ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2006年9月分

2006/9/30(土)
 気圧の谷の影響は予想よりも小さく、良いお天気とサーマルに恵まれました。適当な寒気が入っている為か朝からしっかりしたサーマルブローが入り、日中は海抜1,300mまでサーマルが立ち上がっていました。荒れてはいないので今日は検定日和でもあり小松さんと田崎君はB級検定合格、山同さんはNP検定合格です。午後2時半頃からは西風がエリア内に入り始め、その後はハッツキ山リッジコンディションになりました。(試乗機「バイ・ゴールデン」の試乗に2時間位付き合ってくれたA級生の遠藤さんは、ハッツキ山に行ったり、弁天橋に行ったり、ピッチング・ローリングが出来て、NP課程のイメージトレーニングになりました。)

山同さんのセンタリング。NP検定中でも余裕でソアリングして検定員がランディングしたのを見てからターゲットの真ん中に着陸してくれました。

(置賜盆地のあちこちで稲刈りが進んでいます!)

ハッツキ山で悠々とソアリングする木綿君。ローリングなどの練習もたくさん出来ました。

(手前の翼はグラジェントの「バイ・ゴールデン」いい感じです。)

夕焼けの中をランディングに向かう佐藤さんと「イプシロン5」

佐藤さん待望のアーベントの様な西風タイムが午後3時頃から5時半頃の日没まで続きました。アクセルや経路を工夫しながら何度も弁天橋を往復していましたね。これで来年のF1の対策はバッチリ?!

今日のランディングは小松さん。サーマル混じりの風の中でもしっかりと高度処理が出来て、満点のB級検定合格です。おめでとう!

小松さんも田崎君も山同さんもみんなおめでとう!
2006/9/29(金)
 移動性高気圧は北東海上に移り、曇りで東風の一日でした。クラブハウスではハーネス研究会、大会準備、冬のツアー準備も急ピッチです。(間もなくHPとお手紙でお知らせできるようにします。)

山口君のスピードバッグがついに到着。見るからに速そう、暖かそうですね。
2006/9/28(木)
 低気圧は北海道まで北上しましたが、まだ気圧の傾きは大きく北西風が収まってきたのは夕方からでした。それまでクラブハウスではコーヒーを飲みながら学課講習。

今日のランディング。
隣田は待望の稲刈り完了です!



上からはまだわかりにくいですが、ランディングの芝生は確実に育ってきています。
2006/9/27(水)
 朝から雨降り。晴天続きで乾いてきたランディングの芝には恵みの雨かもしれません。夜は南陽市スカイレジャー振興協議会の会議。(11月18・19日にパラグライダーのアキュラシー大会開催決定です。フライヤーの皆さんのご参加並びにご協力よろしくお願いします。)
2006/9/26(火)
 南岸を北上中の低気圧の影響が徐々に大きくなってきました。曇りで東風が強まり午後7時頃から雨降り。金井は雨降り前にLD横の休耕田の草刈りを済ませておきました。(刈り終わってみるとかなりいい感じのパッキング場やグランドハンドリングの練習場として使えそうです。)クラブハウスには新パイロットの皆川さんなどフライヤーの皆さんが入れ替わり訪れてくれました。
2006/9/25(月)
 またもや南から前線を伴った低気圧が接近中の為、本流は東風・・・。今日もサーマルブローに期待して登頂、午前11時頃からフライト開始出来ました。大気の状態が穏やかな間にタンデムマスター課程の延沢さんと長井君も含めて全クラスOK。午後1時頃からサーマルタイムが始まり大勢のフライヤーを海抜1200mまで連れて行ってくれました。宮本君は「シグマ5」の動きにやや戸惑いながらも、「初」烏帽子山アウトアンドリターン。今日もきっちり上げて帰って来た若見さんはNP課程修了です。

今野さんのランディング。寒風山ツアー以来のフライトでしたが、今日はサーマルソアリング出来ました。







会社の夏休みを全て今回のプチ合宿に注ぎ込んだ甲斐がありました。他機警戒や総合滑翔もこの2日間のソアリングでOK。若見さん、NP課程修了おめでとう。

宮本君も何のかんのと言いながらサッと上げて烏帽子山に行って来ましたね。さすがエリア内パイロット。

ランディングの芝生は、まだ小さいながら日一日と確実に育ってきています。一面緑のランディングになるように大事に育てたいと思います。ご協力よろしくお願いします。
2006/9/24(日)
 今日も秋晴れ!本流の北東風を打ち消すブローが昼前から届き始め、あちこちに発生したサーマルがフライヤーを空高くに連れて行ってくれました。雲底は海抜1600m位で午後1時頃から3時半位までどこでも上がるコンディションが続いてくれました。元沢さんは蛭沢湖、長井君は古墳とクラブハウスアウトアンドリターンです。浅田さんは初サーマルソアリング、若見さんは初国道越えで1時間以上のフライト時間を稼ぎました。信じた者が救われた一日でした。

"名物"の朝霧は午前9時頃に消滅。

(この霧が消えてゆくところは、やはり何度見ても幻想的なきれいな風景です。)

大島機長による川村君へのタンデム「ソアリング講習」。「U2」でぐいぐいセンタリング。あっという間に雲底につけると国道を越えて赤湯の町の方まで行って来ました。

いい飛びした人、はーい!

(中野さんも若美さんも午後3時のサーマルで再び海抜1600mへ・・・今日はサーマル大サービスでした。)
2006/9/23(土) - 秋分の日 -
 朝の内は、いよいよ秋本番!を思わせる様な朝霧でした。この強い接地逆転層のお陰で穏やかで全クラス1、2本ずつ飛べました。三部さんは殆ど誘導なしでランディングOK、高橋君はローリングOKです。その後、佐藤さんがソアリングし始めた昼頃からはサーマルと本流の東風がぶつかり始めたのでフライト終了。米沢の河川敷に移動してミニグライダーで練習しました。
(秋の移動性高気圧の圏内ながら台風14号が南の海上から近づいて来ている影響で本流は東風となりました。「ヤギ」さんが早く通り過ぎてくれる事を祈るばかりです。)

今日はグラジェントの試乗会でもありました。朝一番で「アスペン2」に乗ってくれたのは延沢さん。この後はタンデム講習でパッセンジャー役もしっかり練習出来ました。

(今日からタンデムマスター課程開始です。よろしくお願いします。)

米沢の河川敷でも風が強くミニグライダーでの練習になりました。

(スクール機に「アクシス」が加わりました。これが潰れなどの反応が鋭くて、面白いです。)

塚原さんのNP証が届きました!

(みんな飛び終わった後、予定通りの東風なので余裕の笑顔です。)
2006/9/22(金)
 今日も穏やかな秋の一日となりました。奥地さんA級合格。長谷川君タンデムマスターパイロット検定合格です。おめでとう!穏やかなサーマルにも恵まれ、いいタイミングでバブルを掴んだ皆さんは高く上げていました。

今日のファーストヒットは中村君。10時過ぎに真っ先に飛び出して気持ち良さそうに上げて行きました。

(この後、何回かサーマルタイムがあり西村さん、山口君、山同さん、木綿君らを秋空高く上げてくれました。)

横尾さんの基本に忠実なランディング。

(NP課程の後半です。サーマルを狙えるようになってきたから近い所で外す・・・今が一番悩める時です。頑張りましょう。)

タンデムマスターパイロットの検定合格。長谷川君おめでとう3本ともきっちり飛ばしてランディング直後には合格を確信してポーズを決めてくれました。パッセンジャーの宮本君もお疲れ様でした。

ついに芝が発芽しました!泥沼を耕して種をまいてからちょうど一週間です。やったー!


(ランディングゾーン内の山砂の部分全部にまいてあります。なるべく踏まないようにしてたくさん育てましょう。フライヤーの皆さんのご協力よろしくお願いします。)
2006/9/21(木)
 秋の移動性高気圧に覆われて爽やかな青空に恵まれました。テイクオフには適度な風が入って来て飛び立ちやすく、やわらかいサーマルは初級者から上級者まで楽しませてくれました。丹野君と小関さんは順調にB級課程の高度処理練習が進んでいます。NP課程に進んだばかりの山木君は早くもパイロットに混じってサーマルソアリングを楽しんでいました。大島君と西田君にはタンデム機「U2」試乗と空撮実験をして貰いました。

いつも笑顔が輝いている山同さん。もうすぐNP検定やります!

(フライトスーツで快適な季節になりました。でも紫外線は強いので帽子もお忘れなく、の見本の様なセットアップ光景でした。)

山口君はインプレスハーネスの初飛び。センタリングをしながらあれこれ試した後は、ぴったりターゲットオンでした。

今日も全員怪我なくフライト終了。お疲れ様でした。
2006/9/20(水)
 台風は北海道まで北上しましたが以前気圧の傾きは大きく、残念ながら強風が収まらずにフライトは出来ませんでした。クラブハウスには入れ替わりフライヤーがお茶飲みに来てくれました。
 金井は東京の航空会館に行って来ました。(航空界全体の重鎮の方々と共に、南陽市スカイレジャー振興協議会がハング・パラグライディング振興への貢献により国際航空連盟(FAI)からエア・スポーツ・メダルを送られました。今日はその伝達式でした。)

石岡会長がスカイレジャー振興協議会を代表して伝達式に臨んでくれました。(ノブエアーファクトリーの佐藤さんと金井はその「お供」です。)

JHFの下村会長、大沢常任理事もお祝いに来て頂き、祝賀会場で記念撮影となりました。
2006/9/19(火)
 台風13号が日本海を北上中の為、西風が強くなりやすいコンディションでした。が、朝の内は雲に守られていた為かエリアの中は比較的穏やかでフライト出来ました。その後、徐々に本流が地表付近まで吹き込み始め、あまり楽しくない風になってきたのでフライト終了。ランディングに移動してミニグライダーで遊びました。

今日のパッセンジャーは40kg台。それでも軽快なハンドリングを楽しませてくれたUターンのタンデム機「U2」。

(置賜盆地に広がる水田は黄金色になってきました。稲刈りももうすぐです!)

ランディングでは親子パラグライダー教室(?)が開かれていました。(ミニグライダーだと風がやや強めでも安心してトライして貰えます。)

2006/9/18(月)
 台風13号の影響が出始め、東風が強く吹いていました。ランディングでは、この間の雨降りで出来た水溜りがだいぶ乾いてきてミニグライダーでのグランドハンドリングはOK。米沢の河川敷なら実機で練習できるかと移動してみると、なんと殆ど無風でした・・・。(東風が強くてかえってはっきりした風陰に入ったのでしょうが、本当に自然の営みは面白いです。)
2006/9/17(日)
 今日も曇り時々雨。体験タンデムフライトに申し込んでくれていた皆さんもせっかく楽しみに今日を迎えたのに残念です。(何かいい方法はないものか。体育館の中に斜面を作って送風機で風を送ってリッジソアリングの練習が出来たらいいのになぁ・・・。)
2006/9/16(土)
 前線接近中の為、東風で午後から雨が時々降り始めてしまいました。せっかくの3連休の初日が生憎のコンディションで残念ですが、お天気ばかりは仕方がありません。クラブハウスには東京から来てくれた藤井君を始めフライヤーが入れ替わりお茶飲みに来てくれました。こんな日の肩肘張らない学課もいいものです。結城さんは次のフライトに向けてたくさん得るものがあったようです。
2006/9/15(金)
 久しぶりに雨は止んでくれましたが、本流は東風でフライト不可。YUPCの皆さんのご協力を得てランディングの山砂部分に種まきをしました。ランディングの工事は今日で終了。後は何とか草が生えてくれるのを祈るばかりです。

雨続きでどろどろな山砂を耕して土と混ぜた種をまいて山砂を被せました。

(あの広い面積を全部手作業で頑張りました。YUPCの皆さんご協力ありがとうございました。)
2006/9/14(木)
 今日も断続的に雨が降り冷たい北風が吹いていました。クラブハウスではのんびりとお茶飲みや大会の準備で時が流れてゆきました。
色々なお菓子にコーヒーで話に花が咲きました。

(山口君と金井は新しいインプレスハーネスのセッティングに精を出していました。)

ランディングの山砂敷きはもうすぐ終了しそうです。明日は早速、芝の種をまきます。
2006/9/13(水)
 秋の長雨が続いています。めっきり涼しくなりクラブハウスでは長袖を着て学課講習。ランディングは待望の山砂を敷く工事が始まりました。
ヒマワリはまだ咲いていますが、稲は穂を垂れコスモスが咲き始めました。
2006/9/12(火)
 今日も秋雨前線は本州の南岸に居座り、雨が断続的に降っていました。お陰でクラブハウスでは落ち着いて学課講習や機材の調整が出来ました。(クラスごとのテーマでビデオなどを織り交ぜての講習で各自の次のフライトへのモチベーションも上がったようです。)夜は続々と参加者が集まって来て宮本君のお誕生祝いの会!

お昼は西田シェフと可愛いフライヤー達特製の味噌煮込みうどんとカレーうどん。クラブハウス産の枝豆付き!

YUPCの皆さんはこの後、間欠泉の温泉へ出発。これもパラグライディングの楽しみの一つ。
2006/9/11(月)
 寒冷前線通過後も天気はぐずつき、曇り時々雨の一日でした。心穏やかに事務仕事をさせて頂きました。合宿続き、移動続きの中で飛び続けて「みこし」まで担いでくれた皆さんには良い休養日になったかな。(スクールの二人は気が付いたら居眠りしていましたが・・・。)
2006/9/10(日)
 朝は接地逆転層が濃い朝霧となっていましたが午前9時前に霧は消滅し、青空の下で初級者には絶好の高度処理練習日和、中級者にはテクニカル練習日和、各種検定日和となりました。三部さんは初ソロフライト、小関さんは十分一山初ソロフライト、浅尾さんはA級合格、小松さんはB級課程修了、宮本君NP検定合格、西田君パイロット検定合格、松井君タンデムマスターパイロット検定合格です。皆さん、おめでとうございます。午後2時頃には佐藤さんや本沢さんらが上手くソアリングしている中でランディングではターゲット大会が行われていました。前線が日本海から接近中の為、雲や風向の変化に常に注意を払いつつも午後の3時過ぎまで楽しく飛べました。その後はやはり荒れ風となりフライト終了。午後5時頃からとうとう雷雨となりました。

緊張の検定受験者を代表して宮本君のファイナルアプローチ。

(かっこ良く決めてくれたのでもしかするとこのフライトの模様が12日のNHKの「山形ナビゲーション」で放送されるかもしれません。)

佐藤さんは北西風がエリアに入ってくる少し前、雲が発達し始めたのをしっかり見切ってサーマルソアリングしていました。ターゲットもバッチリ。

慎重に、慎重に、練習を積み重ねて来た三部さんがついに初ソロフライト!おめでとうございます!

(写真はランディングで喜びに沸く社会人チームの皆さん。衣袋さん、スクール車を回して頂きありがとうございました。)
2006/9/9(土)
 本流は強い東風ながら接地逆転層に守られた朝の間は気持ちよくぶっ飛びOK。昼からは東風強風の為フライト終了。皆さん、ふるさと祭のみこしの準備に取り掛かりました。(ルスツ合宿組も高速道路を使って駆けつけてくれました。)みこしの後はクラブハウスで乾杯!

「今日のランディング」は女みこしでも頑張った小松さん。

(このところ休みのタイミングが合わなくてなかなか飛べなかったのですが、今日は間に合いました。この後はみこしに行ってらっしゃいといわんばかりの東風になりました。)

前泊して今日の初山頂フライトに備えたスポーツオーパカイトの皆さんも無事にフライト出来てニッコリ。

(初飛びのご本人は勿論、サポートのお二人のホッとした笑顔が印象的でした。)

ねじり鉢巻きにはっぴできめた皆さんが威勢良くみこしを担いでくれました。遠くは筑波から北海道から駆けつけての参加、お疲れ様でした。

(どうぞ今晩はゆっくりお休み下さい・・・。)
2006/9/8(金)
 置賜盆地では雨は止んでくれたものの東風が支配的でした。アキュラシーのジャッジセミナーが開催された泉ヶ岳では午後2時半頃からぶっ飛びながらフライト可能なコンディションになり明日からの大会に向けて選手の皆さんが練習していました。(ジャッジスタッフの練習にもなりました。)

今日の(泉ヶ岳)ランディング。

十分一山にも良く来てくれる遠藤さんは見事にターゲットオン。ですが勝負はここから!なかなか奥が深いです。是非、南陽スカイパークでもやりましょう!

CIVLシニアジャッジのニッキ・スペンスさんらが講師として来てくれました。豊富な国際大会のジャッジ経験を交えて解説してくれました。
2006/9/7(木)
 前線の影響で広い範囲で雨降り。午前中はNHK中継の打ち合わせ。日中は置賜盆地付近だけ雨雲が途切れていましたが、東風でした。日暮れから再び雨降り。お陰で寒風山ツアーの報告が出来ました。
 明日はCIVLのジャッジセミナー(アキュラシーの審判講習会)の為、金井は泉ヶ岳に行きます。
2006/9/6(水)
 西から前線を伴った低気圧が接近してきた為、東風で午後4時頃から雨が降り始めました。(おかげで久しぶりにたまりにたまった事務仕事をさせて貰えました。活発な前線は明日にかけてゆっくりと近づき、この間の日照り続きで干乾びていたテイクオフやランディングの草に恵みの雨をたっぷりともたらしてくれそうです。)
2006/9/5(火)
 エリアの中は接地逆転層に守られていて午前中まではフライト出来ましたが、日本海から接近中の前線と台風12号の影響で北西風が徐々に強まりフライト終了となりました。
(クラブハウスには日大EPOの皆さんが恒例のピンクカップの準備に来てくれて、あちこちへの挨拶回りや準備を頑張っていました。また、皇太子は無事に赤湯駅を通過。フライト規制へのご協力ありがとうございました。)

今日のランディング。

(昨日の夕方に機体が畳みやすい様に草刈りをしておきました。)

今田さんのランディングアプローチ。

(随分と「テンパス」に慣れてきましたね。)

風が荒れてきたのでフライト終了。前線性の雲の変化を見ながらしばしの学課講習。
2006/9/4(月)
 本流は東風。朝の穏やかな内にフライトしたものの、やはり昼前から東風が入り始めました。東風を打ち消すくらいの力強いサーマルブローはありましたが、あまり楽しくなさそうなのでフライトは見合わせました。午後は、ランディングでグランドハンドリング。

横尾さんテイクオフ。

午後のランディングは花が咲いたように華やかでした。ベテランパイロットの遠藤さんも新しい機体でしっかりと練習していました。さすがです。
2006/9/3(日)
 今日も秋晴れ!暑くなく寒くなくのいい季節になりました。午前10時から正午までは皇太子警護の関係でフライト規制でしたのでスクールはクラブハウスでログチェック等をゆっくりしてから登頂しました。本流の北風を穏やかなサーマルが打ち消している間に体験タンデムフライトも初級者講習もOK。(山口君ありがとう。)皆川さんはパイロット検定合格です。午後1時過ぎからは弘前大の小林君がバブルサーマルをうまく捕らえて海抜1,100mまで上げて行ったものの、その後はオーバーキャストになり今日は小林君の一人勝ちか?と思われ始めた頃、午後3時過ぎから再び日が差し始め、午前中にスクール車を回してくれた細井さん、塚原さんと「スーパーB級生」こと山同さんは海抜1,600mまで上げて烏帽子山から赤湯の町の奥の方まで飛び回っていました。

正午を過ぎたのでゲートオープン!NP西田君テイクオフ。

(最近いい飛びしてます。後は検定を残すのみ、です。)

浅尾さんのアプローチ。しっかりと足出し出来てふわっと着陸できました。十分一山初ソロフライトおめでとう!

皆川さんは、ついにパイロット検定合格。おめでとうございます!

(スクール後は皆で胴上げ!後日お祝い会もしましょう!)

三部さんはグランドハンドリングの後、タンデム講習。どちらもバッチリ、合格です。次回は初ソロフライトに挑戦してみましょう!
2006/9/2(土)
 今日も良く晴れてくれました。本流は北風ながらサーマルがしっかりとテイクオフまで入り、飛びやすい一日でした。昼過ぎには十分一山の真上に北風と南斜面のサーマルによるコンバージェンスラインが形成され、たくさんのフライヤーを海抜1,580mの雲底まで連れて行ってくれました。NP課程初日の山木君もサーマルソアリングOK。皆川さんはパイロット検定2本目まで合格です。夜は弘前の皆さん、砂丘合宿から帰って来た皆さんもクラブハウスに合流して山口君のお誕生祝い!

皆川さんのアプローチ。今日はサーマルには目もくれず検定の演技をこなしていました。後ろの山木君は初サーマルソアリング!

雲底まで行ってきた人、はいチーズ!

(塚原さんはマントラカラーのバズでずーとソアリング!山口君は大洞山の向うまで、西田君は赤湯の街を周回してきました!)

こちらはA級課程奥地さん。ふわっと着陸できて会心の笑みです!NPの皆さん、ソアリングの事ばかり悩まないで楽しく飛びましょう。

何はともあれ全員無事にフライト終了!

(フライト後ミーティングの最後に皆川さんのパイロット検定合格祝いの練習。)
2006/9/1(金)
 高気圧の圏内に入り、穏やかな秋の一日となりました。朝からテクニカル練習には最適な飛びやすいコンディションが終日続き、丹野君は順調に高度処理の練習が進みました。山木君はB級課程終了後、検定も合格!(今日は結局9本フライト出来ました。)そして西田君はパイロット課程修了!です。(午後は新しい南陽市長にスカイフェスティバルの報告と今後のお願いにスカイレジャー振興協議会の石岡会長と佐藤さんと金井で市役所に行って来ました。その間、山口君がテイクオフディレクターをしてくれました。ありがとうございました。)

丹野君行きまーす!
連日の練習でめきめき上手くなってます。

「今日のランディング」

(造成部分に随分と草が生えてきましたが・・・間もなく山砂で砂利がカバーされる予定です。)

きっちりとターゲットに入ってくる山口君。

(ぶっ飛びもまた楽し!TDありがとう!)

西田君のパイロット課程修了と山木君のB級合格のお祝いに北京飯店で乾杯!