ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2007年11月分

2007/11/30(金) −明日は忘年会!プレゼントと一品をお忘れなく!-
 抜けるような青空が広がり、穏やかで暖かな一日でした。小さな低気圧が日本海から接近中の為、本流は東風ながらエリアの中には吹き込まず、夕方までフライト出来ました。杉本君は両翼端潰しOKです。小さなブローを上手く捕まえたパイロットの皆さんはサーマルソアリングを楽しんでいました。

杉本君テイクオフ。最近はライズアップも安定してきて、安心して見ていられるようになりました。

金井も「バズZ」で飛ばせて貰いました。

(後ろに見える蔵王スキー場はもう真っ白です。でも里はまだ秋・・・かな。)

今日のランディング。殆どの場所が、ほぼ乾いていました。

(影の長さはやはり冬至が近い事を感じさせますねー。)

飛び終わって十分一山に登ってくると、もう夕焼け!

(あーした天気になぁーれ、です。)

2007/11/29(木) −忘年会まであと2日!お酒等のリクエスト、参加の確認は金井までお願いします。プレゼントと一品をお忘れなく!-
 まだ高気圧の圏内で穏やかに晴れてくれました。朝は、キーンと冷えた空気の中を高ツムジ山からフライト。日中は、初冬らしくどこか寂しげなお日様が南斜面を少し暖めてくれたので十分一山からのフライトでした。お昼は龍上海の辛みそラーメンで体を温めました。クラブハウスに戻ってからはハーネス研究会。

奥野さんが時間をつくって飛びに来てくれました。

(とりあえず、押さえの1本に逆転層の中へ飛び出して行きました。)

若見さんが新しい愛機「NK1」でかっこよく飛んで来ました。

(ランディングは今年植えた牧草が根付いた所は緑できれいです。)

若見さんは意外にも高ツムジ山初フライトでした。おめでとう。

(次回はいよいよNP実技検定ですね!)
2007/11/28(水) −忘年会まであと3日!お酒等のリクエスト、参加の確認は金井までお願いします。プレゼントと一品をお忘れなく!-
 高気圧が張り出し、徐々に青空になってくれましたが日中はまだ西風が強くフライト不可。午後3時頃から風力が落ち始めフライト開始。西風を考慮して高ツムジ山からテイクオフしてハッツキ山で日没まで楽しくフライト出来ました。(夕凪まで待てなかった皆さん、ごめんなさい。)

柔らかい上昇気流の中で夕焼けフライトが楽しめました。

いつまでも飛んでいたいようなきれいな風でしたが、上空ではまだ明るくても地上は・・・日没です。空に出るのはまた今度、ランディングに向かいます。
2007/11/27(火) −忘年会まであと4日!お酒等のリクエスト、参加の確認は金井までお願いします。プレゼントと一品をお忘れなく!-
 夜中に前線通過、西高東低の冬型の気圧配置となりました。雨は止みましたが西風強風でフライト不可。クラブハウスにはフライヤーがのんびりとお茶のみに来てくれました。
2007/11/26(月) −忘年会まであと5日!お酒等のリクエスト、参加の確認は金井までお願いします。プレゼントと一品をお忘れなく!-
 昨日に引き続き高気圧の圏内でよいお天気の朝でした。(放射霧は午前10時過ぎには晴れました。)テイクオフには朝から気持ちのいい南風が吹き込み爽やかなフライトが楽しめました。午後1時頃からは日本海から接近して来る寒冷前線の影響を感じさせるような雲が出来始め、風のタッチも変わってきたところでフライト終了。夜には雨となりました。

五箇さんテイクオフ。

(何か昨日の秋から一気に冬に切り替わったかの様なお日様の光り方でした。)
2007/11/25(日) −忘年会まであと6日!お酒等の用意をします。参加の方は金井までお知らせ下さい。-
 高気圧に広く覆われて、終日青空!ポカポカと心地良い陽射しが降り注いでいました。本流は弱く、テクニカル練習には最適でピッチング・ローリング・片翼潰しなどの練習がたっぷり出来ました。NP課程の杉本君らは5本OK。吾妻さんと小関さんはB級課程修了です。交替でスクール車を回してくれたパイロットの皆さん、ありがとうございました。いいタイミングを計って出た方はソアリングもOK。晩秋の"か細い"バブルサーマルをうまく捕らえて楽しそうに飛んでいました。

昨日からクラブハウス入りして満を持していた奥野さんテイクオフ。いい時間帯に飛んだ後はスクール車を回してくれました。いつもありがとうございます。

(季節はずれの雪と遊んだ2日間は何処へやら・・・テイクオフの雪はきれいにとけてなくなり、もう乾いています。)

3連休を利用して東京から来てくれた藤井さんがソアリングしている!後輩たちが見つめる中(?)一日楽しんで貰えました。

(後輩にあたる大島君や栄城君や山口君や中村君も各地から集まってくれて、何のかんのと言いながらも一緒に飛んだり、スクール車を回してくれました。ありがとう!)

小関さんは、随分と高度処理が安定してきました。軽ーいピッチングとローリングをやって、B級課程修了。

(NP課程でビシビシやります。ご期待下さい。)

今日B級課程を修了したお二人。おめでとうございます。

(来週の土曜日は、B級検定に合格してから忘年会!となりますように。)
2007/11/24(土) −忘年会まであと7日!お酒等の用意をします。参加の方は金井までお知らせ下さい。-
 小さな低気圧が日本海から接近して通過して行きました。その為、朝の内は良いお天気で昼過ぎまで穏やかにフライト出来ましたが、雨雲の接近とともに徐々に雲量が増えてきて午後2時半頃から雨降りとなりました。
 この雨で早過ぎた雪はとけて無くなりそうです。明日は移動性高気圧に覆われて良いお天気に恵まれるでしょう。


「今日のテイクオフ」は、朝から昼過ぎまでの3本。
朝から少しずつ空のタッチが変わっていくのが分かります。雨雲レーダーをチェックしながら余裕を持ってフライト終了。クラブハウスで機体をゆっくり畳んで、お茶飲みしてから下山を始めると、ちょうど雨雲本体が到着して雨が降り始めました。結城さんはマイグライダーが戻って来てから「初飛び」!おめでとう。
2007/11/23(金) −忘年会まであと8日!お酒等の用意をします。参加の方は金井までお知らせ下さい。-
 徐々に高気圧の圏内に入ってきましたが、雲量は多く、雲底は低く、テイクオフが見えたり隠れたりしていました。それでもフライヤーは元気一杯、雪景色の中へ飛び立ってゆきました。(十分一山登り道は4WD車にスタッドレスタイヤなら全く問題ないです。テイクオフは圧雪、ランディングは湿雪状態でした。)体験タンデムフライトも一日たっぷりと楽しんで貰えました。夜はクラブハウスで乾杯!

ガスがかかるとこんな感じ。でも風はいいので準備開始!

(バラクラバが暖かくて好評です。)

視界が開けたら即、テイクオフ!

体験タンデムも少しだけソアリング・・・。(大島君ありがとう。)全員雲底まで行きましたが、とにかく雲底が低かった。これより上げると雲に入ってしまいます。

今日は仕事だった皆さんも夜にはクラブハウスに集まって、来週の忘年会の練習?!すき焼きにお酒が美味しく話が弾みました。(山家さん初フライトおめでとう!幸恵ちゃん毎日夜遅くまでお疲れ様!)

2007/11/22(木) −忘年会まであと9日!お酒等の用意をします。参加の方は金井までお知らせ下さい。-
 今日も冬型の気圧配置が続いています。暖かいクラブハウスから外を眺めると西風に雪が舞い、真冬の様な景色でした。ブランコにも10cm位雪が積もりましたが、明日からは徐々に寒気は遠のき、気温も上がってくれるでしょう。ハッツキ山リッジソアリングに期待、です。
2007/11/21(水) −忘年会まであと10日ー
 西高東低の典型的な冬型の気圧配置となりました。盆地の底に位置する赤湯界隈は気圧の傾きの割には穏やかでしたが雨時々雪降りでした。クラブハウスではハーネスセッティングや色々な用具の研究会がたっぷり出来ました。
2007/11/20(火) −忘年会まであと11日ー
 前線が通過して行きました。午前中は良いお天気ながら濃い霧に覆われ、午後2時頃からはやはり荒れ風と雨降りになりました。そろそろ凍結が心配なので山頂ログハウスのトイレなどを止水しました。明日からまた冬型の気圧配置になりそうです。クラブハウスを暖かくしておきます。
2007/11/19(月) −忘年会まであと12日ー
 冬型の気圧配置は少し緩み、日中は日が差してくれました。(十分一山の登り道の雪はすっかりとけてしまいました!)エリアの中には南西風が適度に吹き込みフライトには問題ありませんでした。(ハンググライダーは飛んでいましたが、寒さのせいか雪どけの泥が嫌われたのか、パラグライダーのフライト希望者はありませんでした。)
2007/11/18(日) −忘年会まであと13日ー
 寒冷前線が通過、強い冬型の気圧配置となりました。日中は雨降りでしたが夜から雪!クラブハウスでは初冠雪です。予報どおりの展開に皆さん余裕のお茶のみでした。(アキュラシー大会のビデオ、ベトナムツアーのDVDその他、「鷹と飛ぶ」など新作DVDが幾つか入っています。)

飛んだ後は温泉に入って乾杯!が最高ですね。(写真は昨日の沙扇)

(東京の栗原さんは弾けるような笑顔で 「空」会長・副会長らとともに楽しく語りながら夜は更けてゆきました。今日はゆっくりと新幹線でお帰りです。)
2007/11/17(土) −忘年会まであと14日ー
 移動性高気圧に覆われ、すばらしい青空に恵まれました。朝霧が消えた午前9時頃から南風が適度に入り、飛びやすいコンディションが続きました。佐々木君は初ソロフライトが落ち着いて出来ました。午前11時頃からサーマルタイムが始まりパイロットもスクール生も一緒に大勢のフライヤーが十分一山を基点にソアリングを楽しんみました。サーマルトップは午後1時頃に更科さんや衣袋さんらが海抜1,350m位に達しましたが、その後は東風が入り始めてサーマルブローで細井さんや大渡君が上げていましたが、あまり楽しそうな風ではないので早めにフライト終了。夜は沙扇で乾杯。

今日も朝一番に飛び出して行くパイロットの佐藤さん。

(さすが2006年「スクール生の鑑」賞受賞者です。クロカン課程に進んでもテクニカル練習に余念がありません。しかもブレークトグルにはしっかりとハンドウォーマーが装着済み!これでサーマルタイムの高々度フライトでも手は暖かです。)

まだ地表付近に接地逆転層が残っているうちから山肌沿いにはサーマルが発生。「モジョ2」初飛びのNP栗原さんが早速上げ始めると、結花ちゃんも追いかけてゆきました。(新しい緑色のオゾンコンビはこれからどんどんソアリングしそうですねー。)

この後は大勢のフライヤーが飛び交ってとてもきれいでしたがとても写真に撮れませんでした。

河野さんはB級検定合格まであと1本です。

大泉君こと佐々木君、初ソロフライトおめでとう。
2007/11/16(金) −忘年会まであと15日ー
 大陸から高気圧が張り出してきて、徐々に冬型の気圧配置は緩んできました。朝凪から始まって昼頃のサーマルソアリングもOK。その後本流の西風がやや強くエリア内まで入って来ましたが、夕方にはまた穏やかになりハッツキ山リッジソアリングが楽しめました。

パイロットの皆さんが上げ始めました。サーマルめがけて横尾さんテイクオフ。

(最近、来る日は必ず飛べる上がる、ですねー。)

楽しくソアリングしていてもこんな雲になってきたら要注意。

(サーマルダミーに出ていた泉先生はさっさと降下させていました。)

夕方の十分一山。

(雲の間から見える蔵王は昨日の降雪で真っ白!十分一山もこの冬一番の冷え込みでした。もう冬用ワンピースやグローブなどの装備が必要です。)
2007/11/15(木) −忘年会まであと16日ー
 寒冷前線が通過して行った影響で昼前から雨と雷になりました。寒気が流れ込んで来て風の冷たさがまた一歩冬に近づいた感じですが、逆にお酒や料理がより美味しく感じられる温度になりました!忘年会の準備や事務仕事がはかどりました。
2007/11/14(水) −忘年会まであと17日ー
 緩やかに高気圧に覆われ、秋の優しい陽射しが降り注いでいました。本流の西風はエリアの中まで入り込まず、ランディングは終日微風で暖かな一日でした。今田さんは練習フライトをした後、B級検定を開始して3本OK。合格おめでとうございます。昼からはバブルサーマルが出始め、「エデン3」初飛びの五十嵐さんや塚原さんらがソアリングを楽しんでいました。

バブルサーマルで上げ始めた五十嵐さんをめがけて、塚原さん発進!

(こんな穏やかな日差しでも上がるから自然相手のパラグライディングは実に面白い、です。)

「エデン3」の切れがいいセンタリングに、ご機嫌な五十嵐さん。

(下から見上げているのは、少し前までの愛機?「バズZ」)

B級検定合格を決めた今田さんのランディング。

フライト後 「60's」の方々に静かに祝福される今田さん。
2007/11/13(火) −忘年会まであと18日ー
 低気圧は東海上に抜けましたが、気圧の傾きは大きく寒気の影響も残っていました。午前中いっぱいはリッジ&バブルサーマルソアリングが出来ましたが、午後からは積雲が発達し西風強風になりました。間もなく soaring systems letter が、お届け出来そうです。

朝は爽やかな雨上がりでした。フライトチェックにGO!

グライダーの仕上がりは完璧。ソアリングも楽しいですが西の方には怪しげな雲が出来始めました。こんな時は早めに降りておく事しましょう。

ランディングは雨上がりながらあちこち乾き始めました。
2007/11/12(月) −忘年会まであと19日ー
 低気圧の通過とともに寒気が南下してきています。一瞬、晴れ間が覗いたかと思うと雲が急発達したりする、荒れたお天気となりました。置賜盆地の中はそれほど大きな雨量にはなりませんでしたが、各地の災害が心配です。
2007/11/11(日) −忘年会まであと20日ー
 雨が降ったり止んだりの一日。クラブハウスには、とうとうストーブが登場しました。日本学生フライヤー連盟の新人戦は山頂ログハウスで学課講習とツリラン講習の後、表彰式となりました。各大学の新人選手や先輩方そして主管として頑張った地元YUPCの皆さんお疲れ様でした。
2007/11/10(土)
 日本海から寒気を伴った低気圧が接近して来ました。その影響で朝から曇りで強めの東風が吹き続け、午後1時頃からは雨が降り始めました。学生連盟の新人戦は午前中にランディングでグランドハンドリングのレース。寒い中、お疲れ様でした。

写真はレース前のハンドリング練習。各大学の先輩方もサポートしてくれました。
2007/11/9(金)
 北からゆるやかに高気圧に覆われて、穏やかなお天気となりました。本流は北風ながら、そこは十分一山のいい所で日射が入るとサーマルブローが上がってきます。追い風が止まった時に十分一山からテイクオフ、または高ツムジ山からのフライトとそれぞれの技量とタイミングでフライトを楽しみました。(昼過ぎから午後2時頃までは十分一山から発生するサーマルでどちらから出てもソアリング出来ました。)夕方、吹き下ろしとともに本流の北風が入り始めてからは希望者でグランドハンドリングの練習に励みました。

晩秋の高ツムジ山から飛び出して行く、横尾さん。



こんな風に南側に少し日が当たるだけでサーマルが出てくれます。

(十分一山テイクオフの後ろ側は薄い陰に入っています。「エデン3」のフライトチェックの為に大急ぎで飛び立った時には意識していなかったのですが確かに南斜面への日射によるサーマルブローでした。)

ようやく「エデン3」が到着!フライトチェックも無事に終わってハイチーズ。

(今日は何か物静かだと思ったら、「男祭り」でした・・・。)

「空」会長こと五十嵐さんも今日はルンルン、新しい愛機でグランドハンドリングに勤しんでいました。これで次のサーマル日和にはばっちりですよー。

B級なりたての熊谷君と杉本君は、先輩を相手に念入りに立ち上げデュレーションでの生き残りに向けた練習を繰り返していました。明日からの新人戦での健闘を祈る!
2007/11/8(木)
 移動性高気圧に覆われて秋晴れに恵まれました。好条件に誘われるかの様にパイロットの皆さんがお休みを作って集まって来てくれました。勿論、朝からフライトOK。逆転層が消滅してきた昼過ぎからバブルサーマルを捕まえた細井さん長谷部さんらはしっかり上げきってあちこち飛び回っていました。午後3時頃からは西風が安定して入り始め、ハッツキ山リッジと穏やかなサーマルで皆さん日暮れまでソアリングを楽しみました。夜は学課講習。

東京の五箇さんが上げ始めました。塚原さんもテイクオフ!

(昨日は好みの風ではなかったかもしれませんが今日は楽しんでもらえました。また明日!)

十分一山のサーマルとハッツキ山のリッジ。この楽しさを何と表現したらよいのか・・・。

今日は日暮れまで皆さん楽しんでいました。

「FLYING with EAGLS」みたいなシーンにも出会えました。
2007/11/7(水)
 大陸からの高気圧に広く覆われ始めました。青空の下でスクールは午前7時から早朝練習開始!熊谷君B級検定合格、清野君A級合格です。おめでとう。宮本さんありがとう。早朝練習が終ってからは体験タンデムフライトはしたものの西風とサーマルブローが強まりウエイティング。その後は様子を見ながら何人かのパイロットの方が飛んでくれましたが、あまり楽しそうな風ではないのでフライト終了となりました。

体験タンデムフライトは風が強くなる前にお一人だけでしたが、リッジソアリングでパラグライダーの楽しさを味わって頂けました。

(お日様に透けて見えるリブが美しいです。)

「今日のテイクオフ」

(相変わらずキャノピーは花が咲いたようにきれいですが、紅葉は終盤を迎えています。)

朝は典型的な朝凪。爽やかな大気の中を爽やかに飛んで来たのは清野君。

(このしっかりしたランディングでA級合格。おめでとう。)
2007/11/6(火)
 本流は西風、うす曇りでテクニカル練習日和の一日でした。横尾さんは「片翼潰し」OK。櫻井君は「ピッチング」「ロ−リング」「両翼端潰し」OK。杉本君はB級検定合格です。おめでとう。午後2時頃から4時頃にかけてはリッジにアーベントのような上昇気流が混じり始め+150m位ですがソアリングも楽しめました。フライト終了後は学課講習とパイロット学課検定。宮本君合格です。

杉本君のB級実技検定開始!

(検定は危なげなく合格して、その後も飛び続けて360°旋回の練習などをしながら6本フライト出来ました。)

好調エデン3で色もお揃いの「マックパラブラザース」

夕方になってから、力強く上がり始めました。



リッジソアリングを楽しんで来た横尾さんのランディング。

(11月になってからフライト確率100%です。)

杉本君B級検定合格おめでとう!
2007/11/5(月)
 早くも移動性高気圧は抜けかけていて、とても安定した大気の状態でした。穏やかな晴天・穏やかな風の中でスクールの皆さんはピッチングやローリングの練習が出来ました。田崎君と眞下君はローリングOK。もうすぐNP課程が修了出来そうです。皆川さんと佐藤さんはL/D競争でこの季節ならではのフライトを楽しみました。吹き下ろしが始まって早めにフライトを終了した後は、クラブハウスで学課講習。(宮本君の学課講習修了です。)

皆川さん発進!力強い走りで3本フライト!

佐藤さんターゲットオン!L/D競争での着陸もばっちりでした。

結花ちゃんは、山頂の自動販売機で初めて”当たり”がでました!おめでとう。

(真遊ちゃんは初めてのローリング練習開始。おめでとう。)
2007/11/4(日)
 高気圧に広く覆われ、穏やかな午前中にピンクカップのB級生選手達は全員フライト出来ました。午後からは北部を通過した上層の気圧の谷の影響で本流の西風とサーマルがやや強めのパイロット向きコンディションになりました。昨日から泊まってチャンスを待っていた細井さんや及川さんを始め、飯塚さんや猪口さん西村さんらがハッツキ山リッジとサーマルソアリングを楽しみました。(ピンクカップの選手もフリーフライトのパイロットもスクールも入り混じって空には40機以上が常に飛び交い、賑わっていました。いいタイミングで移動した方はハイジアパークや米沢南陽道路アウト&リターンしていました!)

山木選手テイクオフ。

(来週の新人戦の実行委員長がんばって!)

初級クラスはグランドハンドリング。名和君は今日の練習で随分と上手くなりました。(幸恵ちゃん、ありがとう。)

(ハッツキ山などでブイブイソアリングをしている上級者は、撮れませんでした。3つの無線機を使っているだけでいっぱいいっぱいでした。)

秋の恒例、第23回「ピンクカップ」は無事終了。

選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした!
2007/11/3(土)
 西から高気圧の圏内に入ってきましたが、北部の気圧の谷の影響もあってやや雲量が多くなりました。朝から午後2時頃まで接地逆転層に守られて飛び易く降り易い、スクールやピンクカップのB級選手に適したコンディションが続きました。スクール生とピンクカップ選手は交互にフライトして3本練習出来ました。熊谷君、杉本君はB級課程修了です。その後はサーマルコンディションになり本流の西風と合わさって、やや強いコンディションになりました。フリーフライトの皆さんは高ツムジ山からも十分一山からも出てソアリング、ピンクカップのパイロット選手の皆さんもハッツキ山周辺で頑張っていました。夜は丹波館で乾杯!

大勢が見守る中、NP課程の小松さん発進!

(たまには、こんな大勢の中で飛ぶのもいいものです。地元YUPCや日大EPOの皆さんは勿論、ピンクカップの参加選手には社会人もたくさんいます。幸恵ちゃんを始めよく知った顔、懐かしい顔が全国から60人も集まって来てくれて賑やかでした。)

朝の逆転層の中に降りてゆく、杉本君。

(真っ赤な「NK1」にカラーコーディネイトした装備もカッコイイね!明日からのB級検定も頑張って!)
2007/11/2(金)
 前線は東海上に抜け、徐々に高気圧の圏内に入ってきましたが寒気の影響で雲の多い一日となりました。朝に十分一山からフライトしたものの、あまり楽しい風ではなかったので米沢の河川敷に移動してグランドハンドリングの練習をしました。龍上海のラーメンを食べて温まった後は、穏やかになった十分一山に戻ってきて滑らかな風の中で楽しくリッジソアリング出来ました。杉本君、熊谷君は、マイグライダー初飛びです。おめでとう!

雲の切れ目から光がさしてきました。風も滑らかになりフライト再開です!

「今日の十分一山」

夕方には見物の方も含めて賑わっていました。日大エポの皆さんも明日からのピンクカップ準備を終えてフライトを楽しめました。(これからリッジソアリングに飛び立つのは横尾さん。11月になってからは毎日フライト!)

熊谷君は今日もそつなく高度処理をこなしてもうすぐB級課程修了。
2007/11/1(木)
 日本海から寒冷前線が接近して来ました。その影響で荒れ風になるまでがフライトチャンス、と雲の変化などに充分注意しながらも朝からどんどん飛んで午後1時頃からやや風のタッチが変わってきた所でフライト終了。横尾さんは3本飛んで課題の深回りの360°旋回OKです。

日本海から前線性の雨雲が近づいてはいましたが、まだこの位の青空と滑らかな風の内は大丈夫。

逆転層は徐々に消滅してゆきましたが、今日は逆転層に本流の西風強風が入り込むのを守ってもらったようです。

こんな雲になったらテイクオフの風は大丈夫でもフライト終了。

(様子を見ながらもたっぷり飛んだ後なので余裕の表情ですね。)