ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2007年5月分

2007/5/31(木)
 低気圧が通過、寒気の影響で大気の状態は不安定で雨が降ったり止んだりでした。雨雲の合間では飛べたかもしれませんが、近くに見える雲は急発達と衰退を繰り返していたのでフライトは見合わせました。明日からは、また移動性高気圧に覆われ始めて良いお天気になってくれるでしょう。
2007/5/30(水)
 寒気を伴った気圧の谷が日本海から近づいて来ました。その影響で朝から東風が吹きつけ、午後4時頃から雨が降り始めました。予報通りの展開に心穏やかに秋の大会準備など事務仕事が進められました。(JHF理事会で南陽スカイパークでの2008年パラグライディング・アキュラシー日本選手権開催が正式決定されました。)
2007/5/29(火)
 移動性高気圧の中心は東海上に移り、本流は南東風でお天気は下り坂。午前中は穏やかなコンディションの中で2本ずつフライトOK。皆さん交替で「バズZ」を試乗したり、バブルサーマルでソアリングしていました。昼頃からは本流の南東風がエリアに吹き込み始めてフライト終了。

朝一番に飛び立つ宮本君。昨日のグランドハンドリングの成果でしっかりとしたテイクオフが出来ました。

サーマルの中では特に安定感が際立つ「バズZ」

(眩しい太陽には、上層の湿度が上がっている為に輪が懸かっていました。ちょっと、このまま何処までも上がって行って太陽に近づき過ぎて翼が溶けてしまうギリシャ神話を思い起こさせる光景でした。)



愛機「バズ」と「バズZ」の違いに興味津々。最初に試乗してくれた塚原さんランディング。

(より軽いです。より挙動が洗練されてマイルドなタッチです。ライズアップは更にイージーです。)

週末が天気悪くて飛べないので休んじゃった・・・というわけではありませんが、真遊ちゃんも久しぶりにフライト。

今日も高橋さんのタイムリミットまでは良いコンディション。(その後は東風・・・。さすが本職です。今度フライヤーの為の気象講座をやってもらいましょうか?!)
2007/5/28(月)
 本流は弱い東風でしたが、寒気の影響で雲量がやや多く、その雲の適度な吸い上げでフライト出来ました。午前11時頃から体験タンデムフライトもソアリング開始。午後1時頃からサーマルピークを迎え、海抜1,500m位の雲底までフライヤーの皆さんを力強く上昇させてくれました。横尾さんは山口君を追いかけて雲底近くまで力強くセンタリング、今野さんもトップアウト出来ました。午後3時頃からはエリア内に東風が吹き込み始めフライト終了。ランディングでグランドハンドリングの練習に励みました。

「ゴールデン」と「バイゴールデン」

(山同さんは今日もさっさと上げるとさっさとスパイラルの練習をして午後からの授業に出かけてゆきました。)

山の所々に雲の陰がかかってテイクオフの風は、なかなか安定しないものの上空ではしっかりした上昇気流が雲底まで続いていました。

(「バズZ」でサーマルダミーに出ると横尾さんと山口君がテイクオフ。)

横尾さんのお帰り。体験の方もライズアップにチャレンジ!
東風の入り始めと強すぎる雲の吸い上げに注意しながら余裕あるコース取りをしてくれました。

「今日の笑顔」は、こちらの皆さん。

松田さんはタンデムで初飛びしてソアリングを楽しみ、午後にはライズアップにチャレンジ出来ました!
月曜日は今野さんと山同さんが揃って来てくれれば必ず、飛べてます!上がってます!

昼下がりには、適度な風力で暑くもなく寒くもなく快適にグランドハンドリングの練習が出来ました。

大好評の試乗機「バスZ」は今野さんには大きいサイズながら軽いハンドリングなのでらくらく操れました。
2007/5/27(日)
 寒気を伴った気圧の谷が通過、その影響で終日荒れ風でした。やる気満々の新入校の皆さんも今日はDVDを見ながらの学課講習となりました。(確かに今年は強風の日が多いし、週末は3週連続の悪天候となってしまいましたが、必ず良いコンディションの日が巡ってきますから、その日の為に準備をしておきましょう。)
2007/5/26(土)
 西風が強く吹き続けていました。初級クラスは学課講習。パイロットの皆さんもクラブハウスで、ハーネス調整やDVDを見たり、のんびりと過ごしていました。
2007/5/25(金)
 前線を伴った低気圧の影響で荒れ風、午前11時頃から雨が降り始めました。十分一山テイクオフの後方に種まきと覆土をしました。(これできっとふかふかの絨毯のように草が生えてくれるでしょう。)
2007/5/24(木)
 良いお天気ながら、西から近づいている低気圧の影響で本流は東風。本流がエリアの中に吹き込む前に、と朝からフライト。午前11時頃からはサーマルソアリングも出来ました。午後1時頃から東風の影響が出始め、フライト終了。
(夕方、ランディング周囲の草を刈りに行くと、10羽位のトンビが何やら集まっていました。「風が荒れてるねぇ、こんな日は地面の虫でも探しますかぁ。」とでも言いあっているかの様に集団で歩いていました。)

塚原さんは穏やかな大気の中をゆったりフライト。

五箇さんは「セラーク」さよならフライト(?)でも気持ち良さそうにソアリングしていました。

(ランディングは草が生え揃い、とても快適です。)

東風になってからはのんびりお昼ご飯。フライトプランどおりに事が進んで皆さん余裕の笑顔です。

(楓の葉がいい感じに日陰を作ってくれるようになりました。)
2007/5/23(水)
 青空ながら西風が強くフライト不可。クラブハウスではフライヤーの皆さんが風待ち(?)しながら、ゆったりとクロスカントリーのコースを検討したり、ハーネス調整などをしてくつろいでいました。その後もゆっくりお昼ご飯を食べに行ったり、コーヒーを飲んだり、たまにはこんな日もいいもんです。

GPSデータを基にパソコン上で飛行コースを振り返るフライヤーの皆さん。
2007/5/22(火)
 今日も高気圧に広く覆われて良いお天気でした。十分一山テイクオフに吹き込むサーマルブローに合わせてテイクオフすると力強く上昇、海抜1,000m位の所にある逆転層を突き破れたパイロットは雲底の海抜1,800mまで上げていました。東京からミニ合宿中の五箇さんは試乗機「スポルト3」で安心のソアリングを楽しみ、山口君は羽前中山の北側までクロカン。

「スポルト3」の試乗は今日が最終日。泉先生もサーマルコンディションでのテストに余念がありません。

「今日のテイクオフとランディングと朝日連邦」

(水田には、かわいい苗が植えられ、山の緑は日ごとに濃くなっています。よーく見るとパラグライダーが2機写っています。)

十分一山に来る度に上げている、五箇さんと「セラーク」。

(手前の翼はウインドテック社のDHV1「エリアル」)

五箇さんには「スポルト3」にも乗ってもらいました。

(安心感のある翼なのにとても良く飛んでビックリ、パラグライダーの進化を実感。)

「今日の笑顔」は、反省しきりでチョット恥ずかしそうな山口君。

時間、コースとフライトプランに反省がどんどん出てくるのは、上手くなってる証拠です。完全にセーフティなフライトだからOK。

(昨日より一駅分だけ距離が伸びました・・・。掲示板にレポートをもらいました。ありがとう。)
2007/5/21(月)
 移動性高気圧に覆われ青空とサーマルに恵まれました。文字さんとファルホークの岡さんがアキュラシー日本選手権を終えて、十分一山に来てくれました。スクールも体験タンデムも「オゾン」の試乗会も朝からフル回転。(文字さん、山口君、タンデムマスターありがとうございました。お陰で体験者には2フライト楽しんで頂き、進藤さんのタンデム講習も進みました。)スタッフも講習しながら可能な限り試乗させて頂きました。(モジョ2、バズZ、マントラM2そしてウルトラライト。どれもコンセプト通りすばらしい出来です。きっと飛ぶのが更に楽しくなります!)

朝一のエリアダミーは「ウルトラライト」

ハーネス兼ザックと合わせてたったの4.1kgです。ちっちゃい、軽い!これでソアリングも出来てしまうとても楽しい翼でした。

「今日のテイクオフ」

ハングもパラも準備開始!山同さんはさっさとソアリングして授業に戻ってゆきました・・・。


天童の今野さんは今年飛び始めでした。穏やかな時に3本OK。これから安定した日が多くなります。どんどん飛びましょう!

山口君は試乗機の「マントラM2」で海抜1,600mまで上げて、中川まで飛んで行きました。

(その後、栄城君に迎えに来てもらって、テイクオフで検討会。)
2007/5/20(日)
 低気圧は東海上で発達し西風強風となりました。クラブハウスでは学科講習・レスキューパラシュートの講習。泉ヶ岳で行なわれていたアキュラシー日本選手権も最終日は競技キャンセルのち表彰式となりました。

キャンセル決定後、熱戦を繰り広げた測定フィールドで記念撮影。

選手の皆さん、来年の日本選手権 in 南陽でまたお会いしましょう!

(その前に今秋の9月29・30日にプレ日本選手権大会やります。)
2007/5/19(土)
 低気圧にすっかり覆われて、午前中は雨。新入校の皆さんへの説明会と初級のレクチャーや上級者の学科講習で過ごしました。昼過ぎに天気は回復しましたが、あまりに雲の状況は怪しく、ランディングでグラハンになりました。午前中が雨でも水濡れの心配は殆ど要りませんでした。草がどんどん水を吸っているようです。でも3時過ぎには再び黒い雨雲に覆われ、今日の講習は終了になりました。
 こんな不安定な気象状況でしたが、なんとアキュラシー日本選手権は今日成立しました!選手や関係スタッフの祈りが通じたのでしょう。良かった!

新入校の松原さん。ミニパラの素早い動きに頑張ってついていきました。

それにしても向こうに見える雲の怪しいこと!この後30分もしないうちに大粒の雨が降ってきました。

同じく新入校の杉本君。フロントの立ち上げが上手になってきました。
2007/5/18(金)
 天気は回復したものの、西風強風の一日でした。ランディングの状態は良く、一昨日夜からの雨でも今朝はすっかり乾いていました。大柄な熊谷さん+ミニパラの組み合わせでグラハン練習をしましたが、今日の強風はかなり手ごわい風でした。
 アキュラシー日本選手権も不成立。明日のフライトを祈って今夜はウエルカムパーティーが開かれました。
2007/5/17(木)
 気圧の谷の影響で東日本から北日本のほぼ全域で雨降り。明日から宮城県の泉ヶ岳で開催されるパラグライディングアキュラシー日本選手権は公式練習日ながらフライト不可。明日も大気が不安定な状態が続きそうですが、何とか天候が回復してくれる事を祈るばかりです。

一昨日と今日の雨降りでランディングに蒔いた種は一気に発芽してきました。(写真はブレークダウンゾーンの新芽を雨の弱まった時に撮りました。)
2007/5/16(水)
 移動性高気圧に覆われ、青空と穏やかな風とサーマルに恵まれました。朝から積雲が形成され10時過ぎにはバブルサーマルを捕まえた泉先生と山口君は海抜1,200mまで上げていました。スクール各クラスも穏やかなコンディションの中でたくさんフライト出来ました。午後4時頃から東風が入り始めてフライト終了。その後は十分一山テイクオフに種まきと覆土をしました。

泉先生が上げ始めた所に向かって、宮本君テイクオフ!

(置賜盆地の水田にはすっかり水が入り、田植えも始まりました。)

「今日のテイクオフ」
周りの広葉樹の新緑が輝いているように綺麗です。草が生えている所は緑が随分濃くなってきました。

(TDをやってから出ると誰もいないテイクオフになってしまいます・・・。)

いいお天気、安心のフライト!皆さん、ハッピーランディングの笑顔です。

(塚原さんはテクニカル課目を中心に4本フライトOK。愛機「バズ」も絶好調です。高橋さんは高度処理OK。もうすぐB級課程修了できそうです。宮本君はマージンを大きくとったフライトをしてから研究室へ戻って行きました。)

夕方東風になってからは、テイクオフ整備。
明日の雨降りの前にと、まだ草の生えていない所に種まきと覆土をしました。きっと今年中には緑の絨毯の様になってくれるでしょう。

(塚原さん、山口君ありがとうございました。)
2007/5/15(火)
 寒気を伴った気圧の谷が通過、朝から激しい対流を示す雲が形成され、荒れ風でした。クラブハウスでは、ゆったりと学科講習。お昼頃からは雨降り。(この雨のお陰でランディングにまいた種が一気に発芽しました!早くふかふかの絨毯みたいになりますように。)
2007/5/14(月)
 南に中心を持つ高気圧の圏内に入り、暖かく穏やかな一日となりました。朝からテイクオフには適度な風が入り、スクールはどんどんフライト。先日入校の進藤さんは、ついに初飛び!4本タンデム講習が出来ました。高校が代休だった名和君は今日も3本タンデム講習。後はライズアップが確実になれば初ソロフライト出来そうです。山同さんはサーマルを上手く掴んでソアリングしていました。フライトプランもばっちり、パイロットがいよいよ近づいています!

エリアで一番最初、雲ひとつない青空に飛び出して行く山同さん。

(凪の間もどんどん飛んでテクニカル練習をして、サーマルタイムにはしっかり上げる。今日も時間一杯までソアリングして授業に戻って行きました・・・。この姿勢がいいですね!)

新入校の進藤さんは月曜日レギュラーです。これから、よろしくお願いします

(この何週間か月曜日になると荒れ風で学科講習などをしていましたが、ついに初フライトの日がやって来ました。3本目にはバブルサーマルでトップアウト。ソアリングも楽しめました。)

「スポルト3」を試乗して来た泉先生。独特のエアウェイブフィールは健在のようです。

(ちょうど写真を撮りに来た方が構えたタイミングにブローが入って来て、バブルサーマルを乗り継いでソアリング。かっこいい写真を撮ってもらえたかな?!)

いい飛び飛びした人、はーい!

進藤さん初フライトおめでとうございます。山口君タンデム講習ありがとう。みんな試乗機にも乗れて、ソアリングも出来てハッピー!の笑顔です。

(この後、初級クラスはグランドハンドリングにいい汗を流しました。)
2007/5/13(日)
 低気圧が通過、雨のち西強風となりました。スポーツオーパカイトの皆さんは雨の前のウインドカームに期待して午前7時から早朝練習。(2本ずつフライト出来ました!)スクールは初級クラスと中級クラスの2クラスで学科講習。お昼には庭でバーベキューとなりました。

初級クラスでは「何故パラグライダーは飛ぶのか?」のお題に上級者も加わって大盛り上がり.。

(勿論、航空力学的な説明は必要です。大切な事なのですが、生徒さんの「そこに空があるから!」の発言には座布団一枚、です。)

お昼はのんびりバーベキュー。お肉に野菜に焼きそば!いただきまーす!

(暑くなく寒くなく、よい季節になりました。後は、風だけ・・・)
2007/5/12(土)
 東海上の低気圧は遠ざかり影響は小さくなって行くはず、と期待して西風強風の午前中は米沢の河川敷でグランドハンドリング。午後からは十分一山に戻って来てフライト開始。体験タンデムフライトも含めて、フライト出来ました。夜はスポーツオーパカイトの皆さんと川地塾の皆さんに加えてスカイレジャー振興協議会の石岡会長にも来て頂いてクラブハウスで乾杯!

ちょうど良い風の時にライズアップにトライ!試乗機「スポルト3」と「エリアル」も交替でハンドリングを試しました。

体験タンデムフライトにお越しの皆さんにもミニパラを使ってパラグライダーの操作を体験してもらいました。


今日も元気なYUPCの皆さん。風の様子を見ながらお昼のお弁当!

ちょうど食べ終わってからフライト開始出来ました。

穏やかなコンディションを確認してから体験タンデムフライト開始!上昇気流のない殆ど夕凪の中でのフライトになりましたがその分、安心の空中散歩を楽しんで頂けました。

バブルサーマルを捕まえてトップアウトした櫻井君ランディング。

「今日の笑顔」は、このお二人。

(無事に体験フライトを終えてニッコリ。先生もニッコリ。)
2007/5/11(金)
 発達した低気圧は東海上に中心を移しましたが、その勢力は強く西風強風でした。クラブハウスではゆったりと学科講習。その後は、スカイフェスティバルの後始末をさせてもらいました。
2007/5/10(木)
 西から前線を伴った低気圧が接近して来ました。午前7時の段階で既に十分一山には本流の東風が吹き込み、残念ながらフライト不可。早朝練習に参加の皆さんはクラブハウスに戻って学科講習。(山同さんはパイロット学科検定合格。おめでとう。)その後は東風が強くなる迄はランディングで、お昼休みの後は米沢の河川敷でグランドハンドリングの練習に励みました。

本流が盆地に入り込む前の朝凪に期待して早朝練習に来てくれた皆さん。(残念ですがお天気ばかりは・・・。また今度!です。)

クラブハウスでは、JHF教員検定の教習実技も行なわれました。

(生徒役をやってくれた皆さん、ご協力ありがとうございました。)

米沢の河川敷でグランドハンドリング。入校2日目の熊谷さんはミニパラを使って、どんどん練習。

(風が強い中、大変でしたがJHF教員検定のグランドハンドリング実技も行なわれました。)
2007/5/9(水)
 南に中心を持つ移動性高気圧の圏内に入り、良いお天気で初夏を思わせる暖かい一日になりました。(但し、上空3,000m付近は西風がとても強く、いつその強風が入ってくるのか要注意の日でもありました。)朝から期待の「エリアル」試乗を含めてどんどんフライト。昼頃には西風強風が入り始めているのかちぎれたサーマルながらソアリングも出来ました。午後2時過ぎにはやはりエリア内にも西の強風が入り込み、ランディングでミニパラの練習となりました。

期待のニューモデル「エリアル」発進。穏やかな時とサーマルコンディションの時とで試乗出来ました。

(ひと言で言うと、良い、です!)

高橋さんは「シグマ6」の試乗。
ソアリングしていても西風強風になる前にランディング。この辺りはさすがベテランです。

午後はやはり西風強風となりましたが、ミニパラでは安心して練習出来ました。

(新入校の熊谷さんもライズアップに初挑戦!これからパイロット目指して頑張って行きましょう。)
2007/5/8(火)
 北海道付近の低気圧は依然強い勢力を保ち、本流は強めの西風。それでも前日からの好天で置賜盆地の地表近くには接地逆転層が形成され、穏やかにフライト開始。昼頃からは山肌からのサーマルでソアリングも出来ました。午後2時頃からは西風強風が入って来てフライト終了。

大型連休も終わり、のどかな平日がやってきました。期間中ずっとテイクオフにスタンバイして頑張っていた、泉先生発進!

本流の西風が入り込む迄は南東や南斜面からのサーマルブローが優勢でサーマルソアリング出来ました。

(海抜700m位の所で逆転層がありそれ以上は上がりませんでししたが、その逆転層が西風強風をブロックしてくれていたのでしょう。逆に感謝です。)

「今日のテイクオフ」芝生も生え初めました!

(山口君には強風が入り始めの時にも的確な空中レポートをもらいました。ありがとうございました。それにしてもいつも写真を撮ろうとするといい角度で入ってきてくれますね!)

今年期待のニューモデル:ウインドテック社の「エリアル」到着!午後からランディングでグランドハンドリングだけ出来ました。凄く安定感があります。強そうです。後は飛んでみてのお楽しみ!
2007/5/7(月)
 低気圧は発達しながら北東に進み、西風強風でした。クラブハウスでは新入校の進藤さんらと学科講習。後はスカイフェスティバルでお世話になった旅館や飲食店への支払い等大会の後片付けをさせてもらいました。
2007/5/6(日)
 西から前線を伴った低気圧が接近して来ました。本流は東風で昼からは雨が降り始めました。クラブハウスは終日まったりモード。連休最終日ということもあり、石鍋ご夫婦を始め東京の皆さんもゆっくりと帰途に着きました。
2007/5/5(土)
 北海道付近に中心を持つ低気圧の影響で本流は西風、弱い気圧の谷が日中に通過したため大気の状態は不安定でやや荒れ風でした。お昼までスクールではランディングでミニパラを使ってグランドハンドリング。その後は、おのおの観光に繰り出して行ったり、クラブハウスでのんびりと風待ちしていました。そして夕凪になってから高ツムジ山からフライトを楽しみました。

連日のサーマルコンディションで飛び疲れ気味な「空」の皆さんは「やっぱり今日は西風が強いよねぇ」とまったりモード。(中には連日の飲み疲れの人もいたかも・・・。)

毎年恒例の十分一山ツアーに来てくれた筑波パラグライダークラブの皆さんもこの後、山形観光をしてから帰途に着きました。また今度は秋のアキュラシー大会でお会いしましょう!

強風の午前中はランディングでミニパラを使ったグランドハンドリングの練習。今日はベテランパイロットの皆さんにもミニパラを体験して貰えました。

西風が許容風速に収まってきたらフライト開始。午後4時頃には気圧の谷は抜けて、積乱雲も消滅していました。(写真は高ツムジ山からテイクオフする山口君。)

今日最後のランディングは及川君。ハッツキ山ソアリングを楽しんだ後は北風が被ってくる前に余裕を持って帰って来てくれました。
2007/5/4(金)
 今日も良いお天気でサーマルと西風に恵まれ、各地から120名を越えるフライヤーが集まってくれました。風が強くなる前に、と午前8時から早朝練習開始。9時頃からはバブルサーマルが発生し始めていました。日中のサーマルトップは海抜1,300m位で比較的穏やかなコンディションながら、なかなか安定しない風の中をパイロットの皆さんが頑張ってフライトしていました。スクールは昼下がりまでグランドハンドリングの練習をしてから夕凪で初級者クラス・タンデムクラスまでフライト出来ました。夜はクラブハウスでバーベキュー。

大勢のフライヤーで今日もテイクオフは大賑わい!

(泉先生、TDお疲れ様でした。)

体験タンデムフライトの方にもソアリングの楽しさを味わって頂けました。

(この後午後からは更に車の台数が増えてきました。広い駐車場があって実に便利です!)

いいいいサーマルが上がってくるとすぐにあちこちにガーグルが出来ていました。

(写真は最新鋭プロトタイプのオメガで飛ぶ「世界の」長島さんとイプシロン5で楽チンフライトを楽しむ「南陽市」の衣袋さん、他の皆さん。)

シェフこと奥野さんは、いつもハッピーランディング。さすがです。

(GW中の美味しい料理から早朝練習のTDから下山手続きから本当にありがとうございました。)

フライト後は「空」、つくばPGクラブ、YUPC合同でバーべキュー。

(写真はゲストのスポーツオーパカイトの砂間さんと賞品争奪の王様じゃんけん)
2007/5/3(木)
 南海上に中心に持つ高気圧の圏内に入り良いお天気に恵まれましたが、朝の内は西風がやや強くランディングでグランドハンドリング。お昼休みの後から徐々に穏やかになり始め午後2時過ぎからフライト開始。大勢のパラグライダーパイロットがソアリングを楽しみました。弱い寒気の影響もあって午後4時頃から荒れた北西風がエリア内に吹き込みフライト終了。夜はクラブハウスで乾杯。

連休を利用して各地に赴任していったメンバーも十分一山に集まってきてくれました。

風が強い間はグランドハンドリング!実機でもミニパラでも楽しめました。

ちょうどいい南風になったら皆さん次々に飛び出してソアリング!

マジック4に試乗してくれたのは山口君。
よく飛びます。切れ味も抜群!気合を入れて飛ぶ方にお勧めです。
2007/5/2(水)
 前線を伴った低気圧が通過、大気の状態は不安定で午後からは強風でした。それでも午前中のあまり風が強くない内にランディングの種まきと草刈が出来ました。スカイフェスティバルの後片付けや各種支払いが進みました。奥野さんは今日からクラブハウス入り、明日から懐かしい顔が各地から集まってきてくれそうです。
2007/5/1(火)
 前線を伴った低気圧が近づいて来ました。十分一山は朝から東風が強くHG大会最終日の競技はキャンセルとなりました。表彰式・閉会式の後はスタッフの反省会。

「2007スカイフェスティバルin南陽」表彰式。忙しい中、プレゼンターとして小野議長に来て頂きました。

(なかなか厳しいコンディションの中で全員無事に競技としても成立!めでたしめでたし。)

スタッフの皆さんお疲れ様でした。選手・スタッフ・PG・HG一緒に満腹ホールで乾杯!