている時のパッセンジャーの様子も面白そうなので今度「GoPro」で撮ってみます。)

(右)トップアウトしました!今日最高の笑顔を頂きました!
2009/12/24(木)
 弱い冬型の気圧配置になり、待望の青空と西風に恵まれました。整備中のスノーモビルは置いておいて、十分一山登山隊は元気に出発。程よく締まった雪道を気持ちよくハイキングして1時間ほどでテイクオフに到着。ゆっくりとフライト準備をしているとお昼頃から青空が広がり西風も力強くなってきました。皆さん、ハッツキ山にトランジットして冬のリッジソアリングを楽しみました。
(その後、スノーモビルの整備は完了。明日は朝からスノーモビルでテイクオフ送迎します。また山頂自販機は稼動しています。ログハウスにも入れます。)

(左)十分一山登山隊出発!

(右)終始トップでラッセルしてくれたファイアー中村さんがフライトでもトップでスタート。

(左)高ツムジ山から蔵王まで真っ白です。(写真提供:中村さん)

(右)「GoPro」で自分撮り。後ろの十分一山も中村さんの機体もバッチリ入っています。手持ちでこのアングルになる位の広角!色々に使えそうです。動画もきれいでした。

(左)ハッツキ山リッジソアリングを楽しむのは浅尾さん。(写真提供:中村さん)

(右)鈴木君も今日はハッツキ山へ即トランジットしました。(写真提供:中村さん)
2009/12/23(水)
 今日も雨降り・・・何か不思議な感じの年の瀬を迎えています。クラブハウスにはフライヤーが訪れて来てはお茶飲み。(佐藤さん、多田隈さん、美味しいお菓子ごちそうさまでした。)魚眼レンズ付のオンボードカメラ:「GoPro」の高画質バージョンがなかなかいい感じです。明日飛べたら使ってみようっと。
2009/12/22(火)ー冬至ー
 寒気は抜けて気温が上がり、午後からは雨降りになりました。お陰で随分と積雪が減ってきました。あとは上から降ってくるものが一休みしてくれるのを待つばかり・・・。(今回の強い寒気は北極から一気に吹き出してヨーロッパから北米まで大規模で大変な被害が出ているようですが皆さん、ご無事でお過ごしでしょうか?好調スイング社のウクライナ工場に閉じ込められた社長は大丈夫か?!)
2009/12/21(月)
 今日も雪降り・・・。お陰で事務仕事が捗りました。遅れていたsoaring systems letter No.68 発送しました。夜は体育協会の会議。(新年10日のスポーツ講演会の後の懇親会でハング・パラグライディング連盟を代表して金井が年頭所感を述べる事になりました。150人規模の懇親会でご来賓と各競技団体長の皆さんにスカイスポーツをアピールする良い機会ではありますが、今からドキドキです。)

チラッと青空が見えました。

(早くこんな青空の下で飛びたーい!)
2009/12/20(日)
 冬型の気圧配置が続いています。暖かいクラブハウスでは、フライヤーがのんびりしていました。午後になって気温も+になり積雪も幾らかは減ってきましたが、まだ湿雪が降り続いていて十分一山アタック隊は出発しませんでした。(明日か明後日に雪降りが落ち着いたところで様子を見て来ます。)
2009/12/19(土)
 上空には一段と強い寒気が流れ込み、殆ど一日中雪降り。クラブハウスではフライヤーがハーネス調整をしたり、お茶飲みしながらフライト談義に花を咲かせていました。夜はYUPCのクリスマス会。(空の忘年会は来週の土曜日です。)
(この積雪で十分一山まで車で登れるのか?気になるところですが・・・明日アタック隊を出してみます。)

(左)超軽量オンボードカメラ:GoProの最新高画質バージョンが入荷。

(右)スイングの新しいザック。スマートです。
2009/12/18(金)
 いよいよ本格的に雪が降り始め、クラブハウスでも10cm位積もりました。(スイング社の工場があるウクライナでは、豪雪により交通機関も工場も機能停止。大人気の「アストラル6」も出荷出来なくなっているそうです。それに比べれば大したことはないですが・・・それでも今期最強の寒気が流れ込んでいます。早い回復を祈っています。)
2009/12/17(木)
 冬型の気圧配置が続いています。庄内などでは大変な大雪になっているようですが、十分一山周辺の日中は曇りで穏やかな北西風でした。雪の高ツムジ山からフライトOK。夕方からはさすがに雪が降り始めました。(今回の寒波でスキー場は一安心でしょうが、あまり降り過ぎて災害などが起きない事を祈っています。)

高ツムジ山の標高でも微風でした。が、まずは押さえの1本。

南斜面の雪は溶けてしまいましたが、北側の木にはまだ雪が残っていました。何かクリスマスツリーみたいに綺麗でワクワクしますね。

テイクオフ後ろのベンチをしまって車止めのポールを立てました。これにて南陽スカイパークは冬支度完了。バンザーイ。泉先生お疲れ様でした。

(ログハウスの水洗トイレも凍結防止の為、止水しました。これから春まで隣のトイレをご使用下さい。)
2009/12/16(水)
 冬型の気圧配置は続き、この冬一番の寒気が流れ込んできました。北風に小雪がちらつく中で冬本番を感じながら山頂ログハウスのトイレを止水したり、雪囲いを済ませました。暖かいクラブハウスではフライヤーがのんびりとお茶飲みしながらパラ談義。
(忘年会報告を「お知らせ」にアップしました。色々なシーンが思い出されるのですが、とても全部は載せ切れませんでした。とりあえず雰囲気だけでも・・・。)
2009/12/15(火)
 今日も冬型の気圧配置・・・ところが昨夜からの雪は午前10時頃に止んで青空になってくれました。適度な南西風でリッジソアリングがたっぷりと楽しめました。その後、午後2時頃から再び雪雲がやってきてフライト終了。
 (予報が悪くても、日中の数時間は青空が現れて良いコンディションになるので「十分一山マジック」とかよく言いわれますが、確かにそんな日は多いです。これからのシーズンは天気図だけでなく、雨雲レーダーにも注目ですね。)

あまりの青空の美しさにつられて、つい校長もフライト。少しだけ雪化粧をして、山がまた華やいできました。
2009/12/14(月)
 冬型の気圧配置が続いています。それでも置賜盆地の中では午前中一杯は静穏な状態でいてくれました。曇天微風でテクニカル練習には最適でした。(昨日の日中と今日の中間くらいの南西風だと最高なのですが・・・)午後からはポツポツと冷たい雨が降り始め、山頂から上は雪が混じっていました。フライト後はランディングのよしずを外したり、色々と雪のシーズンへの準備をしました。

2009/12/13(日)
 西高東低の冬型の気圧配置になりました。その為、エリアの中でも曇天・西風で午前10時を過ぎると強めの西風が吹き込み、スクールは米沢の河川敷に移動してグランドハンドリングの練習に励みました。午後3時頃からは西風がマイルドになってきたのでフライト開始。クラブハウスでウエイティングをしていた皆さんが高ツムジ山テイクオフから飛び出してハッツキ山ソアリングを日没まで楽しみました。

高ツムジ山テイクオフから中村さんがトップでテイクオフ!


(そのままハッツキ山にトランジットして寒い中、日没までソアリングを楽しんでいましたが「おててのこたつ」のお陰で快適だったそうです。)

(この後、十数機でハッツキ山ソアリングしている様は壮観でしたが写真には表現出来ませんでした。すみません。)

新入校の川村さんと鷲見君は始めてのライズアップに挑戦!

(鈴木先輩ありがとうございました。)

(佐々木さん、菅原君も確実に上達しています!)
2009/12/12(土)
 寒冷前線が通過して行きました。クラブハウス周辺では冷たい雨。明日は冬型の気圧配置、西風が許容内におさまってハッツキ山リッジソアリングが楽しめる事を祈っています。(前線の後面からは当然冷たい気団が押し寄せて来ます。いよいよ本格的な冬になりそうです。電池や体の保温などの冬の準備をしっかりして飛びましょう。)
2009/12/11(金)
 西から低気圧進んで来た影響で東風のち雨降り。暖かいクラブハウスではフライヤーが入れ替わり訪れてくれて、各地のお土産を頂きながらお茶飲み。(皆さん、本当にいつもごちそうさまです。ありがとうございます。)
 明日には日本海から前線を伴った低気圧が接近して来ます。クラブハウスを暖かくしておきます。冬の日程もまもなく発表予定。
2009/12/10(木)
 北に中心を持つ高気圧に覆われ、素晴らしい青空と穏やかなサーマルに恵まれました。湿度が低い為に朝霧も(積雲も・・・)無い中で燦々と降り注ぐ陽射しを受けて山肌の気温はどんどん上昇、正午頃からバブルサーマルが発生し始めました。サーマルトップは海抜800m位ながら秋を思い出ださせるようなのんびりしたソアリングが楽しめました。が、さすがに冬至近くにもなると日の傾きは早く、午後2時頃にはサーマルは売り切れ・・・。本流の北東風が支配的になりフライト終了。

”フロントの純”がテイクオフ。

(皆川さんがエリアに到着した時には既に活発なブローが直接吹き込む時間ではなくなっていましたが、無風で出ればリーサイドのサーマルでソアリング出来ました。)

「今日の十分一山」

(正午時点でこんな感じの影がテイクオフに投影されていました。)

盆地の底の逆転層はとれず、山から発生したサーマルを捕まえてソアリング。

(午後1時半にしてこのお日様はさすがに冬至が近い事を実感します。)
2009/12/9(水)
 高気圧と高気圧に挟まれ、弱い気圧の谷の影響で朝の青空から徐々に薄曇りになりました。遠くに見えるレンズ雲や庄内地方に雨を降らせている気圧の谷の接近に注意をしつつも、エリアの中は静穏な状態が続き、結局穏やかに日没までフライト出来ました。今日からB級課程の二瓶さんは高度処理練習がどんどん出来て(6本!)殆ど誘導無しで着陸できる様になってきました。タンデムマスター課程の田崎君はパッセンジャーを替えながら3本練習が出来ました。

久しぶりに真篠さんがフリーフライトに来てくれました。エンビィの旋回性を生かして弱いバブルサーマルを拾いまくっていました。

(安定志向の方にもポットハーネスはかえって好適、な時代が来ているかもしれません。)

タンデムマスター講習では泉先生もパッセンジャー役をしてくれました。

(全く問題ないので写真撮りの練習も・・・マスクの意味はナイショ)

菅原君のランディング。

(台湾ツアーに向けてアクセル調整などの練習が出来ました。)
2009/12/8(火)
 移動性高気圧の圏内に入り、徐々に青空が見えてきて本流の西風は弱まってきました。朝の内はまだ西風が強くクラブハウスではのんびりとデイリーアキュラシーやフライトツアーの話をしながらお茶飲み。昼食後にゆっくりとフライトを開始しました。午後2時頃から適度なサーマルと西風に乗って十分一山とハッツキ山周辺でソアリングが楽しめました。夕方からは弱い気圧の谷の影響か、再び北西風が強まり始めフライト終了。

西風強風がおさまってからフライト開始!ハッツキ山へGO!

皆で楽しくソアリングしている内に青空が広がってきました。

ハッツキ山で写真を撮り合いながらフライト。山家さんの手はさぞや暖かいだろうと思いきや「おててのこたつ」を忘れてきたそうで・・・。寒い中、お疲れ様でした。

桑島さんランディング。

(向こうはきれいな青空なのですが、風上側には何か荒れを予感させる雲が出来始めていました。こんな時は早めに降ろしておくのが正解。)
2009/12/7(月)
 冬型の気圧配置が続き、冷たい雨と強い風・・・寒い一日でした。昨日までの喧騒と熱気が幻のように静かなクラブハウスでストーブをつけて事務仕事に励みました。こんな日が続くと台湾の柔らかいサーマルが恋しくなります。(1/4〜1/9は台湾ツアー、2/20〜2/28はオーストラリアツアーです。)
 明日には高気圧が徐々に張り出してきてお天気は回復、西風でリッジソアリングできる事を祈っています。
2009/12/6(日)
 低気圧は東海上に抜け、西高東低の冬型の気圧配置が強まりました。朝から西風がビュービューと吹きつけて絶好の(?)学科講習・救急講習日和になりました。忘年会から一夜明けた午前9時から南陽消防署では、救急講習会。教員助教員の皆さんとフライヤーの皆さん14名の皆さんが救命講習を修了されました。クラブハウスではパイロット課程の学科講習。他のフライヤーの皆さんはパラ談義やゲームや昼寝でゆったりと過ごしていました。

午後2時半過ぎ、短時間ながら雲の間から日が差すときれいな虹が見えました。「あーした、天気になーれ!」です。

南陽消防署での救命講習会では、お馴染の人工呼吸やAEDの使い方などを学びました。(そんな場面に遭遇しなければ一番いいのですが、万が一の為にこれからも定期的に開催します。)
2009/12/5(土)ー忘年会、美味しく楽しく無事終了。明日は午前9時から救急講習会ー
 日本海の低気圧は次第に発達し、東風が強まりながら雨が降り始めました。クラブハウスでは午前9時からJHF教員助教員更新時講習会が開催され、皆さん熱心に取り組んでいました。(長野から来てくれた殿塚先生お疲れ様でした。)
 忘年会には各地から皆さん早めに集まってくれて、料理の仕上げや乾杯の練習をしていました。狭いクラブハウスはフライヤーで一杯!(社会人18名、学生26名で暖房要らずでした・・・。)テーブルは美味しい料理で一杯!美味しく頂きながらデイリーアキュラシーの表彰やプレゼント交換、そしてYUPCの「出し物」で大盛り上がりでした。

2009/12/4(金)ー明日は午後6時半から忘年会。プレゼント一つ、料理一品をお忘れなく!ー
 低気圧は東海上に抜け冬型の気圧配置になりました。日中は発達した雲が多く、北西風に雨が時々混じっていました。明日は日本海に低気圧が発生し、徐々に荒れたお天気になりそうです。各地から忘年会に集ってくれるフライヤーの皆さんも安心してゆっくり移動が出来るかな?
(クラブハウスでは朝からJHF教員助教員更新時講習会が開催されます。ご協力よろしくお願いします。)
2009/12/3(木)ー今度の土曜日は忘年会。プレゼント一つ、持ち寄り料理一品をお忘れなく!ー
 日本列島を南北から挟むように2つの低気圧と前線が進んで来ました。日本中の広い範囲で雨降りのお陰であちこちのメーカーさんとスムースに連絡がつき、台湾ツアー(1/4〜1/9)などの準備も心穏やかに進められました。
 (この冬の行事日程などなるべく早くにまとめて sosring systems letter でお送り出来るよう頑張りますが、HPの「お知らせ」や「イベントカレンダー」には順次更新しています。こちらの方が早くて詳しいですので、是非ご覧下さい。)
2009/12/2(水)ー今度の土曜日は忘年会!持ち寄り料理の情報などは掲示板で!ー
 今日も高気圧の圏内で青空と適度な南西風に恵まれました。飛びやすい風に恵まれ、朝から試乗やテクニカル練習、タンデム講習がどんどん進みました。お昼過ぎに弱い気圧の谷の影響で雲がやや発達しましたが直ぐにおさまり、その後は十分一山でもハッツキ山でもリッジソアリングが楽しめました。二瓶さんはA級合格です。おめでとう。新入校の鷲見君はタンデム講習3本OK。

体験タンデムフライトでも初冬のリッジソアリングを楽しんで頂けました。

(さすがにこの時期は真昼でもお日様が横を通って行きます・・・。)

午後3時頃からはハッツキ山タイムの始まり!皆川さん出発!

(サーマルの中で「アストラル6」試乗をした後は自分の愛機でのんびり夕焼けフライトを楽しんでいました。)

二瓶さんランディング。

しっかりフレアをかけてふわっと接地出来ました。A級合格です!おめでとう。

皆、たっぷり飛べました。

(あっという間に日没してしまうので取り急ぎ「二瓶さんA級合格、鷲見君新入校、おめでとう。」の図です。)
2009/12/1(火)ー今度の土曜日は忘年会!持ち寄り料理の情報などは掲示板で!ー
 広く高気圧に覆われ、青空の下で穏やかに飛行を楽しめました。濃い放射霧が消えそうで消えず、午前中は久しぶりに雲海見物。その後は暖かい陽射しを浴びながら、のんびりフライトが日暮れまで出来ました。穏やかなコンディションの予報にタンデムマスター講習や高性能スポーツ機「アストラル6」の試乗希望者が集まり、グライダー談義で盛り上がっていました。デイリーアキュラシーはついに無冠の帝王と呼ばれていた木綿さんが優勝です。おめでとう!

視界が開けたら即、テイクオフ!青空と放射霧の作り出すコントラストが実に美しい一日でした。

(今日は塚原さん、山家さん、田崎さん、木綿さんに「アストラル6」を試乗して貰えました。ライズアップのし易さが大好評でした。)

日暮れまでフライトを楽しみました。夕焼けの頃には既に放射冷却現象で新たな逆転層が形成され始めました。

デイリーアキュラシーはハイレベルな戦いでした。
優 勝 木綿さん30cm
準優勝 山木さん40cm
第3位 塚原さん・山家さん70cm
おめでとうございます。