ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2005年10月分

2005/10/31(月)
 寒気の影響が心配されましたが、エリアの中は曇りで時々晴れ間が出てくれました。(にわか雨にも荒れ風にもなりませんでした。)逆転層の下では南風が支配的で横尾さんはリッジソアリングしたりしながら5本フライト。午後3時頃に西風がようやく入り始め、鈴木さんはハッツキ山リッジソアリングを楽しんでいました。
 明日からは寒気の影響もなく綺麗な秋晴れになってくれそうです。

曇り空でも飛べればハッピー。横尾さんはリッジソアリングの他にも穏やかな時間帯には両翼端潰しなどテクニカルな練習も進みました。

毎日紅葉が色濃くなっている十分一山。
今晩の冷え込みで、ますます綺麗になりそうです。

(明日は朝霧が早く消えてサーマルが出ますように!)
2005/10/30(日)
 前線は通過し、晴れてはくれましたが寒気の影響もあって荒れた西風でした。クラブハウスではザイルを使ったレスキュー講習をしたり、柿やリンゴを食べながら台湾のビデオを見たりしながら、のんびりと風待ちをしていました。が、凪が来たのと日没がほぼ同時で残念ながらフライトは出来ませんでした。(阿部さんと浅田さんから柿を、山口君から大会賞品のリンゴをたくさん頂きました。ご馳走様でした。)
 週末にばかり悪天候が巡って来て、本当に週末がお休みの方には申し訳ない様な状態が続いていますが、風待ちや勉強もまたパラグライディングの一部という事で・・・・来週に期待です。

レスキュー講習はみんな真剣です。
風待ちの時などに時々やりますので是非ご参加下さい。


日暮れ時になって、ジェネスの長島さん登場。今、話題のイプシロン5について数字とグラフで分かりやすく説明していってくれました。
2005/10/29(土)
 西から寒冷前線が接近して来ていましたが、午後1時半頃までは穏やかにフライトOK。皆さん、テクニカルの練習がしっかり出来ました。その後は北西風が入り始め午後2時半頃から雨降り。昼下がりのクラブハウスでは、おしゃべりしながらビデオを見たりハーネス調整をしてのんびりと過ごしました。(夕方にはアエロタクトの宮田君が来てくれました。これから試乗機もどんどん回してくれるとの事でした。また来てねー!)
 明日の朝には前線は東海上に抜け、お天気は回復するでしょう。その後の西風が許容風速に収まってくれる事を祈っています。

「今日のランディングアプローチ」は、やはり塚原さん。
愛機「バズ」に慣れる為、どんどんフライトして4本も飛んじゃいました!

(マントラカラーが渋いです。)

最近売り出し中のバズブラザーズ(?)は雨が降り始めても予定の時刻、と余裕の表情でした。

「スタ沈する気がしない!」「サーマルを外す気がしない!」と嬉しいお言葉を頂きました。
2005/10/28(金)
 昨夜からの晴天で午前10時半頃まで濃い朝霧になりました。その後は青空にうっすらと絹層雲がかかり、穏やかで絶好のスクールコンディションとなりました。飛びやすい風で皆さん5本OK。大渡君はB級検定合格。おめでとう。桑島さんは随分イプシロン5に慣れて来ました。阿部さんも今田さんも随分落ち着いてランディングアプローチが出来るようになってきました。

青空の中、きっちりとターゲットに入って来てくれました。
大渡君、B級検定合格!おめでとう!

阿部さんはどんどん上手くなっているし、大渡君は検定受かってからも飛び続け5本も飛ぶしで、めでたしめでたしー!の一日でした。
2005/10/27(木)
 今日も青空、暑くなく寒くなく穏やかな一日でした。本流の東風は弱く、エリアの中では終始暖かい南風が支配的でした。飛びやすい風が安定してテイクオフに入り、阿部さんは初めてのリバースライズアップでのテイクオフOK。ランディングアプローチもメキメキ上達してきました。日中は渋いながらサーマルも発生し、真篠さん高橋さんが的確なセンタリングで上げて行きました。午後3時前にはアーベントタイムになり、その後の夕凪まで終日楽しく飛べました。
 明日までは高気圧の圏内で、良いコンディションに恵まれるでしょう。

穏やかな秋の昼下がり風景。

(アーベントソアリングしているのは、オーダーカラーの「バズ」。楽しいフライトチェックをさせて頂きました。)


パラグライダーと青空は本当に良く似合います。

(こちらの「ラッシュ」もオーダーカラーです。これからはカラーオーダーが流行るのか?!)

昨日よりも、また少し色づいた十分一山。

横尾さんはサーマルソアリングにトライしながら5本フライト!ランディングアプローチもバッチリ決まってきました。
2005/10/26(水)
 秋の移動性高気圧に覆われて、すばらしい青空に恵まれました。午前7時の早朝練習から快調にフライト開始、稲場さんは出始めのサーマルを上手く捉えてサーマルソアリングできました。櫻井君はB級検定(3本です!)に合格してから大学に戻って行きました。おめでとう。午前11時頃から上空に絹層雲が出来始め、高気圧の中心は早くも東に抜け始めている様な雰囲気が漂い始めてから程なくしてサーマルは売り切れ・・・。パイロットの皆さんで高ツムジからの爽やか(ぶっ飛び)フライトとなりました。スクールはグランドハンドリング最適な風だったのでランディングで練習。

「今日のランディングアプローチ」はイプシロン5初飛びの桑島さん。
真っ白なキャノピーが秋のやさしい日差しを浴びて光り輝いていました。


北風に変わり始めた頃、タンデム講習では沖のサーマルに乗ってセンタリングの練習?!
(十分一山でも紅葉が少し始まりました!)


高ツムジからのフライトでもグランドハンドリングでも「マントラ」は大好評でした。
2005/10/25(火)
 明け方に前線通過、雨があがってからは「お決まり」の西風強風となりました。クラブハウスではAB級クラスと上級クラスに分かれて学課講習。凪になったのは午後5時半頃から・・・日没でした。あと3時間早く凪いでくれればなぁ、と思いつつお天気ばかりは仕方がありません。無理せず諦めず、です。
 気圧配置的には今日の午後9時頃がベスト?!ながら明日の日中も高気圧に覆われ、良いお天気になるでしょう。

学課講習の合間に桑島さんが美味しい「くずきり」を作ってくれました。

(勿論、男の子も「くずきり」を頂きました。ご馳走様でした!)
2005/10/24(月)
 午前7時からの早朝練習では、上空の西風は未だエリア内に直接入り込んでいなくて、やや荒れを感じさせる風ながら午前9時までフライト。その後は予報どおりの西風強風でした。クラブハウスでは学課講習。

朝一番で飛んで来たのは宮本君。この時間ではランディングは微風南東風でした。

早朝練習でフライトした皆さん。
完全な朝凪ではなかったけれど色々と勉強になりました。

通常スクールの開始時間には既に強風でした。クラブハウスではじっくりと学課講習。
(ポーラーカーブや翼面荷重などを実例を使って楽しく学んで頂けたようです。)
2005/10/23(日)
 前線は通過したものの低気圧の動きが遅く午後2時頃まで雨が残りました。新人戦はフライトキャンセル。松島館での紙飛行機大会となりました。パラグライダー部門の優勝はYUPCの木綿君でした。おめでとう。(先々週の県連スカイフェスティバルで練習した成果ですね!)午後3時頃から飛べるコンディションになり、数人の方は飛びましたが、スクールはクラブハウスでのんびり。皆川さんはパイロット学科検定に合格しました。おめでとうございます。
 明日は西高東低の冬型の気圧配置、強めの西風になりそうですが、許容風速に収まってくれる事を祈っています。

新人戦お疲れ様でした。赤湯温泉・松島館さんに今年もお世話になりました。

2005/10/22(土)
 気圧の谷の影響で朝から雨が降ったり止んだりの一日でした。雨の合間もありましたが東風でフライト不可。全国各地から集まってくれた学生フライヤーの熱意をもってしてもお天気は変えられず、新人戦初日はキャンセルとなりました。
 明日は前線通過後の寒気と強風が気になりますが何とか許容風速内に収まってくれる事を祈っています。

一般的には絶望的な気圧配置の中、朝の雨雲レーダーではエリア周辺だけ雨雲がありませんでした。先ずはランディングの確認OK。

十分一山マジックに期待して、フライト準備OK。「地元YUPCがんばれー!」だったのですが・・・。やはり降り始めた雨と追い風の為、大会はキャンセルとなりました。

その後は講習会。皆さん、レスキューセットを使った脱出シミュレーションに熱心に取り組んでいました。
(JHFの北野常任理事も大活躍。お疲れ様でした。)
2005/10/21(金)
 雨降り前、最後の秋晴れでした。朝霧は午前8時過ぎに消滅、直後に金井はフライトチェックの為にフライトしたものの午前10時には本流の東風が吹き始めてフライト不可。スクールは米沢の河川敷に移動してグランドハンドリング。
 明日からは強い気圧の谷が寒気と共にやって来ます。フライトには適さないコンディションかもしれませんが、クラブハウスでは泉が美味しいコーヒーをいれてお待ちしています。(金井は学連の新人戦に午前7時から行っています。)

朝霧が消えたら直ちにテイクオフしてフライトチェックです。

(普段は寝坊な金井が何故かこういう日だけはビシッと目が覚めるのが不思議です。by泉)

(今朝は青空とイプシロン5に起こして頂きました。あー楽しかった。きれいだった。by金井)

強くて強弱がある風の中で頑張る皆さん。今日の風で潰さないでピッチングを止められればサーマルの日にも潰さずに飛べます。練習は裏切りませんから!
(久しぶりの冨田君も今日のグランドハンドリングで随分と勘を取り戻しました。)
2005/10/20(木)
 今日も秋晴れに恵まれました。(おかげで?朝霧が濃くて早朝フライトは出来ませんでしたが・・・)霧が濃い間にハーネスシミュレーターを使った練習をしてからフライト開始。特訓の成果が表れて、阿部さんはしっかり足出ししてふわっとランディング出来ました。さくらんぼTV用のタンデムフライトや「マントラ」試乗の松谷さんは秋の穏やかサーマルでのソアリングを楽しめました。(写真は撮れませんでした。ごめんなさい)
 大陸から近づいている低気圧が気掛かりですが、明日いっぱいは良いお天気で東風が吹くまでは飛べるでしょう。

鈴木さんは高ツムジ山からテイクオフ。

(ススキは満開、紅葉は始まったばかりですが、秋を感じさせてくれますね。)


さくらんぼTVの旅番組で置賜周辺の楽しみの一つとして「十分一山から空中散歩」だそうです。パラグライダーの普及に繋がるといいのですが・・・。
(頑張ってトップアウトした映像はオンエアでのお楽しみ!)

スクール終了後、日没間際に待望の「イプシロン5」が到着。夕日を浴びながらプレフライトチェックOK。明日はフライトチェックが出来ます様に!
2005/10/19(水)
 予報は大はずれ!秋の十分一山マジックなのか、今日飛びに来た方の日頃の行いがいいのか?!あんなに天気図では、はっきり東風を示していたのに、ついに強い東風はエリア内に吹き込んで来ませんでした。朝7時から早朝学科講習した後、午前10時から穏やかにフライト開始、午後1時半頃からはサーマルタイムが始まりました。結城さんは自分で考えながら誘導も殆んど無しでリッジサーマルを捕まえての初ソアリング・初トップアウト!おめでとうございます。更に午後2時半頃からは南西風が吹き始め、午後4時過ぎまでリッジソアリング出来ました。埼玉からのビジター三浦さん夫妻にも楽しんでいただけたようです。また遊びに来てくださいね!

今日のアプローチショットは結城さん。穏やかな上昇気流でソアリングしたりしながら朝から5本も飛んで大満足でした。ランディングもしっかりしたアプローチになってきています。

東風が入って来ない!サーマルブローが入り始めた!金井も試乗機「マントラ」Lサイズで飛ばせて頂きました。

(我慢できずに?いえいえ、これも仕事の内です。今日は10kgバラストを積んで頑張りました。それでも下限重量なのですが、すばらしく正確な操縦性と滑空比には惚れてしまいそうです。)
2005/10/18(火)
 今日も本流は北西から北を回って北東風で曇りがちな一日でした。それでも斜面が暖まって少しサーマルが上がって来た時に全員フライト出来ました。
 明日からは台風の影響も出始める為、お天気は下り坂で東風が強まるでしょう。台風通過後の秋晴れに期待です。

塚原さんの「イプシロン」さよならフライト。ふわっとターゲットに入りました。

(もうすぐ「マントラ」と同じカラーのグライダーがやって来ます!)

飛んだ後、穏やかな風だったのでグラハン試乗会。
今田さんは「テンパス」にしたら楽に立ち上がりました。
塚原さんは何と「マントラ」Lサイズに挑戦。ハイパフォーマンスモデルなのにすばらしい立ち上げ性能にビックリでした。
2005/10/17(月)
 早くも移動性高気圧の中心は東海上に移りながらも昨日からの晴天で置賜盆地は見事な雲海に覆われた朝でした。幻想的な雲海が消えて行く様をテイクオフから眺めて10時頃からフライト開始。逆転層に守られて穏やかな大気の中をスクール生は2本づつフライトOK。午後1時頃から本流の東風が入り始めてフライト終了。その後はランディングに移動してグランドハンドリングの練習に励みました。

衣袋君がついにパラグライダーでフライト復活!

(今度、復帰お祝いをしましょう!)

阿部さんも久し振りのフライトでしたが2本OK。2本ともちゃんと足出しをしてランディング出来ました。

飛んだ後、阿部さんはグランドハンドリングも頑張っていました。
だいぶコツを掴んだようです。

横尾さん、村上さん、山同さんはスラロームが本当に上手になってスイスイと何回もゴールを決めてくれました。

(手前のマスタングはリハビリに励む?衣袋君)
2005/10/16(日)
 未明に前線は通過して、雨上がりから穏やかにフライトできました。スクールの皆さんは3本づつOK。大渡君と櫻井くんはB級課程修了、小松さんはA級合格です。おめでとう!(山口君、中村君サポートありがとう!)午後1時過ぎに斜面沿いに上がってくるサーマルと本流の西風が十分一山にコンバージェンスラインを形成し、そのタイミングを狙っていたパイロットの皆さんとNP幸恵ちゃんはしっかりソアリングしていました。その後は本流の北西風が支配的になりフライト終了。ランディングに移動して皆さんグランドハンドリングの練習に精を出しました。

今日のランディングアプローチは皆川さん。新しい愛機「バズ」の初飛びです。軽快な動きと滑空比の良さに改めてニコニコでした。

(今日はランディング付近は北東風の時間が長くて初級クラスからみんな180度サイドアプローチでした。)

北西風になってからはパイロットもスクール生もグランドハンドリング。ランディングは花が咲いた様にきれいでした。

(ちょうど良い風速で安定していて、皆さんそれぞれの課題に取り組めました。)

今日から練習開始の三部さん。これからよろしくです。入校手続き後、即タンデム講習で十分一山からフライトしながら高度処理の練習。その後、午後からライズアップの練習もしっかり出来ました。
2005/10/15(土)
 動きの遅い寒冷前線の影響で朝から雨。午前中はクラブハウスでABクラスとNPアップの2クラスに分かれて学課講習。午後からはレーダーに映る雨雲が、エリア周辺にだけ無い状態が続き、飛びたい人は「ダメもと」で登頂。無風の時を狙ってぶっ飛びOK。(ランディングは意外と濡れていませんでした。)
 夜はまだ居座る前線の影響でまたもや雨降りですが明日には前線は通過し晴れて西風になるでしょう。許容風速内に収まる事を祈っています。

小松さんのファイナルアプローチ。しっかり足出しも出来ています。(もうすぐA級課程修了ですね!)

最後のランディングは佐藤さん。ばっちり決めてくれました。
2005/10/14(金)
 前線を伴った低気圧が北から接近してきましたが、期待通りに日暮れまでは良いお天気でいてくれました。朝霧が消えたばかりでまだ強い逆転層が残る間は穏やかにフライトOK。 この間に眞下君はB級検定合格。おめでとう。午後1時半頃からサーマルタイムが始まりましたが、ほぼ同時に本流の東風もエリア内に入ってきました。弘前から日本選手権に参加して帰りに立ち寄ってくれた及川君はトップアウトしたものの、その後午後2時過ぎには荒れ風となりフライト終了。

眞下君、B級合格おめでとう!

桑島さんも山口君も東風とサーマルのコンバージェンスを狙ってテイクオフ。頑張っていました。

(山口君日本選手権お疲れ様でした。)

東風が支配的になってきたらみんなサッサとグランドハンドリングにプランを切り替えです。

(この後はYUPCの皆さんにランディングの整備にご協力頂きました。ありがとうございました。)
2005/10/13(木)
 秋晴れに恵まれたものの高気圧の中心は東海上に遠ざかり、本流は東風がやや強い一日でした。逆転層がとれる前に鈴木さんが飛んでみたものの、やはり東風の影響が出ていてあまり楽しくないフライトになりそうなのでスクールフライトは見合わせました。その後、十分一山付近では東風が強まり米沢の河川敷に移動してグランドハンドリング。
 明日は低気圧が西から接近して来ますが、北側を通ってくれれば意外に良いコンディションになってくれる可能性もありそうです。

まだ朝もやが残っている置賜盆地に飛び立つ鈴木さん。

(昨日からの晴天による放射冷却現象で朝は濃い雲海でした。これも秋を感じさせてくれます。)

米沢では、パイロンを意識して練習。
みんな上手くなっていますよー!
2005/10/12(水)
 本流は北東風ながら昨日よりは穏やかで日射もあり、サーマルが追い風を打ち消してくれた時に飛びたてば午前中はぶっ飛びOK。午後からサーマルと北風がテイクオフ上空でぶつかってコンバージェンスラインを形成、午後2時頃にテイクオフできた塚原さんと桑島さんは秋のサーマルをたっぷり楽しめました。(サーマルトップは海抜1200m、沖の方に良質なグランドサーマルが出ていました。いよいよ秋本番!です。)午後3時過ぎからはサーマルが売り切れた為テイクオフが吹き降ろしになり、フライト終了。

祝!ランディング周囲の稲刈り終了。

(ランディングは日に日に乾いて快適になってきています。中央の水溜りもかなり乾いてきました。)

今日のランディングアプローチ写真に代表で登場して貰ったのは最年長の桑島お兄さん。

(海抜1200mまで上げて、フライトワンピースなしで寒い寒いと言いながらも1時間以上ソアリングしていました。)

飛べた日は皆さん、いい顔してます!
(タイミング悪く北風が入ってきてしまい飛べなかった皆さん、ごめんなさい。)

その中でも今日一番の笑顔はこのお二人。

(塚原さんは結城さんを先にダミーに出す高等戦術を使い、1時間フライト・海抜1000mまで上げる・クラブハウスまで行って来る、という自らへの課題を全てクリアー!NPも近づいています。)
2005/10/11(火)
 本州の南岸には相変わらず秋雨前線が停滞し、北側を高気圧が通過して行っています。(足尾エリアで開催中の日本選手権が心配です。何とか早く天候が回復して良いコンディションで競技が出来ると良いのですが・・・。)十分一山界隈では雨は降らなかったものの東風が強い一日でした。クラブハウスに集まった皆さんはのんびりとハーネス研究会。
2005/10/10(月)
 一日曇りで北風が安定して吹いていました。(近くを小さな雨雲が次々と通っていたのでエリアの中は雨が降らないだけ幸運でした。)ランディングでグランドハンドリングをするには最適な気温と風力で、皆さんたっぷりと納得が出来るまで練習できました。NP課程に進んだばかりの木綿君はスラローム合格。おめでとう。小松さんもしっかりと立ち上げ修正が出来るようになりました。

北風に向かって今日も練習!涼しくて風力もちょうど良くてみんな上手くなりました。

引率して来たスクール生はテイクオフでウエイティング中・・・なのでハング界の大御所もパラグライダーにトライ。

(機材を貸した泉はきれいに立ち上がったので大喜び!)

2日続けての練習ですっかり「モジョ」のコントロールに慣れた木綿君。スラローム3回続けてゴールです。
2005/10/9(日)
 移動性高気圧の中心は北にあって本流は北東風ながら、やっと顔を出してくれたお日様に期待して大勢のフライヤーが南陽スカイパークに来てくれました。(稲刈りもほぼ終わり、遠くからビジターさんが大勢やって来てくれるシーズンになりました。)午後2時頃までは弱い追い風をサーマルが打ち消してくれた時にテイクオフして穏やかにフライト出来ました。それ以降は東風が強まりフライト終了。スクールは米沢の河川敷に移動してグランドハンドリング。

木綿君は愛機「モジョ」の初飛び。おまけに穏やかな雲の吸い上げで初ソアリングと両翼端潰しの練習まで出来ちゃいました。

十分一山界隈はビュービューの東風になったのに米沢の河川敷は弱めで安定していたのでパイロンレース(Race to Goal)も出来ました。一斉スタートはPWCみたいにかっこ良かったです。

(ランディング上空でソアリングしていた浅田さんも若い!皆さん元気ハツラツです。)
2005/10/8(土)
 前線による発達した雨雲がエリアのすぐ脇を次々と通過して行きました。十分一山でも小雨がパラついたりしたのでクラブハウスに戻ってハーネス調整をしたりしながらのんびりと様子眺めをしていると、飛べる時間が何回か訪れてくれました。(ネットで配信されている雨雲レーダーの映像がとても役に立ちました。)午後3時過ぎからは比較的長い間、雨雲が途切れてくれたので信じて待っていた人は全員飛べました。夜はクラブハウスで秋刀魚パーティー。
 明日は秋の移動性高気圧が足早に通り過ぎて行きそうです。本流は北風でも日射によるサーマルに期待です。

稲刈り順調に進行中。ランディングは中央の水溜り以外は大丈夫です。

(皆川さんの「バズ」のフライトチェックでもグライダーを濡らさないで済みました。)

奥野さんは昼頃にソアリングしていると雨が降り始め、急いで耳折ローリングしてランディング。2本目のフライトではゆったりと飛んでグライダーを乾かせました。

やっぱり飛んだ人は笑顔が違います!夕日が少し顔を出してくれた夕方でした。
明日の良いお天気に期待です。
2005/10/7(金)
 高気圧の中心は東海上にあり、東風の一日でした。スクールは、秋の涼しい風に向かってグランドハンドリングがたっぷり出来ました。村上さんは何回もトライしてスラロームのゴールを決めてくれました。おめでとう。幸恵ちゃんは「ラッシュ」の軽快な動きに改めて感激していました。
 明日は前線が接近してくるでしょうが、雨が降らない位その勢力が弱ければ西風で飛べるかもしれません。

村上さん、上手くなってるよー!ゴールおめでとう!

幸恵ちゃんがスイスイと動いていました。「ラッシュ」恐るべし!
2005/10/6(木)
 弱い気圧の谷の中にあり、曇りがちで本流は東風でした。穏やかな午前中にはタンデム講習もスクールフライトもOK。午後から日射によるサーマルブローが入って来たものの東風とぶつかって荒れ風になったのでスクールはランディングでグランドハンドリング。横尾さんも塚原さんもスラローム合格。おめでとうございます。疋田さんはリバースでもフロントでも立ち上げられました。初ソロフライトも間もなく出来そうです。

今日も練習に励む塚原さん。午前中の2本はいい感じで着陸精度も上がってきました。

(愛機を見守る大野さんも納得の?!アプローチでした。)

午後の日差しにサーマルの期待(と東風荒れ風の懸念)を抱いて木村さんがテイクオフ。上げて行ったものの、やはり荒れ風であまり楽しそうなフライトにはなりませんでした。ダミーありがとうございました。
この後、エキスパートチームはずっとフライト後ミーティングとハーネスセッティング。

スクール初中級クラスは午後からグランドハンドリング。安定した東風に恵まれていい練習が出来ました。横尾さんはこの写真のトライも含めて3本ゴール!コツを掴んだようです。
2005/10/5(水)
 移動性高気圧は西から近づいて来ていましたが、弱い気圧の谷の影響で、うす曇りの時間が長い一日でした。おかげで穏やかなフライトが終日出来ました。時々お日様が顔を出してくれて、その時は+250m位ですがサーマルソアリングも出来ました。

今日はフライトチェック日和でもありました。勿論、全機バッチリ合格です。
(この強そうな色の「ラッシュ」は幸恵ちゃんのニューグライダー。テスト担当の泉も楽しそうに飛んでいました。)

小松さんは空き授業の時間に山へ来てくれました。
土曜日に初ソロフライトを果たしてから中3日。今日は午前中に2本フライト出来ました。
(随分、落ち着いてテイクオフもランディングも出来るようになりました!)

ダミーが上げ始めると、いそいそ準備を始めるのはフライヤーの習性?
でも今日のサーマルタイムは短かった・・・。

塚原さんは何と6本フライト!そして、その内一本は何回かあったサーマルタイムに当たり!他機警戒やセンタリングの練習が出来ました。
2005/10/4(火)
 朝から雨が降ったりやんだりの一日でした。おかげでたまりにたまった事務仕事を心穏やかにさせて貰えました。明日にはまたお天気は回復しそうです。
2005/10/3(月)
 前線通過直後の為、やはり前半は荒れた西風でした。午前中は学科講習をして午後からグランドハンドリングをしていると急速に風が弱まり、北西風に変わってきました。秋らしく、西から入って来た移動性の高気圧が足早に抜けていってしまった様です。

毎日稲刈りが進んでいます。

(ランディングの草が生えている所は、もう乾いています。9月に刈り取った部分にも随分と草が生えて緑になりました。)

電車で赤湯まで来てくれた村上さんは、無風の時にビシッとテイクオフ出来ました。
2005/10/2(日)
 前線が通過して行きました。雨降りの為、県連スカイフェスティバルはサーマルロッジ(十分一山山頂ログハウス)内での競技となりました。要するに紙飛行機を飛ばしてのターゲット大会なのですが・・・。県内各クラブの皆さんが童心に帰って楽しいひと時を過ごしました。悪天候にも拘らず20人もの参加ありがとうございました。午後はクラブハウスでのんびり。

自分が飛ぶ様には思い通りにならない紙飛行機でしたが、好記録続出で結構シビアに計測してました。

「STOOGE」西田君はセカンドステージ優勝でカップめん1箱、、「YUPC」村上さんは準優勝でワイン、「空」代表の松澤さんは紹興酒をゲット。その他、ささやかながら全員に賞品を持って行って貰えました。
2005/10/1(土)
 予想通り気圧の谷による雨雲は西から近づいて来ていましたが、昼まで穏やかにフライト出来ました。小松さん初ソロフライトおめでとう!木綿君B級検定合格おめでとう!さすがに午後からは雨が降り始めたのでクラブハウスに戻って、のんびりとハーネスやバリオの研究会、フライトログのチェックなどをしました。

西田君が試乗機「ラッシュ」で、ついに新しいオゾンの乗り心地と性能を知ってしまいました。この魅力にハマッて、そのままオゾン軍団入りを果たすのか、それとも・・・。

小松さんの初ソロフライト。バッチリ決めてくれました。(皆さんご協力ありがとうございました。)

小松さん、木綿君おめでとう!今晩はお祝い会!ですね。

(カメラの後ろで見守っている社会人の皆さんもうれしい笑顔を見せてくれたのですが、取りあえずYUPCとSTOOGEチームのお出迎えでした。)

フライトの後は雨が降っても何かホッとしてます。あれやこれやと話題は尽きません。(結城さん、美味しい白玉ごちそうさまでした。)