ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2008年10月分

2008/10/31(金)
 日本列島を挟むように接近してくる低気圧や前線の影響でお天気は早くも下り坂・・・。微風曇天の中、皆さんのんびり飛んでいました。鈴木さんは小型軽量デジカメをキャノピーに貼り付けて空撮に励んでいました。
 明日からのピンクカップに向けて選手や実行委員の皆さんが次々に現地入りして来ています。どうか良いコンディションに恵まれますように!

微風でも塚原さん元気にテイクオフ!

鏡の様な白竜湖と横尾さんとスポルト4
2008/10/30(木)
 上空の寒気の影響で荒れ風でした。朝凪はあったものの午前11時頃から息つきの大きい西風になりフライトは見合わせました。(クラブハウスでお茶飲みしながら風待ちをしていましたが結局、夕方になっても治まりませんでした。)
2008/10/29(水)
 気圧の谷が通過、ほぼ終日雨降りとなりました。秋が深まり、一雨ごとに冬が近づいているような感じがします。(紅葉はまだまだ色を変えて見せてくれそうです。この次の晴れた西風の日には是非、ハッツキ山でソアリングしながら紅葉狩りを楽しみたいものです。)
2008/10/28(火)
 冷たい空気の流入が続き、今日も大気の状態は不安定で朝から雨が降ったり止んだりの一日でした。レーダーで雨雲の合間を予想して登頂、いい調子でソアリングをしているとまたもや雨雲が発達してきて雨降り・・・急いでトップランしてフライト終了となりました。(機体は山頂ログハウスでしっかり乾かしました。その間、明日からの晴天を祈念してテイクオフの草刈をしておきました。)

雨上がりの空に飛び出してして横尾さん。

この頃には推測通り、雲底は低くても幸せなフライトだったのですが・・・

次のフライトで調子よくソアリングし始めると雨降り・・・・。

おまけにカメラがフリーズしてしまい、電池を差し替えたり、日付を入れ直したりしている内にキャノピーはどんどん濡れてしまうし・・・EDEN3、ゴメン。

この後、丁寧に山頂ログハウスで乾かしてからパッキングしました。カメラは防水・耐衝撃の物にします・・・。

「今日のテイクオフ」

紅葉が始まり日に日に色づいています。復活したカメラには、ぼけた雨粒と避難して行くフライヤーが写っていました・・・。
2008/10/27(月)
 前線面は東海上に抜けて行きましたが、その後に入って来た寒気の影響で大気は不安定でした。朝、強風が吹き込む前にフライト開始。千葉の宮崎さんらがソアリングを楽しみましたが、やはりややゴツゴツした風が所々で吹いていてスクールフライトは見合わせました。午後からはやはり強風が盆地の底まで吹き込んで来てフライト終了。クラブハウスで学科講習となりました。

宮崎さんランディング。
今日はトップアウトして国道の方まで足を伸ばしていました。

学科講習はコーヒーを飲みながらのんびり、しっかり!
2008/10/26(日)
 北海道に中心を持つ低気圧から伸びる寒冷前線が接近して来ました。その為、朝の内は逆転層に守られて静穏なエリア内にも西から雨雲と強い北西風が徐々に近づいて来ました。雨雲レーダーや目視できる雲、風の変化などに注意を払いながらもお昼過ぎまでフライトOK。スクールも2本ずつフライト出来ました。

慎重な多田隈さんも雲の様子とフライヤーの飛びを確認して、テイクオフ。

(やはり、お休みの日には飛びに来ないと・・・「パラリーマン」の鑑ですね!))

山同さんは昨日に引き続き、ポットハーネスのお稽古。最近のポットは安定していて乗り易いのでいい感じにもう慣れてしまったようですね。(今度はフットバー無しのハーネスで飛ぶのが恐くなるかも・・・。)

体験タンデムフライトの後には久しぶりの太田さんの復習タンデム講習も出来ました。(山口先生、ありがとうございました。)

千葉からお越しのスカイエンジェルの宮崎さんにも体験フライトにお越しのお二人にも十分一山を楽しんで貰えたので祝・初十分一山記念撮影、となりました。
2008/10/25(土)
 朝から昼過ぎまで前線通過後の寒気の影響を感じさせる雲の下でやや荒れた西風が吹いていました。(その間、クラブハウスでは、スクール生は学科講習、パイロットの皆さんはのんびりお茶飲み。)その後、青空の領域が増えながら徐々に穏やかな風になってきました。北西風の為、高ツムジ山からテイクオフすると力強いリフトはあるもののまだゴツゴツした風なのでパイロットのみフライト。その後、午後3時半頃から夕凪が訪れてくれて十分一山からフライト開始。スクールフライトも出来ました。井川さんはA級合格です。おめでとう。

岩手からお越しの七時雨PGSの皆さんが見守る中、午後2時過ぎに山口先生がダミーに出てくれました。
あちこち動き回ってたっぷり飛んだ後は、高ツムジテイクオフにトップランディング!お疲れ様でした。

スクールの初級クラスは夕凪になってからフライト。(日没に間に合って良かった。)

井川さんは、ハッツキ山からの吹き降ろしの風にきちんと対応して降りてくれました。

井川さん、A級合格おめでとう。

午後5時半なのに外は真っ暗・・・なのでクラブハウスでデブリーフィングの後にお祝い。秋の日はつるべ落とし、ですね。
2008/10/24(金)
 2つの低気圧が日本列島を挟む様に東進し、広い範囲で大荒れのお天気となりました。置賜盆地の中は比較的穏やかな雨降りで、クラブハウスにはフライヤーが入れ替わりお茶飲みに来てくれました。駐機場に紫外線と熱対策を施しました。(これで駐機している方のグライダーの経年劣化が少しでも小さくなると良いのですが・・・。)
2008/10/23(木)
 西から前線を伴った低気圧が近づいて来ています。その為、東風が強く雲量が多い一日となりました。お陰で心穏やかにエリア整備と事務仕事が出来ました。明日にはこの低気圧が通過、久しぶりに雨降りとなるでしょう。
2008/10/22(水)
 移動性高気圧の中心はやや北を通り、本流は北東風。置賜盆地の地表付近は今日も強く逆転していて、エリアの中は穏やかなのでのんびりとフライトOK。フライトシステムの五十嵐さんらパラモーターのパイロットの方も盆地の中をゆったりと周遊していました。

ベテランの五十嵐さんが久しぶりに南陽へ飛びに来てくれました。

(最近のモーターユニットは本当に静かで燃費もいいです。余裕で置賜盆地を一周して来ました。)

練習機「エレメント」のフライトチェック。

上限で乗ってもいい感じです。楽しくて思わずセンタリングしてしまいました。これなら誰もが安心してどんどん練習出来ると改めて思いました。

いつもしっかり確実な進入の木綿君ランディング。

東京の栗原さん、仙台の若見さん、山形の栄城さんが久しぶりにエリアで合流。集まって楽しそうに飛んではおしゃべりしていました。同窓会みたいですね!(3人は2000年から飛び始めた同期生なのです。)
2008/10/21(火)
 西から秋の移動性高気圧に覆われてきました。良いお天気で朝から気持ちよくフライトOK。お二人の方に体験フライトを楽しんでもらった後、お昼頃から本流の西風が入り始め逆転層も取れてきました。サーマルもゴツンとしたパンチの効いたサーマルが発生しパイロットの皆さんはソアリング開始!その後、午後2時頃からは西風が強まりフライトは見合わせました。

力強いサーマルブローが入ってきた!山同さんテイクオフ!

タンデム機も今日はちょっとだけソアリング。

仙台の若美さんが、久しぶりに休みを取って飛びに来てくれました。
穏やかな間に3本練習OK。アクセルの練習もバッチリです。明日はきっともっと良い飛びが出来る事でしょう。
2008/10/20(月)
 北にある高気圧の圏内にまだ入っていて良いお天気ながら本流は北東風。朝の凪からお昼過ぎまでフライトを楽しめました。その後は、やや積雲が発達し過ぎてきたのでフライトは見合わせました。

真っ白い置賜盆地に飛び出して行くタンデム機「BI−GOLDEN」。

強い逆転層が形成されて野焼きの煙が上に上がれず逆転層の中に充満していたような朝でした。放射霧とはまた違ったタッチの白さでこれはこれで面白いのですが・・・。
2008/10/19(日)
 高気圧の中心は北海道の東沖に移りながらも依然勢力は強く、良いお天気と東風強風をもたらしました。クラブハウスではA・B級クラスとP・XCクラスの2クラスに分かれて学科講習。(米沢の河川敷でもミニパラを使っても強いくらいの東風が吹いていました。)

A・B級クラスは、今日は女の子ばっかり・・・。熱心にノートに書き取る姿に泉先生も何か嬉しそうです。新しい教本の完成が遅れてしまっていて申し訳ないのですが、その分メモを取ったり質疑応答は活発になっているようで 、これもいいかな、と思ってしまいました。

(15年前には教本なんて立派なものはなかったんですから・・・。)
2008/10/18(土)
 引き続き広く高気圧に覆われ、穏やかな秋晴れに恵まれました。昨日からの晴天の為、朝は濃い放射霧に覆われていましたが午前10時過ぎに一気に消滅。皆さんテクニカル課目の練習に次々と飛び立って行きました。午後1時半頃からサーマルが立ち上がり(雲底は海抜1,400m!)パイロットの皆さんや田崎君等を盆地半周に連れて行ってくれました。午後3時頃からは本流の東風が支配的になり、ランディングでグランドハンドリングの練習となりました。

”アーベンター佐藤”が皆さんの期待を一心に受けてテイクオフ。

(東風がテイクオフに入ってきて暫くして、夕方のサーマルのようなタッチの風に変わり、クロスカントリーパイロット課程の佐藤さんがダミーに出てくれたのでした。)

NP課程の丹野君はテイクオフ前のサーマルを拾い続けてソアリングタイムを稼ぎました。

(一緒にセンタリングしているのは山同さん。)

奥野さんランディング。

もう冬の装備が始まりました。今日は上空でちょうどいい装備にすると、ランディングでは暑い位でした。

夕方のランディングはグランドハンドリングに最適なとても安定した東風となりました。
2008/10/17(金)
 高気圧の中心は東海上に移り、本流は東風ながら強い接地逆転層に守られて凪が昼過ぎまで続きました。お昼前までのフライトの為に昨日から泊り込んでいた山同さんもフライト出来ました。他の皆さんも2本ずつフライトを楽しんだ所で東風が支配的になりフライト終了。

逆転層に向かって、秋田の進藤さんテイクオフ。

八郷帰りの塚原さん、ランディング。

デブリーフィング(フライト後に行なう、そのフライトのまとめと次のフライトに対するミーティング)中の栗原さんと泉先生。

(パイロットに必要なフライトをマネージメントする力について熱く語る泉先生でした。パイロットの皆さん、お待たせしました。が、これもこれから栗原さんが巣立って行くのに必要な事ばかり・・・・頑張れ栗原さん!)

フライト後、「パルサー」にピンホールが開いている事を発見。

(イナゴによるものと思われます。すぐにリペアのパッチを当てましたが・・・・皆さん、今の季節のイナゴは一年で一番凶暴です。お気を付け下さい。)
2008/10/16(木)
 広く高気圧に覆われ、穏やかな秋晴れに恵まれました。朝凪を過ぎて逆転層が消滅したお昼頃からサーマルが出始めバブルサーマルをうまく掴んだパイロットは海抜800m位まで上げていました。午後3時過ぎからはアーベントサーマル!穏やかに何処へ行っても上がる様なコンディションが続き、進藤さんや栗原さんは長時間フライトを楽しんでいました。

今日も大渡君の日。一番にテイクオフ。

浮き浮き栗原さんは今日もご機嫌でソアリングを楽しみました。
2008/10/15(水)
 本州の南岸を前線を伴った低気圧が進んで来ました。その影響で荒れ風や雨が心配されていたのですがエリアの中は静穏で体験にお越しの方々には楽しくタンデムフライトして行って頂けました。午後からはYUPCの皆さんが弘前の鰐カップから帰って来て、そのまま初級クラスの学科講習となりました。

逆転層の置賜盆地にタンデム機スタート。

稲刈りは既に9割方終了しています。いよいよクロカンシーズンの幕開け!!

山形のフリーペーパー「gatta !」 のプレゼントで当たったお二人。

静大気なのでソアリングは出来ませんでしたがピッチングやローリングをちょっと味わってからふわっと着陸。まずは喜んで頂けて何よりでした。

YUPCの皆さんがまた賞状を持って来てくれました。

おめでとう。
2008/10/14(火)
 秋の移動性高気圧は早くも東海上に移り、西の高気圧との間の気圧の谷に入りました。また本州の南岸を低気圧が東進して来て、曇りで東風となりました。朝霧が消えて穏やかな間にテクニカル練習3本OK。その後、午後2時頃からは東風が支配的になりフライト終了。

大渡君はバラストを積んでの飛行練習。5kg程積んだらビシッと快適に飛べました。

今日でテクニカル練習は殆ど終わって、後はソアリング系課目を満たせばパイロット課程修了です。

最強のソアリングマシーン「スポルト4」にも慣れてきて 最近絶好調の横尾さんは逆に久しぶりの「ぶっ飛び」を楽しみました。

3本目はターゲットオンでした。
2008/10/13(月)
 広く高気圧に覆われて秋晴れ!穏やかな大気の中で初級・中級クラスは、たくさんテクニカル練習が出来ました。菅原君、加賀谷君は5本飛んでA級合格です。逆転層が消えてきたお昼頃からは南斜面のサーマルが立ち上がり、海抜1,000mまで大勢のフライヤーを連れて行ってくれました。午後2時半頃から西風とサーマルのコンバージェンスに乗って夕方のサーマルのようなソアリング、西風が支配的になってからはハッツキ山リッジソアリングが日没まで楽しめました。眞下君はNP実技検定合格です。おめでとうございます。NP課程の結城さんは初ハッツキ山トランジット。パイロット課程の田崎君はサーマルとハッツキ山リッジで2時間フライトタイムを稼ぎました。

朝の1本目NP検定の練習フライトをして着陸の眞下君。

この後、検定開始。途中でサーマルがあったりシンクがあったりでしたがトータルでまとめてくれました。合格おめでとう!

昼のサーマルソアリングを楽しんでから着陸の五十嵐さん。

スクール車を回して頂いたり、テイクオフディレクターをして頂いたり、ありがとうございました。

(今日はよく乾いていて日中もブルーサーマル。積雲は出来ませんでした。)

NP課程に進級した河野さんの今日最後のランディング。

今日はピッチングの練習がたっぷり出来ました。


(夕方、影の伸び具合が秋を感じさせますね。)
2008/10/12(日)
 前線通過後、まだ気圧の傾きは大きく西風が吹き抜けていました。午前中はレスキューパラシュートの講習、午後はランディングでグランドハンドリングを頑張りました。夕方から風力が落ち始めてパイロットの皆さんが飛んでくれましたが、あまり楽しそうな風ではなくスクールフライトは見合わせました。

実際のレスキューパラシュートをリパックしながら構造とシステム全体を点検する必要性などを理解してもらえたと思います。
風が強い日にはこんな学科講習も大切。

パラグライダーのダミーに出てくれたのは大島さん。
その後、何人か飛んでくれましたが・・・やはり寒気の影響が残っているのか荒れ風でした。
2008/10/11(土)
 寒冷前線が前線が通過して行きました。典型的な荒れ風に時々雨がぱらついてフライト不可。午前中はテイクオフ整備。(「空」の大島さんやYUPCの皆さんありがとうございました。)クラブハウスではのんびりと秋刀魚パーティになりました。奥野さん、結城さんらのお陰でとても美味しい刺身と炭火焼が食べられました。
2008/10/10(金)
 前線が日本海から接近中ながら日中のエリア内は穏やかな晴天に恵まれました。午前10時過ぎに朝霧が晴れたら即フライトOK。強い逆転層の中で、大渡君と浅尾さんは片翼潰しや耳降りローリング、丹野君はピッチングなどテクニカル課題がどんどん進みました。鳥谷部君は初ソロフライトから5本飛んでA級合格!おめでとうございます。お昼は、平日組みの「いも煮」!泉先生ご馳走様でした。

今日朝一番に逆転層の中に飛び出して行くのは、浅尾さん。5本テクニカル練習が進みました。

耳降りローリングを練習する大渡君。すべてのフライトがいい感じでまとまってきました。

鳥谷部君は初ソロフライトから順調に5本フライトOK。しっかり離着陸をこなしてA級合格!

いただきまーす!

泉先生、今日も美味しい「いも煮」をご馳走様でした。
2008/10/9(木)
 本流は東風。今日は一日中、駐機場で整理をしていました。
 駐機場に入れてある物資は、どうやってみても収容能力を超えていました。ここは心を鬼にして過去の使わない機材を処分するしかない、と決意してハーネス、レスキューパラシュートなどを全てチェックして廃棄しました。(処理場で計ったら280kgありました・・・。)
2008/10/8(水)
 今日も東風。駐機場の整理を始めました。それにしてもすごい量のグライダーやハーネス等が溜まってしまったものです。そろそろ収納の仕方ではなくて処分を考えなくてはならないようです・・・。
2008/10/7(火)
 日本海には弱い気圧の谷があって発達した積雲が重なり合い、すっきりしないお天気でした。午後から徐々におどろおどろしい雲は少なくなってきて、ぶっ飛びは出来たとは思いますが・・・。待てなかった皆さん、ごめんなさい。
2008/10/6(月)
 低気圧が三陸沖まで進んで来ました。朝から一日雨降り。気温も低く、ひと雨ごとに秋が深まってくるような感じがします。泉先生はいも煮会の後片付けや事務仕事に精を出していました。
2008/10/5(日)
 本州の南岸を低気圧が近づいて来た為、東風で雲量が多い日でした。スクールはランディングに移動してグランドハンドリングに励みました。スラロームやトーイングなど色々なテーマにそれぞれが楽しく取り組んでいました。お昼は、「いも煮」をランディングで美味しく頂きました。

今日は木綿君が「エルース2」でエリアで一番最初に飛んでくれました。が、東風の影響であまり楽しいフライトは出来なそうなのでスクールフライトは見合わせました。

安定した東風にあわせて皆さん、それぞれの課題でグランドハンドリングに励みました。


マンパワートーイングも大人気!回を重ねる毎にトーイングのスキルがあがってうまく飛ぶようになってきました。これも広いランディングに素直な風が入ってきてくれるお陰です。

写真の結城さんもトーイング初飛び!これでYUTC入りか?

ランディングで「いも煮会」

いいですねぇ。体が温まりました。泉先生ありがとうございました。
2008/10/4(土)
 西から前線が接近、通過して行きました。その影響で午前中から風向・風速ともに安定せず、スクールフライトは見合わせました。午後からはランディングでグランドハンドリング。午後4時頃からは雨が降り始めました。夜はクラブハウスで「いも煮会」の前夜祭(?!)

みんなの期待を背負って杉本君テイクオフ。

ちゃんと風に会わせてくれましたがやはり荒れ気味のコンディションでした。ウインドダミーお疲れ様でした。

ランディングでは、吾妻さんがレスキューパラシュートの開傘練習。

リパック前に是非どうぞ。

ランディングでは久しぶりにグランドハンドリング。スクール生もパイロットもいい汗を流しました。

クラブハウスには懐かしい顔が集まって乾杯!

YUPC結成18年の歴史を感じます。
2008/10/3(金)
 移動性高気圧の中心は三陸沖に移りましたが、爽やかな秋晴れに恵まれました。朝の冷え込みで強い接地逆転層が形成されていましたが、徐々に南斜面から温まり始め、皆さん自分の信じるサーマルブローで飛び立ってはフライトを楽しんでいました。(金井は隣組の仕事やパラワールド原稿など浮世の義理を果たしながら皆さんの飛びを涎をたらしながら見ていました。明日からは飛びます!一緒に飲みます!)

まだ逆転層が残る置賜盆地に山同さんテイクオフ!

”浮き浮き”田崎君と”お気楽フライト”の皆川さん。
さすがにお二人とも良く浮きます!

右前方のバブルサーマル目掛けて横尾さん、発進!

(世界で絶賛されているキャノピー内部のX補強((SSSシステム))が良く見えますね!。)
2008/10/2(木)
 西から秋の移動性高気圧に覆われ始め、本流は北西風がやや強めながら、置賜盆地の中は穏やかでした。朝の内はテクニカル練習、午後からは力強いサーマルソアリングが出来ました。ややゴツゴツした風になってからはテイクオフ整備(下の方の風倒木処理)で徳を積んでいると午後4時頃からきれいな夕方のサーマルタイムになり夕焼けフライトが楽しめました。皆川さん、大渡君、浅尾さんありがとうございました。

ようやく「エルース2」が試乗出来ました。凪、サーマル、夕方の渋いサーマルと飛ばさせてもらって雰囲気は分かってきました。

(SOL社のスポーツグライダー「エルース2」75kg〜95kgはあと少しお借りしています。試乗希望の方は金井まで)

サーマルで楽しく飛ばせてもらっている置賜盆地では、稲刈りが始まりました!もうすぐ待望のクロカンシーズンの到来です。

徳を積んだ後、きれいな夕方の上昇気流が発生してくれました。日中には耳折ローリングして雲の吸い上げから離脱してきた皆川さんにもサンセットフライトを楽しんで頂けました。
2008/10/1(水)
 今日も高気圧の圏内に入り、きれいな青空の下でフライト出来ました。大気の状態は適当に不安定で午前11時過ぎに朝霧が消えたらすぐにサーマルが立ち上がり始めました。連日トレーニングに励んでいる大渡君は今日はタイミングバッチリ、サーマルトップまで上げ切って悠々と1時間位フライトタイムを稼ぎました。午後から移動して来た赤岩の皆さんも何とかサーマルタイムに間に合いました。

大渡君は随分とイプシロンに慣れてきました。

(何回も上げ返して、ギャラリーにもうけていました。)

昼下がりからはコンバージェンスラインが形成され積雲が発達してきました。発達し過ぎる前にランディングする赤岩の三浦さん。

(グライダーとハーネス、ヘルメット、フライトスーツがカラーコーディネイトされていて、とてもカッコ良かったです。やはり、お洒落な方はフライトもお洒落なんですね!)