ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2009年2月分

2009/2/28(土)
 緩やかに移動性高気圧に覆われ、青空とサーマルに恵まれました。朝から春本番を感じさせるブローがテイクオフに吹き込みパイロットの皆さんは次々とトップアウトして行きました。正午前から雲底も上がり始め、風が弱い事もあって皆さん湯沼温泉からハイジアパークの方まであちこち動き回っていました。午後4時頃からはイブニングサーマルが穏やかに立ち上がり、体験タンデムフライトの方々にもたっぷりと赤湯遊覧飛行を楽しんで頂けました。

クロスカントリーパイロット課程の佐藤さんテイクオフ!

(今日のファーストトップアウトです。その後も長時間あちこち飛び回っていましたね。課程も間もなく修了か?)

お昼頃には手頃な雲が次々と発生してパイロットの皆さんを次々と雲底まで連れて行ってくれました。

(皆さん、寒いだの手が痛いだの言いながらサーマルに乗ってあちこち動き回れる楽しさには勝てず、2時間以上フライトしていました。)

高ツムジ山付近からも力強いサーマルが次々と発生。サーマルトップは午後2時頃から3時頃まで海抜1,600m位に達し、時々7m/s位のゲンコツサーマル君にも出会えたりして早くも春の到来を感じさせる一日でした。

(蔵王や遠くの山々、山形の霧城セントラルビルなどなかなか良い眺めが楽しめたのですが、毎度の事ながら目で見た美しさはカメラには写し込めませんでした。それどころかこの写真の中で奮闘中の皆川さんも鎌田さんも見える?って感じですね・・・。)

寒くなるまでたっぷりと遊覧飛行を楽しんでから、夕凪のランディングへ着陸!

(タンデムマスターの延沢さんも南陽市民体育館辺りまで足を伸ばして赤湯半周の大サービス。ありがとうございました!この頃、細井さんは街のイブニングサーマルに乗って焼却場の方まで行っていました。)
2009/2/27(金)
 高気圧の中心は東海上に移り、本流は東風・・・。曇天の為サーマルブローも期待できず、さすがの十分一山も吹き降ろしの東風が支配的でした。それでも弱い追い風が止まる時があり、そのチャンスに賭けていた奥地さんは見事にNP実技検定合格を果たしました。おめでとう!
 明日にはまた西から高気圧が張り出し、良いお天気になるでしょう。

奥地さんのNP実技検定ランディング。

無風で見事にテイクオフ、空中での演技もバッチリでした。

合格おめでとう!

これで再来週の学生選手権にはセカンドクラスで出場決定。健闘を祈る!
2009/2/26(木)
 西から高気圧が張り出し、青空に恵まれました。ソアラブルなコンディションには間違いないのですが、やや大気の状態は不安定で風も落ち着かなかったのでフライトは見合わせました。
 夜は赤湯公民館のワイン教室。(十分一山の素晴らしい気象・土壌に改めて感銘を受けました。)

この春初めてランディングまでスクール車が入りました!

(十分一山の斜面は雪どけで随分と茶色くなりました。)

午後からは十分一山の平場でスノーモビル遊び。「キの字屋」さんに上まで運んで頂きました。ありがとうございます!

(今日は女性陣がブイブイ走り回っていました!モコちゃんはスノーモビル初乗りながらアクセル全開でヒルクライム!この調子なら次の冬にはMT−Xで送迎してくれそうです。)
2009/2/25(水)
 低気圧や前線の影響で日中は雨降り。(この雨で雪溶けがまた一段と進みそうです。)日没後から雨は次第に止んできました。高気圧の圏内に入る明日は良いお天気になってくれるでしょう。夜はスカイフェスティバルの打合せ。 
2009/2/24(火)
 高気圧は早くも東海上に抜け、お天気は下り坂に入りました。置賜盆地でも朝の内はお日様が顔を見せてくれましたが次第に雲量が増え、東風が強くなりました。昼下がりからは雨が降ったり止んだり、十分一山山頂から上は雪になりました。
 十分一山登り道が除雪されました。(まだ、すれ違いが出来ないのでなるべくスクール車をご利用下さい。)

YUPCが山形大学から表彰されました。授賞式の後、クラブハウスに立ち寄ってくれました。

(昨年度学生選手権団体優勝の功績です。間近に迫った今年度の学生選手権でも健闘を祈っています!)
2009/2/23(月)
 発達した低気圧が本州の南岸を進み、置賜盆地でも雨降りとなりました。(昨日、東北北部を低気圧が通過したばかりなのに・・・。南岸を低気圧が通り、めまぐるしくお天気が変化する様になると、いよいよ「春」の到来です。)昨日までの賑わいが嘘のように静かなクラブハウスで肩の筋肉と肝臓を休めながら事務仕事をさせて頂きました。
2009/2/22(日)
 昨夜から高気圧に覆われ始め、きれいな青空の朝を迎えました。(放射冷却でこの冬一番の冷え込みでした。)西からは低気圧が接近中の為、その影響が出るまでフライト!という事で次々と登頂しました。午後から徐々に風力が上がってきたもののフライト希望者全員1〜2本フライト出来ました。(東京の齋藤さんにもスノーモビル送迎をして頂きました。ありがとうございました。)
 強風になってからはまたもやスノーモビル!高ツムジ山ツアーや特設コースでのタイムアタックなど皆さん童心に帰って遊んでいました。

高ツムジアタック隊長:延沢さん、発進!

(2本飛んで強風になってからはスノーモビルも「そり」もたっぷり楽しんで頂けました。)

吾妻さん、ランディング。

(穏やかだったのでテクニカル練習が進みます。リアライザーの緩旋回OKです。)

帰りはこんな感じ。8人一度に下山出来ました!

(2日間でガソリンを50リットル使いました・・・。あー面白かった!)
2009/2/21(土)ークラブ「空」の新年会 in 丹泉ホテルー
 明け方までの爆風は徐々におさまり、日中は雪が降ったり止んだりしていました。クラブハウスには「空」の皆さんが新年会の前に立ち寄ってくれました。東京の石鍋ご夫妻を始め皆さんとお茶飲み話をしている内に晴れ間が見え始め、希望者でスノーモビル遊びに出発!寒い中、新年会直前まで雪とスノーモビルと戯れていました。
 午後7時から丹泉ホテルで乾杯!各地から集まってくれたクラブ員の皆さんと夜遅くまで話に花が咲いていました。

東京の石鍋夫妻にも雪遊びを楽しんで貰えました。さすがにバイク乗り、あっという間に乗りこなしていましたー!

(この後、夜になっても乾杯直前まで色々とチャレンジしていました。掲示板に面白い画像がアップされるかな?)

各地から新年会に集まってくれたクラブ「空」の皆さん。
今年もよろしくお願いします。

(五十嵐会長、岩手の松澤さん、東京の齋藤さんらベテラン勢は温泉に入ってゆったり浴衣姿、スノーモビル組は山から駆け込んで来て防寒着のまま、です。)

2009/2/20(金)ー明日はクラブ「空」の新年会 in 丹泉ホテルー
 前線を伴った低気圧が発達しながら本州付近を進んで来ました。その為、広い範囲で荒れたお天気となりました。クラブハウスでは雨音をBGMに溜まりに溜まった事務仕事をさせて頂きました。この低気圧は北海道付近で更に発達しこれから強い冬型の気圧配置になりそうです。大荒れの明日は赤湯温泉でゆっくりと雪見酒が飲めそうですね!
2009/2/19(木)
 ゆっくりと高気圧の圏内に入り、昨夜からの雪は昼頃にはおさまりました。適度な西風に恵まれた十分一山からハッツキ山周辺では日没までリッジソアリングが楽しめました。クラブハウスでは依頼がたくさん集まり始めたレスキューパラシュートのリパックがどんどん進んでいます。
 夜は赤湯公民館で「赤湯ワイン」の歴史学習会。(この成果は「空」新年会の時にでも・・・。)

「今日のテイクオフ」

また真っ白にお化粧し直して、きれいになりました。(スノーモビル遊びにも調度良い感じです。)

ハッツキ山上空ではやや風が強い時がありアクセル2段目まで全開で飛ばしている時もありました。風が冷たいなーと思ってバリオを見ると・・・−3℃でした。(でも飛んでいると心が暖かいです。スノーモビルで走っていると体が暖かいです。)

「エデン3」君、今日もありがとう。言う事をすぐ聞いてくれるなかなか良い翼です。間もなく到着の「エデン4」も楽しみですねー。
2009/2/18(水)
 冬型の気圧配置が、少し緩みました。朝の内は雪で風も強めでしたが午後から少しずつ晴れ間が見え始め風も穏やかになってきました。学科講習をしていた皆さんは、切りのいい所で登頂開始。全員楽しくフライト出来ました。(昨日、道付けをしておいて良かった!)
 泉先生の韓国土産「キムチ・チョコレート」がクラブハウスにあります。(学科講習に頂いた時にも大好評?!でした。)

2009/2/17(火)
 冬型の気圧配置が続き、上空には強い寒気が居座っています。断続的に雪が降っていてフライトは出来ませんでしたが、登り道の確保の為にスノーモビルは出動。深雪ライディングの一日となりました。(昨日からの雪降りで、新雪は高ツムジ山登り道の吹き溜まりで70cm位の所があります。雪煙を上げてドリフトして行くのは楽しい!です。突っ込み過ぎて埋まらなければ・・・。)
2009/2/16(月)
 冬型の気圧配置となりました。久しぶりに寒さが戻り、西風強風と雪降りの一日となりました。これで十分一山登り道でアスファルトが露出しかかっていた部分にも雪が積もって走りやすくなることでしょう。
2009/2/15(日)
 置賜盆地では朝から良いお天気、青空の下できれいな暖かい南西風が吹いていました。某社の昼から雨降りという予報に諦めてしまったのか「飛び」に来るフライヤーはいらっしゃらず、クラブハウスではお茶飲み話で時間が過ぎてゆきました。(朝凪もお昼頃のソアリングタイムも飛ばないのは、もったいない気がしますね・・・。残念。)日没後、午後6時頃から雨が降り始めました。泉先生は今日から火曜日まで韓国出張です。
2009/2/14(土)
 低気圧は北海道沖に抜け、強い冬型の気圧配置となりました。雨は朝の内に止みましたが、強い西風が吹き続けていました。クラブハウスにはジェネスの長島さんが登場。間もなくデリバリーが開始される「イプシロン6」等の話が出来ました。

高ツムジ山テイクオフは昨日の雨で北西側の草が露出していました。それにしても一昨日とは別世界ですね・・・。

(今日は最後の急斜面にアタック。ついにタンデムで上がってしまいました。今日は少し若いモデルさんに写って貰いました。)
2009/2/13(金)
 日本海から発達した低気圧が接近して来ました。その為、本流は東風で曇り。置賜盆地の地上付近では殆ど無風ながら十分一山山頂では午後10時半頃から東風が吹き始めました。(朝凪に間に合わなかった方、ごめんなさい。)夜からは雨が降り始めました。この雨で雪どけがまた一段と進みそうです。

高ツムジ山への道付けは大分いい感じになりました。(ミニ・スノーモビルでも登れるようになりました。泉先生も頑張ってスノーモビルの練習をしてます。)
2009/2/12(木)
 低気圧の通過後、西からの高気圧に覆われ青空になりました。日中はやや西風が強めに吹いていたので高ツムジ山への道付けをしました。MT−Xは力強く、新雪を突き進んでくれましたが最後のテイクオフ下が凄い複雑な形の吹き溜まりになっていました。何とか1本道付けをして徳を積んだ所で十分一山に戻ってみると素晴らしい滑らかな風に変わっていました。(ハッツキ山と十分一山の間ならイブニングサーマルで海抜800m位でずーっと浮かんでいられます!)ハッツキ山温泉で日中の労働の疲れを癒している内に日没となりフライト終了。

(左)テイクオフ直下の難所アタックに成功したものの、とても「そり」を引いて来られるような状況ではないので道付けをしました。

(右)久しぶりに高ツムジ山頂に到着。気持ちいいー!

「今日のテイクオフ」

(左)十分一山は南斜面から土が露出して来ました。

(右)高ツムジ周辺はまだたっぷり雪があります。

(左)ハッツキ山は実に滑らかな西風。手放しで飛んでいられます。

(右)結局、日没まで飛んでしまって真っ暗な道をスノーモビル回収に行きました・・・・。
2009/2/11(水)
 日本海から接近中の低気圧の影響で本流は弱い東風ながらエリアの中は静穏でした。テイクオフにいい風が吹き込むタイミングを選びながらフライト開始。山頂ログハウスでお昼ごはんを食べたり、機体を乾かしたりしながら結局午後4時ごろまでフライト出来ました。鈴木君はノービスパイロット実技検定合格です。フライト後はクラブハウスでパイロット学科検定開催、田崎君は満点合格です。おめでとう。夜はスカイフェスティバルの打合せ。

東風の影響は大丈夫か?ダミーに出てくれた延沢さん。

(この後、山頂ログハウスで熱々のカップラーメンを食べて元気ハツラツ。とても美味しそうでした。)

鈴木君NP検定3本目スタート。

(夕凪の中できっちり走り切った、いいテイクオフでした。合格おめでとう!)

日中のテイクオフは花が咲いたように華やかな色に溢れていました。

奥地さんランディング。

(NP検定残りあと1本で合格予定!)
2009/2/10(火)
 弱い気圧の谷の影響で日中は曇が発達し、にわか雨・雪を降らせました。その前後は青空の下でフライト出来ました。(この冬は本当に良く晴れてくれます。逆に春の天候不順や水不足が心配になるくらい・・・。)夜は体育協会の理事会。
 明日は日本海から接近して来る低気圧の影響で東風が吹くまでは穏やかにフライトが出来るでしょう。

横尾さん発進!

(初スノーモビル&年明け初飛びでした。)

雲行きが少し怪しい間は、ログハウスでストーブに当たりながらゆったり。

(電気ポットを用意しました。暖かいコーヒーをどうぞ!)
2009/2/9(月)
 冬型の気圧配置は一気に緩み、昨日とは打って変わった穏やかな一日となりました。十分一山は緩やかで初級者練習やテクニカル練習には最適なコンディションでした。スノーモビル遊びの皆さんも午後から楽しんでいました。(金井は筋肉痛で肩が上がりません・・・。写真撮れませんでした。ごめんなさい。)
2009/2/8(日)
 前線通過後、冬型の気圧配置が強まりました。その為、西日本以北の広い範囲で風が強く、山形は雪降り、宇都宮も朝霧も北風強風で残念ながらフライト出来ませんでした。雪の山形を出発したスクール車は東北自動車道のあまりの強風に驚きながらも宇都宮に到着。日光から戦場ヶ原まであちこち面白いものを探し歩き、お土産に日光地ビールを買って帰りました。(戦場ヶ原でのクロスカントリーは実に楽しそうでした。次回の移動をお楽しみに!)

(左)
 アカイワエリアでは高々度フライトは出来ませんでしたが、大勢の方がゲレンデ練習に励んでいました。


(右)
 華厳の滝から中禅寺湖を越えて戦場ヶ原まで足を伸ばしてみると素晴らしい景色と雪原が広がっていました。
 クロスカントリーフライトが出来ない時はここでクロスカントリーをしましょう!
(大勢の方がハイキングやクロスカントリースキーを楽しんでいました。レンタルスノーシュー900円、スキー1,500円)
2009/2/7(土)
 移動性高気圧の圏内に入り、穏やかな一日となりました。朝からスクール3号車(ヤマハ MT−X)はフル回転でフライヤーを山頂に運び続け、皆さんたっぷりフライト出来ました。(金井は10往復しました!その間TDをしてくれた大渡君、山同さんありがとうございました。)テイクオフには常に適度な向い風が入っていて、とても飛びやすいコンディションの中でNP課程の吾妻さん、若狭さんはピッチング・ローリング・両翼端潰し・アクセル練習が効率よく出来ました。鈴木君はNP課程修了です。田崎君はパイロット実技検定3本OK!合格おめでとう!!

吾妻さんテイクオフ!

山同さんは随分ハーネス調整がいい感じになってきました。

パイロット検定で緊張の中、田崎君ランディング。

パイロット実技検定、合格おめでとう!
2009/2/6(金)
 低気圧が通過し、その後は冬型の気圧配置となりました。十分一山でも西風が強く時々雪が舞っていました。暖かいクラブハウスではスノーモビル用「そり」に雪よけを取り付けました。
 明日は高気圧に覆われ良いお天気になるでしょう。移動しないで十分一山でフライトします。

スノーモビル用「そり」ver.3 の完成です!

(今度こそ、乗り心地も良く雪も飛んでこない「そり」になってくれたと思います。)

2009/2/5(木)
 日中はまだ高気圧の圏内で穏やかに晴れてくれましたが西からは低気圧が接近中の為、お天気は下り坂。昼過ぎには上空に薄い絹層雲が出来ていました。雪が溶ける程暖かい陽射しの中で皆さん、穏やかにフライトを楽しみました。

泉先生がフロントライズアップで発進。

(滑走路がどんどん広くなっていますね!)

粘りの仲野さんも今日は真っ直ぐに飛んで行きます。

腰が痛い皆川さんが、お昼から登場。

グライダーは「そり」で運んでご自身はミニ・スノーモビルでより快適に登って貰いました。(60歳以上の方だけのスペシャルサービスです?!)
2009/2/4(水) ー立春ー
 広く高気圧に覆われ、青空と適度な西風に恵まれました。今日も快適にスノーモビルで登頂した皆さんはテイクオフに力強く吹き込む風に合わせて次々とテイクオフしてリッジソアリングを楽しみました。皆川さんや仲野さんはハッツキ山でゆったりと涼んでいました。NP課程鈴木君は無難にリッジソアリングをこなして課程修了に王手です。フライト後はスノーモビル練習会。(ミニ・スノーモビルが大好評でした。)

山同さん発進!

(ポットハーネスに少し慣れてきたかな?じっくり調整してゆきましょう。)

西村さんも2本フライトOK。

(スノーモビルと「そり」の乗り心地も大分改善されてきて楽々リフライトです。今度のフライトまでに雪よけを作っておきます。)

リッジソアリングを楽しむ皆さん。

(この後、ハッツキ山に移動して1時間半程冬のソアリングを楽しんできた仲野さん曰く「あまりにも居心地がいいので温泉に入って寛いでいるようだった。」これからはハッツキ山温泉と呼びましょうか?)

皆川さんランディング。

(腰が痛いだの、手が冷たいだのと言いながらもソアリングを続け、次回はオムツを用意して更に長時間フライトに挑戦するとか・・・。)

フライト後に山頂周辺でスノーモビルの練習して来たお二人。もう少し練習したら送迎も出来るかな?

(それにしても日が伸びました。さすが立春です。)
2009/2/3(火)
 低気圧が通過、お昼過ぎまで雪や雨がチラつき北西風がやや強く吹いていました。午後3時頃からは滑らかな西風になり夕焼けリッジソアリングも出来たと思いますが、その時間からの登頂希望者はいらっしゃいませんでした。(待てなかった皆さん、ごめんなさい。)日中「そり」の雪よけを作りました。が、”いまいち”の効果だったので作り直します。
2009/2/2(月)
 希望的予想より一日遅れて冬型の気圧配置が緩み、曇りベースながら時折青空も見えるお天気になりました。適度な西風に恵まれて、何時までもリッジソアリングしていられるコンディションでした。(倒木処理やテイクオフの吹流しに詰まっていた氷を取り除いたりして、エリア整備もしました。)

山頂で道付けをしたりエリア整備に精を出していたものの、あまりにきれいな風に誘われて、つい飛び立ってしまいました・・・。


リッジソアリングしている内に、待望の青空になってくれました。

(真っ白い雪と青い空のコントラストはいつ見ても本当にきれいです。)

それでつい、ハッツキ山行って遊んだりしている内に夕方になってしまいました。

(泉先生は、この動かなくなった吹流しから氷を取り出したり、スノーモビルのお稽古をして徳を積みました。)
2009/2/1(日)
 冬型の気圧配置が一時的に強まりました。さすがの宇都宮も朝霧も北風で飛べず、十分一山でも断続的な雪降りの為フライトは見合わせました。(「そり」遊びやスノーモビル遊びをしたり、暖かいコーヒーを飲んだりして雪山を満喫しました。)