ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2007年2月分

2007/2/28(水)
 気圧の谷が通過して一時的に冬型の気圧配置となり、寒気が入って来ました。十分一山周辺では北西風が強く、曇りで時折雨粒が落ちていました。また明日からは徐々にお天気は回復してくるでしょう。
2007/2/27(火)
 高気圧の中心は東海上に移り、替わって気圧の谷が接近してきました。朝から穏やかな良いお天気ながら高層雲が既に張り出し始めていて、典型的なぶっ飛びコンディション(スクールには好適!)。それでも昼過ぎには積雲が幾つか出来てきて、パイロットの皆さんは自分の信じたサーマルブローでテイクオフして行きました。全員穏やかなフライトを楽しんだ後、午後3時過ぎには気圧の谷の影響で雨がポツポツ降り始めました。

昨日でリハビリを終了した西村さんがトップで発進!

(毎日雪の部分がどんどん無くなっているのがわかります。)

あの積雲の影がどいてエリアに日が当たれば・・・・。フライヤーの相談は続く・・・。

2007/2/26(月)
 引き続き高気圧の圏内で良いお天気に恵まれました。日中は本流の北東風を打ち消すサーマルブローでテイクオフ。皆さん力強いサーマルでグイグイと上げて、高ツムジ山の北側から線路山の西まで飛び回っていました。(サーマルトップは午後2時頃に海抜1,380m位)午後3時過ぎからエリアの中は安定した南西風になりハッツキ山ソアリングを楽しめました。

午後3時半アーベント狙いでテイクオフする山口君。

(日中サーマルで飛びまわった後も元気一杯。今度は夕暮れ近くまで粘りのフライトを見せていました。)

久しぶりなのでリハビリフライト、と言いながらもしっかりソアリング!
あちこち飛び回っていた西村さん、さすがです。

月曜レギュラー?の仲野さんは新しい愛機「アディクト」であれこれ試しながら3本ソアリング。

十分一山テイクオフでサーマル待ちの皆さん。

(斜面は乾いた草がふさふさして、もうすっかり春の様ですね!)
2007/2/25(日)
 移動性高気圧の圏内に入り、青空とサーマルに恵まれました。本流は北風ながら朝からしっかりしたサーマルブローが入り、十分一山の上でコンバージェンスラインを形成していました。皆さん、「寒いー」と言いながらもグイグイと上げていました。この力強いサーマルコンディションは午前11時頃から午後3時頃まで続き、その後は日暮れまで柔らかなアーベントコンディションになりました。皆川さんと佐藤さんは烏帽子山からクラブハウスを回ってLDの三角パイロンゴール、延沢さんは午後4時頃のアーベントに乗って旧高畠高校まで足を伸ばしていました。

伊藤さんが「エデン3」の試乗に発進。

「今日のテイクオフ」

(日に日に雪はとけて南斜面からサーマルが上がってきます。朝からグイグイと上げてくるのは佐藤さん。)

空に花が咲いたようにきれいなひと時。

(この後みんな高く上げてあちらこちらへと飛び去ってゆきました・・・。泉も行ってしまったので金井はスクール車を降ろしました。)

いい感じの高ツムジ山テイクオフ。本流は北風ながらこの辺りにラインが出来ていました。

(20km向こうには真っ白な蔵王が真っ白に輝いていました。)

「今日のランディング」

(かたくしまった雪のランディングは快適。ただし、この雪もあと数日でなくなりそうです。)

いい飛びした後はみんないい笑顔です。

(皆川さん、烏帽子山とクラブハウスを初ゲットおめでとうございます!の図。ところがこの後、3時を過ぎてから更にアーベントで上がって皆川さんは2回目の烏帽子山とクラブハウス、佐藤さんもクラブハウスから帰ってくる頃に延沢さんは高畠まで・・・。今日は皆に大サービスの十分一山でした。)
2007/2/24(土)
 寒冷前線通過後の寒気が入ってきました。風向は何とか北西風でいてくれたものの、強い勢力を持った雲が次々とやってきてしまい、フライトは見合わせました。明日は穏やかなお天気になってくれることを祈っています。

高ツムジ山までの道も除雪完了です!西側テイクオフはもう乾いていて最高の状態です。

(せっかく車で上がれて正面からの風なのに残念ですが、低い雲が結構パワフルだったので仕方がありません。)
2007/2/23(金)
 日本海から東進して来た寒冷前線が通過してゆきました。十分一山では、昼過ぎから雨が降り始めました。明日は西風が許容内に収まってくれて、ハッツキ山リッジソアリングが楽しめる事を祈っています。
2007/2/22(木)
 移動性高気圧の中心は東の海上に移りましたが、十分一山界隈は穏やかな南風と青空に恵まれ絶好のスクール日和でした。
 車で登れる日を待ちわびていた皆さん、お待たせしました。ついに登り道の開通です!(南陽市のロータリー車で山頂ログハウスまで除雪して貰いました。)明日からはスクール車で送迎します。

2007/2/21(水)
 今日も良いお天気に恵まれ、日中は春の様なポカポカ陽気でした。固い残雪の上をハイキングした後は、快適なリッジソアリングが楽しめました。午後2時頃から接近してきた弱い気圧の谷の影響で曇量が増えてやや西風が強まりましたが、明日にはまた良いコンディションになるでしょう。

今日のテイクオフ

(雪解けがどんどん進んでいるので冬景色の中を飛べるのは明日が最後かも!?)
2007/2/20(火)
 移動性高気圧に覆われて青空と穏やかな南風に恵まれました。昨日からの晴天でよく冷えた為、登りは固い雪の上を歩けるので快適。(さくさくと45分で登頂です!)その後は気持ちのいいフライトを楽しめました。
 明日と明後日も十分一山に良いコンディションになりそうです。

かたい雪の上に、ハッピーランディング!

山肌が随分と露出してきました。

(パラグライダーの影が力強い日差しを感じさせますね。斜面沿いにサーマルも出始めました!)

土曜日に作った「ターゲット」が残っていました。

(こんな幻想的な真っ白いランディングに降りられるのはあと僅かです!)
2007/2/19(月)
 弱い冬型の気圧配置で日中はやや強めな西風となり、フライトは見合わせましたました。が、既に青空や日差しの力強さは春を感じさせてくれました。明日は穏やかで良いコンディションとなるでしょう。(勿論、十分一山に登って飛びます!)

道つけをして、破けた吹流しを交換しておきました。準備は万端です!
2007/2/18(日)
 本州南岸を通過した前線の影響で、午前中は雨混じりの雪降りでしたが、午後からは期待通りに晴れ間も出てフライト可能なコンディションになりました。が、皆さんのんびりとクラブハウスでお茶飲みの一日でした。
2007/2/17(土)
 移動性高気圧に覆われ青空と穏やかな南風に恵まれました。今日の十分一山登山隊は佐藤さんと延沢さん。重い深雪の登り道を登頂、そしてフライトを楽しんで頂けました。(金井も泉も風邪で下から応援していました。すみません。)
 明日の後半から明後日、明々後日はまた良いコンディションが予想されます。佐藤さん、延沢さんがつけてくれた道を楽に登って飛びたい方募集中です。

終始ラッセルの先頭で頑張った佐藤さん。

テイクオフサポートお疲れ様でした。延沢さん、ターゲットオン!

みんなハッピーランディングで、めでたしめでたし!

(中村君の長靴もテイクオフから回収してきてくれました。)

飛び終わった後は、ベトナムみやげのアイスコーヒーで一息。

(このコーヒーは、また独特な美味しさです。クラブハウスにお越しの際には是非どうぞ。)
2007/2/16(金)
 冬型の気圧配置は徐々に緩んできましたが、まだ強風と降雪は続いていました。ベトナム報告アップしました。(風邪が流行っています。我が家はほぼ全滅状態・・・皆様は充分にお気を付け下さい。)
2007/2/15(木)
 北海道の東海上に移動した低気圧は強烈に発達し、強い冬型の気圧配置となりました。大荒れの十分一山界隈には久しぶりに雪が降りました。

ダラットの爽やかな空気と青空が懐かしい・・・。

(外は吹雪、クラブハウスではストーブをつけて事務仕事です。お問い合わせの多い、ベトナムレポートも間もなくアップ予定です。)
2007/2/14(水)
 ベトナムチームを乗せたスクール車は午前2時半頃にクラブハウスに無事到着。衣袋さんの出勤に間に合いました。日中は低気圧と前線の影響で強風に雨が混じって飛んでくるような荒れたお天気となりました。おかげで心穏やかにベトナム視察の荷解きが出来ました。
2007/2/13(火)
 快晴で始まった一日でしたが、強めの西風のち北風でフライトはしませんでした。低気圧が近づいてきてるので、昼を過ぎると雲がだんだん増えてきました。明日からは大荒れになります。ベトナム組は低気圧より早く、今夜無事成田に到着しました。赤湯着は午前3時の予定だそうです。
2007/2/12(月)
 今日は昨日の冬型の気圧配置がすこしゆるんで、まずまずのお天気になりました。昨日の雪の積もり具合少し心配でしたが、十分一山登山隊はアタック開始。今回は先週と違って1時間半ほどで全員登頂できました。昼過ぎに雪雲が近づいて風が少し強まりましたが、全員ランディングするまで間に合いました。TDの中村君ありがとうございました。
 ベトナムは昼過ぎまで最後のフライトを楽しみ、ホーチミンへ移動。明日帰国です。

今回は初アタックの木綿君、浅尾さんを含む5名です。いってらっしゃーい!

雪景色が幻想的。木綿君のテイクオフ。

佐藤さんランディング。昼食後「もう一本行けるなー!」元気です。

TDを終えて最後にテイクオフしたものの、最後の一蹴りで長靴を置いてきてしまった!見つかるのは雪解け後?!

2007/2/11(日)
 一週間ぶりに雪降りです。でも平地は日中全く積もりません。庄内は田んぼにも全く雪がないそうです。でも十分一山は300mの高度差ながら、さすがに少し積もっているでしょうね。明日は登山隊出発です。どうなるかな?!
 ベトナムは、日中は荒れがちでダミーを出してはウエイティグ。夕方近くになって気持ちよくソアリングできたようです。夜は昨日と同じように地元の方の案内でエスガルゴを食べに行くそうです。ダラットは旧フランス植民地時代の避暑地だったので、フランス的な食事や町並みが楽しめます。ただ衣袋君も書き込みしてましたが、ワインはいまいちとのこと。残念。
2007/2/10(土)
 今日も雨がちな一日でした。ベトナム今日もソアリング。いいなー!夜は地元の方々にいろいろ案内されて美味しいものを食べたとか。
2007/2/9(金)
 赤湯は小雨が降ったり北寄りの風だったりとあいにくの天候でした。
 ベトナム組はホーチミンから目的地のダラットに到着し、早速フライトを楽しみました。テイクオフの標高が1900mと非常に高く、思ったより寒かったようです。でもしっかりサーマルソアリングしました。
 台湾ツアーの時と違って、掲示板に携帯からの投稿ができないようです(通話は出来るんですが)。ベトナム速報はこの日記でお楽しみください。
2007/2/8(木)
 良いお天気でしたが、風はやや強めでした。ベトナム組は今朝成田を出発していきました。(昨日、機内預け荷物を規定の20kg以下にするためにいろいろ工夫した甲斐があったのかなかったのか。それにしても海外ツアーでは毎回悩まされます。20kgはパラフライヤーにとって非常に微妙な数字です。)夕方にはホーチミンに到着し、シェラトンホテル(宿泊ホテルではないのですが)のショットバーで明日からのフライトに乾杯したそうです。
2007/2/7(水)
 西風がやや強いものの気温はクラブハウス前で6℃位まで上がり、春のような勢いで雪がとけ出していました。

ベトナム視察は今日から成田空港に向けてスクール車で出発。

(クラブハウスには泉がスタンバイしています。よろしくお願いします。)
2007/2/6(火)
 日本海から近づいて来た前線の影響で昼から荒れ風と雨降りでした。クラブハウスには入れ替わりフライヤーがお茶飲みに来てくれました。
2007/2/5(月)
 久しぶりに抜ける様な青空と穏やかな南西風に恵まれました。十分一山登山隊は金曜日と日曜日に積もった深雪に苦しみながらも何とか登頂。爽やかなフライトが出来ました。

夕日に向かって飛び立つ横尾さん。祝!初ハイキング&フライトです。山口君サポートありがとう!
2007/2/4(日)
 強い冬型の気圧配置のとおり、強い西風の一日でした。明日には高気圧に覆われ穏やかな良いお天気になるでしょう。
2007/2/3(土)
 冬型の気圧配置ながらエリアの中は青空と適度な南西風に恵まれました。(が、残念ながら十分一山登山隊に希望者はありませんでした。多分、今日は盆地の中にある十分一山ならではの楽しいリッジソアリングが出来たと思われるので残念です。やはり登りがネックなのかなぁ、何か対策を考えねば・・・。)
2007/2/2(金)
 一日中雪が降り続きました。雪が吸音材となるのか、とても静かな冬らしい十分一山界隈でした。クラブハウスでは大会やスカイフェスティバルの事務仕事が心穏やかに出来ました。
2007/2/1(木)
 冬型の気圧配置、とうとう雪が降り始めました。午後からは南陽市のスカイフェスティバル実行委員会。(今年は4月末の連休にハングの大会、9月末にパラグライダーのアキュラシー大会開催が正式決定です。ご協力よろしくお願いします。)