ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2008年11月分

2008/11/30(日)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会。プレゼントとつまみー品よろしくお願いします。ー
 午前3時頃に前線が通過、冬型の気圧配置となり上空には寒気が流れ込んできました。この為、荒れた西風が吹きつけて雪も少し降りました。クラブハウスでは静かにお茶飲み。(福島のJHF教員更新時講習会は無事に修了。泉先生、山同さん、お世話様でした。)
 明日には再び移動性高気圧に覆われ良いお天気になるでしょう。
2008/11/29(土)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 昨日の低気圧は東に去って行き、穏やかによく晴れた一日でした。初級者の高度処理の練習からパイロットのサーマルソアリングまで、楽しく飛べました!ボヤッキー高橋君はサーマルセンタリングして自力で初トップアウト。そのまま+200m上がって「世界が変わった」と感激。午後3時頃から、西から進んで来た低気圧に向かって吹く東風でエリアの中は荒れ風になり終了。今夜は前線が通過し、寒気も入ってくるため、明日は荒れた一日になりそうです・・・。

パイロットを追いかけてテイクオフする結花ちゃん。
雲ひとつないいいお天気で、気持ちよさそうにソアリングしていました。

桜井君のランディング。そろそろパイロット検定かな!?
2008/11/28(金)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 日本列島を挟むように2つの低気圧が北東に進み、広い範囲で雨降り。この雨で十分一山の残雪は随分溶けてくれました。明日は、日本海から接近してくる新たな低気圧の影響が出るまでは良いお天気になりそうです。スクールには泉先生と山同さんがスタンバイしてくれています。(金井は教員更新時講習会の講師で福島に行って来ます。)
2008/11/27(木)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 早くも移動性高気圧の中心は東海上に移動し、お天気は下り坂。本流は東風でしたが、強い逆転層に守られてエリアの中は静穏でした。昼から午後3時頃まで皆さん、気持ちよく「ぶっ飛び」を楽しみました。朝の内は放射霧が濃く、この間に大渡君はパイロット学科検定合格。午後からは3本深回りの練習をしてパイロット実技課程修了です。おめでとう。

深回りの360度旋回の練習に飛び立つ大渡君。

強い逆転層と長谷部さん。

朝霧で視界が開けない間は、学科検定。視界が開けても逆転層に守られて東風が吹き込まない間にテクニカル練習。と講習予約時のフライトプラン通りにうまくいった大渡君はパイロット課程修了です。

さすが神の倉大会優勝者です。おめでとう。
2008/11/26(水)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 移動性高気圧に覆われ、青空とサーマルに恵まれました。朝凪から河野さんはフライト開始、穏やかな大気の中でアクセルの練習やローリングの練習が3本出来ました。お昼頃からサーマルタイムが始まり、長谷部さんや山同さんは西風リッジ&サーマルソアリングを楽しんでいました。(午後1時頃にサーマルトップは海抜1,100m。0℃位ですが、真冬の装備をしないと凍えます。)
 午後7時から体育協会の理事会。

NP課程の河野さんテイクオフ!

何か冬のヨーロッパみたいな雰囲気ですね。

長谷部さんが上げているのを見て、皆川さんもスタート。

フロントの純も今日はリバースライズアップでした。ハーネスとワンピースが赤でばっちり合っていますね!

「今日のテイクオフ」

雲底はこの頃から上がり始め、午後1時過ぎに1,100m!寒っ・・・。暖かいワンピースと手袋は必需品です。

河野さんランディング。

ランディングゾーンの表面は比較的、乾いています!
2008/11/25(火)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 低気圧の影響で午前中まで雨降り。その後、徐々にお天気は回復してきたものの、雲底が十分一山より上がってようやく青空が見え始めた午後3時半頃には吹き下ろしが始まってしまいました。
 広島県の大会で大活躍した皆さんは夜明け頃に無事到着。お疲れ様でした。
2008/11/24(月)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 午前中は高気圧の圏内に入り、良いお天気と良い南風に恵まれました。朝の爽やかな風の中で皆さんリッジ&サーマルソアリングが楽しめました。午後からは本州の南岸を進む低気圧の影響で次第に曇ってきて北風に変わり、フライト終了。佐々木さんは午前中2本のフライトでタンデム講習合格、午後からはグランドハンドリング合格です。次回はいよいよ初ソロフライトに挑戦です!

佐藤さん発進!

(おろしたてのストレージバッグとカラーコーディネイトした?翼が美しいですね。奥で上げているのは「バイベータ3」。佐々木さんが手添え操縦でサーマルセンタリング中!)

「今日のテイクオフ」

(昨日作った滑走路は草が露出してきました。)

大島さんも気持ちよくソアリング!

(右旋回の日は写真が撮りにくいのですが、いつも撮り易い位置に回りこんでくれるのでパチリ!)

一番高く上げていた、多田隈さんランディング。

(ランディングは随分と乾いてきました。午後のグランドハンドリングでも問題なしです。)

北風になってからはテイクオフの後ろのベンチを片付けて車止めのポールを立てました。フライヤーの皆さんありがとうございました。

(皆川さんは、今日は掘削機を持って来てくれました!)
2008/11/23(日)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 冬型の気圧配置は緩んだものの気圧の谷の通過で昼過ぎまで雨降り。(お陰で登り道の雪は殆ど溶けてくれましたが・・・。)その後は徐々に雲がとれて時々は青空が見える様になってきました。はっきりと気圧の谷の影響がなくなるまで待ってからフライト開始。穏やかなフライトが楽しめました。(待てなかった皆さん、ごめんなさい。)

きれいな純白のテイクオフ。

(随分溶けてきたので明日には無くなってしまうかも知れませんが・・・。)

ランディングは雪が溶けてかなり濡れています。

(レスキューパラシュートやグライダーを濡らさないようにご注意下さい。明日はバックアップゾーンにブルーシートを敷きますが、デカバッグやストレージバッグをお忘れなく!)
2008/11/22(土)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 冬型の気圧配置と寒気の影響で雨雲が次々にやって来ていました。時々は晴れ間が見えるもののその間隔は短く、フライトは見合わせました。(山頂ログハウスの止水をしたりテイクオフを踏み固めたり準備は万端なのですが・・・。天候の回復を祈るばかりです。)
2008/11/21(金)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 冬型の気圧配置は一旦緩みましたが、西からの前線の影響で昼前から雨降りとなりました。朝の内はまだ良いお天気で、前線の影響が出るまでは・・・と思い登頂しましたが午前8時過ぎには既に山頂は強めの風が吹き込み始めていてフライトは見合わせました。(本当にギリギリアウト、でした。)その後、明日からのフライトに期待して十分一山登り道の倒木を処理しました。

テイクオフは雪化粧して華やかな雰囲気に変身していました。雪を踏み固めて滑走路も準備OK。(あとは、いいお天気といい風にさえなってくれれば・・・。)

昨日までの雪で枯木が道路に倒れていました。

(こんな光景も今までは、真冬の吹雪の後にしか見た事がないのですが・・・。とりあえず切れるだけ切って道の脇にどかしておいたので通行可能です。)
2008/11/20(木)ー12月6日(土)はクラブハウスで忘年会ー
 強い寒気に覆われた状態が続いています。十分一山界隈は今日も雪降りでした。紅葉の終わりと雪の降り始めが余りにもスパっと切り替わってしまいビックリしました。いつもはこんなではなかった様な気がして「これまでの十分一山日記」を見てみると、やはり例年ならば11月どころか12月になっても結構サーマルソアリングしていました!(早くこの雪が溶けて晩秋のソアリングが楽しめますように・・・。)

クラブハウスでも朝は10cm近い積雪がありました。すぐに溶けてしまうとは思いますが・・・。
2008/11/19(水)
 冬型の気圧配置が強まっています。この冬一番の強い寒気が流れ込んできました。そして、ついに雪降り・・・十分一山は初冠雪です。クラブハウスのモミジは今回の雪ですっかり落葉してしまいました。
2008/11/18(火)
 前線を伴った低気圧が午前中に通過、次第に冬型の気圧配置になってきました。その為、荒れた西風が強まり、寒い一日になりました。この風で落葉は更に進み、十分一山は寂しげな山容になってきました。(スクール1号車は、冬タイヤに履き替えました。)
 明日は更に冬型の気圧配置が強まり、大荒れのお天気になりそうです。
2008/11/17(月)
 低気圧の通過後、強い寒気が流れ込んで来ている為、大気の状態は不安定でした。それでもエリアの中は曇天ながら静穏で(時折パラつくにわか雨の時間を除けば)晩秋のフライトを楽しめました。

紅葉はそろそろ見納め・・・。今は日に日に落葉が進んでいます。十分一山の登り道は落ち葉が降り注ぎ絨毯を敷いたようになっていました。

「今日のランディング」
今年がんばって植えたイタリアンライグラスは常緑なので緑色に輝いて見えます。この時期になっても水溜りがない緑のランディングに降りられる幸せ!を実感しました。(来年は駐車場の水溜りもなくしたいものです。)
2008/11/16(日)
 本州を挟むように南と西から低気圧が進んで来ました。その為、朝から広い範囲で雨降り。スクールはクラブハウスでビデオを使った座学。学生連盟の新人戦は午前中で表彰式となりました。地元開催の大会という事で準備に運営に奮闘された実行委員長の鈴木君を始めYUPCの皆さん、お疲れ様でした。(一年生の皆さん、裏新人戦もお疲れ様でした。あのパフォーマンスを12/6の忘年会でまた見せて下さい。)

若狭さん、3位入賞おめでとう!
2008/11/15(土)
 高気圧の中心は東海上に移り、本流は東風ながら強い逆転層に守られたエリア内では午後2時過ぎまで静大気の中でフライト出来ました。新人戦には最適なコンディションの中で全選手がフライト出来ました。スクールの河野さんは「ピッチング」、高橋君は「耳降りローリング」の練習OKです。

ランディングが濃い霧に覆われている間に、暖かいテイクオフでブリーフィング。

B級技能証を取ってから間もない皆さんが今日は主役の新人戦スタートです。各大学の先輩方やOB・OGの皆さんもたくさん応援に集まって和やかに大会は進みました。

準備OK。.順番待ちでも余裕の(?)笑顔を見せてくれたのは、地元YUPCの菅原君と若狭さん。

(二人とも本当にギリギリにB級合格したばかりなのですが・・・健闘を祈る!)

YUPC荒井さんのテイクオフ。

(大歓声の中でも動じずにきちんと前傾して加速して行けました。)

NP課程の河野さんランディング。

ピッチングの練習をしてからのランディングアプローチはバッチリ!
2008/11/14(金)
 今日も秋晴れ!青空と穏やかなコンディションに恵まれました。強い逆転層が形成されている間は十分一山からテクニカル練習。午後からは斜面から発生するサーマルに期待して高ツムジ山からフライトしました。日中は渋いコンディションだったものの午後2時頃からイブニングサーマルが発生し始め、五十嵐さん、元沢さん、横尾さん等がソアリングを楽しんでいました。(サーマルトップは海抜1,100m位)
 この晴天と穏やかな西風が明日まで続いてくれる事を祈っています。(連日奮闘している菅原君はついに新人戦に参加出来る事になりました。明日、明後日ともスクールは泉先生がスタンバイしています。)

イブニングサーマルに期待して”風のグルメ”こと五十嵐さんが高ツムジ山からテイクオフ。

たっぷりソアリングを楽しんだ後、北風のランディングにアプローチしてくる横尾さん。

浅尾さんと遠藤さんは高ツムジ山初フライトでした。おめでとう!
2008/11/13(木)
 秋の移動性高気圧に覆われ、すばらしく穏やかな青空の一日でした。昨日からよく晴れていた為に今日も濃い放射霧が発生、視界が開けたお昼過ぎからフライト開始。B級課程の羽島さんはマイグライダー初飛びでした。おめでとう!先週から毎日皆勤賞の菅原君は午後から来て2本フライトOK。(新人戦出場資格まであと4本・・・。健闘を祈っています。)斎藤さんはランディングからパラモーターで飛び立って盆地フライトを楽しんでいました。(きれいな空撮写真を期待しています!)

きれいな雲海を暫く眺めているとランディングが見えてきました。
まだ遠くに見える雲海に向かって大渡君テイクオフ!

かわいいカラーオーダーのエレメントで高度処理の練習に励むのは羽島さん。

午後から体験フライトにお越しのお二人にも吹き降ろしの前に何とか空中散歩を楽しんで貰えました。

(奥地さん、サポートありがとう!)
2008/11/12(水)
 高気圧の中心は東海上に移り、本流は東風でした。東風ながら風が静かな午前中はクラブハウスでのんびり読学。逆転層がとれて本流がしっかり入ってきた午後からランディングでグランドハンドリング。奥地さんはスラローム合格です。おめでとう!

ゴールに向かって、奥地さん走る!

東風に向かって皆さんそれぞれの課題に熱心に取り組んでいました。
若見さんも久しぶりにいい汗をかいていました。

奥地さん、スラローム合格おめでとう!

軽量な方にはやや強めの風の中、繊細なコントロールで頑張りました!
2008/11/11(火)
 寒気の影響で寒くて雲が多い日になりました。放射冷却で冷え込み、しかも風が殆ど無い置賜盆地の中では朝霧が長く残り、お昼頃からフライト開始!のんびりと「ぶっ飛び」を楽しみました。菅原君は新人戦に向けてフロントライズアップの特訓です。泉先生は入念に練習機のフライトチェックと微調整をしていました。

強い逆転層の中に飛び出して行く横尾さん。

「エレメント」のフライトチェックに出発する泉先生。

カラーオーダーだけあって、かわいい機体に仕上がっていました。勿論、テストは合格!これからフライトするオーナーのハーネスと身長に合わせてブレークコードの微調整を行ないました。
2008/11/10(月)
 日中に弱い気圧の谷が通過していきました。その為、大気の状態は不安定で発達した雲があちこちに時折り雨を降らせていました。エリアの中でも昼頃と午後3時頃に弱い「にわか雨」になりましたが、雲と風の具合がいい時を選んでフライト出来ました。菅原君は朝一番からB級検定を開始して合格です。おめでとう。体験フライトにお越しの方にも上空からの紅葉狩りを楽しんで頂けました。

タンデム機テイクオフ。

時々は雲の合間から青空が出てくれて、きれいな晩秋の景色が楽しめました。

今日はご家族で体験タンデムにいらしてくれました。

(代表写真は、お母様のフライト。笑顔に目線に手の振り、完璧です。ありがとうございました。)

菅原君のランディング。

一番プレッシャーのかかる検定3本目。しかも雨で中断を挟んでのフライトでしたが、きちんと高度処理をしてくれました。

菅原君は今日のB級合格で週末の新人戦への参加がギリギリ間に合いました。そして、検定終了後は大学にとんぼ返りしてギリギリ午後の授業に間に合いました。(山同さん、大渡君の手厚いサポートのお陰です。ありがとうございました。)


((もしかして向かって左に写っている方は、昨日までアフロヘアーでした?))
2008/11/9(日)
 冬型の気圧配置は続いていますが、エリアの中には強い西風は入り込まずに穏やかな曇天の一日になりました。テクニカル練習には最適でスクールの皆さんは、たくさん練習出来ました。菅原君は今日も4本飛んでB級課程修了です。(「空」「YUPC」の皆さんにスクール車を回して頂きました。ありがとうございました。)スポーツオーパカイトの皆さん、エアウエイブ社とウインドテック社の試乗会に来てくれたパイロットの皆さんにも十分一山の穏やかフライトを楽しんで貰えました。

5分ずつのフライトで何本も飛べる「試乗会日和」の中で皆さん次々と飛び立って行きました。

試乗会は、やはりビュンビュン系の「ゼファー」と”超”優等生「スポルト4」に人気が集中。各サイズそれぞれの特長と乗り味で好評でした。

体験フライトでは空中記念写真もOK。

延沢さんと佐々木さんのタンデム機ランディング!

A級課程の佐々木さんは今日は旋回から高度処理、フルブレークまでの練習がタンデムマスターの手添えで2本出来ました。いい感じです。ソロフライト目指して頑張りましょう!(延沢さん、ありがとうございました。)

体験タンデムフライトにお越しの皆さんにも全員フライトを楽しんで貰えました。

(山口先生、ありがとうございました。)
2008/11/8(土)
 オホーツク海の低気圧は発達し、西高東低の冬型の気圧配置になりました。夜明け前から強い西風が吹き続け、フライト不可。スクールはクラブハウスでの学科講習2クラスとランディングでのミニパラを使ったグランドハンドリングの3クラス開講となりました。(山口先生、山同さん、多田隈さん、ありがとうございました。)

講習の後、YUPCの皆さんは来週に迫った新人戦の準備に励んでいました。

スポーツオーパカイトの皆さんも午後3時頃クラブハウスに到着。日本に着いたばかりの「クロスオーバー3」ハーネスのお披露目となりました。
2008/11/7(金)
 寒冷前線が西から接近、通過して行きました。前線の影響が出る前に!と体験タンデムフライトは午前9時にスタンバイ。曇りながらまだ穏やかな風の中でのフライトを楽しんで頂けました。フライト後、クラブハウスに戻ってコーヒーを飲み始めると雨と荒れ風が到着。
 明日は冬型の気圧配置となり西風が強くなりそうですが、スポーツオーパカイトの皆さんは予定通り来てくれるそうです。「ゼファー」や「スポルト4」の試乗会が出来る事を祈っています。

発達した雨雲の到着まではまだ少し距離がある、と雨雲レーダーを確認して霞の中へテイクオフ!

十分一山の紅葉を空から楽しんで貰えました。
2008/11/6(木)
 高気圧の中心は南海上に移り、お天気は下り坂ながらも穏やかで暖かな一日でした。青空の下、日射は充分で逆転層がいつ消滅してサーマルタイムになるのか、とパイロットの皆さんは虎視眈々とタイミングを計っては飛び立っていました。米沢の皆川さんが午後1時頃に上げ始めると午後3時頃まで穏やかなバブルサーマルの発生が続き、飯塚さんも海抜800m位まで上げて上空から紅葉狩りを楽しみました。B級課程の菅原君は午後から高度処理の練習フライトが3本出来ました。

これは使えるサーマルブローか?!

今日は泉先生がサーマルダミーに行きます!

皆川さんが上げ始めた!

(上層には既に絹層雲が広がり始めましたが、地表付近はこの頃から暖まり穏やかなサーマルとなりました。)

飯塚さんも愛妻弁当を食べてからテイクオフしてサーマルタイムに間に合いました。

YUPC菅原君ランディング。B級課程に必要な本数まであと4本!頑張ってB級に合格して再来週の新人戦に出場しましょう!

(午前の授業が終わってから12時44分赤湯着の電車でやって来て、ポンポンと3本練習フライトして、また16時48分発の電車で山形へ帰って行きました。フライト前後のミーティングは駅送迎のスクール車の中で!弾丸トラベラーか?!)
2008/11/5(水)
 高気圧に覆われ秋晴れ!気持ちのいい陽射しの中で穏やかにフライト開始。若狭さんは念願のB級検定合格、今日からB級課程の菅原君は朝から日没近くまで飛び続けてたくさん(6本!)高度処理の練習が出来ました。お昼過ぎには雲が発達してソアリングも楽しめました。

塚原さんのアプローチ。

十分一山は紅葉が見頃を迎えています。

パイロット課程修了間近の大渡君ランディング。

若狭さん、B級検定合格おめでとう。

夕焼け最終フライトの頃、ついにテイクオフ下の蜂の巣を駆除完了!
皆川さん、ありがとうございました!!
2008/11/4(火)
 西高東低の冬型の気圧配置となりました。寒気の流入もあって寒くて荒れた西風が吹き続け、冬の訪れが近い事を感じさせる一日でした。(但し、この冬型の気圧配置は長続きせずに明日には高気圧に覆われて穏やかな晴天になるでしょう。)
2008/11/3(月)
 またもや新たな前線を伴った低気圧が接近・・・。曇りで朝霧は発生しなかったのでフライトミーティング後は、すぐに登頂して久しぶりの阿部さんと新入校の佐々木さんのタンデム講習OK。予定通り(?)お昼頃から前線の影響で雨が降り始めてフライト終了。スクールはクラブハウスで学科講習となりました。

「ぶっ飛び」でも飛べるだけ今日は幸せ。前線の影響が出る前にどんどん行きます。

ハングパイロットの平井さんは初めてパラグライダーで山頂フライト!

勿論タンデムで、ですが360度フルオープンの楽しさ、ソフトなランディングの幸せに満面の笑顔を頂きました。
(尾崎機長はタンデムマスター初仕事でした!)
2008/11/2(日)
 新たな気圧の谷が西から接近して来ました。今日も気圧の谷の影響が出るまでがフライトタイム!と、ピンクカップの運営にも”巻き”が入っていました。雲の発達や周囲の風の変化に注意しながら、お昼過ぎまでフライト。その後はやはり荒れ風となりエリアクローズとなりました。夕方から山頂ログハウスでピンクカップの表彰式。

(左)雲海がゆっくりと消えてゆく光景は何回見てもきれいですね。

(右)視界が開ければ即、競技開始!昨日同様さっさと飛び出して上位を狙う鈴木君。

(左)山形のきれいどころがテイクオフに集合。(選手と大会スタッフとスクールから見学に来たお二人。)

(右)その頃、「空」の皆川さんと泉先生はテイクオフ下の蜂の巣駆除に取り組んでいました。ありがとうございました。

(左)怪しい雲が近づいて来たぞー!

(右)山頂ログハウスで表彰式。ピンクカップは今年も全員無事に終了。選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
2008/11/1(土)
 早朝に気圧の谷が通過し西高東低の冬型の気圧配置になりました。北西風が強まる兆しの中で、ピンクカップに参加の皆さんはゲートオープンとともに雨上がりの凪の中に次々と飛び立って行きました。その後、徐々にソアラブルなコンディションになり雲底も海抜1,200mを越えるコンディションになりましたが、午後2時頃にはサーマルと北西風が強まり、残念ながら数人の選手を残してゲートクローズとなりました。(フリーフライトにお越しの矢沢さんは、お昼頃の丁度いい時間帯に快適なソアリングを楽しんでいました。)

昨夜からの雨が上がってくれた!朝日が眩しいランディングで開会式。

朝凪の穏やかな内に出てターゲット得点に勝負を賭ける作戦!のYUPC奥地部長。

サーマルタイムにフライトタイムとパイロン得点を稼ごうとややバンピーなコンディションの中で一生懸命にソアリングする選手の皆さん。