ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2005年4月分

2005/4/30(土)
 移動性高気圧に覆われ穏やかに晴れてくれました。穏やかといっても春のサーマルは充分に力強く日中のサーマルトップは1300mに達し、大勢のパイロット達を烏帽子山や亀岡文殊に連れて行ってくれました。スクール初級者は朝凪と夕凪で3本のフライトとグランドハンドリング。体験タンデム希望者・初級者タンデム講習は計11本。(大島君、山口君ありがとう)
 みんな楽しく飛べたので、夜はクラブハウスで乾杯!東京から名古屋から秋田から本当にたくさんの懐かしい顔がクラブハウスに集まってくれて、涙が出るほどうれしかったです。おかげでとても楽しい一夜を過ごせました。みんな、みんなありがとう!
 明日も高気圧の淵に沿って南風が入ってくれれば楽しく飛べるでしょう。

今日も大勢のフライヤーで賑わいました。スポーツオーパカイトの皆さんがツアーに来てくれました。ハングもパラも一緒にソアリング!

試乗機のテンペスト大好評です!

体験タンデムフライトもお花見!今日の桜は満開です。
楽しかったね!今度はスクールで一緒に飛ぼうね!

(写真左下の神社がお花見ラリー烏帽子山パイロンの中心です。お間違えのないように・・・。)

スクール初級者、体験者はグランドハンドリングの練習も出来ました。上手くなったね!もうすぐ一人で飛べるぞ!

最後までフライトしてグランドハンドリングに汗を流した皆さん。いい顔してます。

この他の半分の皆さんは既に温泉にワイナリーにと出発し、赤湯を楽しんでます。夜はクラブハウスで合流しましょう。
2005/4/29(金)
 明け方に前線通過、西風強風でした。が、クラブハウスには連休を利用して各地から大勢のフライヤーが集まってくれました。東京の石鍋ご夫妻、北原君、好井君、藤井君、名古屋の上野君、大島君・・・。同窓会の様な賑やかなクラブハウスでした。スクールは午前中学科講習、午後は早目にバーベキュー開始!夜にはスポーツオーパカイトの皆さんも合流して賑やかにGWの初日は夜は更けていってます。(明日9人のタンデム希望者が飛べるように金井は早寝しますが・・・。)
 明日のスクールは8時から早朝練習開始です。


この春初めてのバーベキュー、おいしゅうございました。

だんだん人数が増えてきて賑やかです。
先輩方のパワーに「ゆきえ部長」も押されぎみ(!?)
2005/4/28(木)
 春の強風が吹き荒れフライト不可。クラブハウスでは、のんびりと学科講習。十分一山では待望の吹流しポールが設置されました。昨日5分咲きだった烏帽子山の桜は今日の暖かさで一気に満開。(更に花びらが舞い始めました。)飛べない日には地上でのお花見に行くのも楽しそうです。

しっかりした鉄製のポールが建ちました。これでテイクオフの風がバッチリわかります!

烏帽子山の大鳥居。ここを通って千本桜の方へ行くと、露店がたくさん出ていて、酒盛りの皆さん、大型バスで桜見物に来た皆さんで賑わっていました。
2005/4/27(水)
 青空、西風、気温減率は14℃!力強いサーマルの予想にパイロットの皆さんが集まってくれました。ファーストヒットは細井さんで11時頃に+350m。昼頃からサーマルも風も強くなり様子を見ながらのフライト。「空」事務局長の今野さんもお花見ラリーにエントリーして頑張ってソアリングしていましたが、結局、皆さんきついコンディションを嫌って上昇気流から離脱してランディング。4時半頃からは夕凪アーベントタイムになり泉がハッツキ山から弁天橋をとって来ました。(今日はハングの谷古宇さん、リハビリ大野さん、A級今田さんなど女性陣の活躍が目立った一日でした。)

「空」を代表して(!?)今野さん発進。
上がるけれど風が強かったです。

ハングもパラも仲良くセンタリング。
(ハングの谷古宇さんはさすがにペネトレーションも充分で傾いたサーマルを追いかけて雲底まで行きました。)
2005/4/26(火)
 寒気の影響で不安定な西風が吹いていました。飛べそうな時間はありましたが、雲があまり楽しいフライトは出来そうもないと教えてくれていたのでテイクオフを見合わせました。午後3時からは南陽市の会議でした。

こんな日はじっくりと学科講習できます。
新入校の浅野君よ。初飛びまでに学ぶことはたくさんあるぞ!
2005/4/25(月)
 高気圧は東に抜けていくのかと思いきや意外に頑張ってくれました。今日も元気に6時から早朝練習開始。朝の静大気を利用して初級者も上級者のテクニカル練習も効率よく出来ました。早朝練習参加の皆さんがどんどん上手くなってゆくのがわかります。日中は21℃まで気温が上がりサーマルも活発、レインボー会津の皆さんがハンググライダーで強いサーマルの中を頑張って飛んでいました。が、のんびりフライト組はお昼休みで「あかとう」の焼肉と昼寝を楽しみました 。(それでも若美さんは6本フライト。すっかりリハビリが完了しました。)

朝日をバックに、ターゲットオン!
サーマルソアリングをするようになって、ますます朝の静大気でのマヌーバ練習に熱心な中村君。
(2本飛んでから大学に行くので寝坊もなくなりました!)

秋田支部長こと新山さんのアプローチ。

(ランディングの草は日に日に育ってきました。)
2005/4/24(日)
 移動性高気圧に覆われ良いお天気でした。午前8時からきっちりとクリーン作戦開始、大勢のフライヤーの皆さんとスカイレジャー振興協議会の皆さんのご協力で十分一山が綺麗になりました。ありがとうございました。
 その甲斐あってか10時からのフライトでは既にしっかりとしたサーマルが出ていました。12時半頃にはサーマルトップは1500m(+1000m)に達し、大勢のパイロットを烏帽子山まで連れて行ってくれました!本日のタンデム希望者は10人。高橋さんにもお手伝い頂いて全員フライト出来ました!午後3時過ぎには夕凪となり初級クラスも安心のフライトが出来て、みんなめでたしめでたし。

こんなにたくさんの方々がクリーン作戦に参加してくれました。
山道だけでなくテイクオフもログハウスも綺麗になりました。

(注:顔の大きさは皆さん同じ位です。レンズからの距離の違いで写真は少し違って見えますが・・・。)

今日も十分一山は大賑わい!
クリーン作戦をした後は心なしかいつもより綺麗に見えます!

体験タンデムフライトもちょっとだけ烏帽子山にGO!させてもらいました。後は速攻でランディング。次の人に飛んでもらわねば・・・・。
(それにしても今年の桜は遅い、まだつぼみです。)

久しぶりに休みが取れた若美ちゃん。柔らかなサーマルになるのを待ってから3本フライト出来ました。冬眠明けとしてはバッチリのフライトプランです。今年の初飛びおめでとう!
(初めてマイカーで山まで来たとの事、こちらもおめでとう!)
2005/4/23(土)
 まだ寒気が抜けずに晴れ間が見えたり、にわか雨になったりと大気の状態は不安定でした。クラブハウスでは学科講習とガーデニング。
 明日にはこの寒気が抜け、高気圧どっぷりの良いお天気になってくれるでしょう。朝はクリーン作戦をしてから爽やかに飛びましょう。

クラブハウスの今年の花は「プリエッタ」です。
(何と去年までのサフィニアの倍くらい大きくなるそうです。)
お楽しみに!
2005/4/22(金)
 非常に強い寒気が入って来ています。大気の状態は不安定で突風とにわか雨の一日でした。おかげで安心してPC復旧に勤しめました。そして、ついにネットが繋がりました。5日間近くご迷惑をお掛けしました。原因は何と天下のNTT局の交換機の故障でした。どうりでいくらこちら側をいじっても繋がらないわけだ・・・。
 明日以降は高気圧に覆われてくる為、この寒気が抜けてくれれば良いコンディションになるでしょう。
2005/4/21(木)
 西風強風、フライト不可。スクールのパソコンは未だネットに繋げられません。メールやらお花見ラリーのお知らせやらが出来ずにご不便をお掛けしています。申し訳ありませんが、もう少しだけ電話と携帯メールでご勘弁下さい。
2005/4/20(水)
 朝から東風、昼からは雨が降り始めました。(予報どおりとはいえ、寒くて寂しいお天気でした。)クラブハウスでは溜まりに溜まった事務仕事をさせて貰いました。
2005/4/19(火)
 今日も高気圧の圏内、本流は弱く晴天でした。6時からの早朝練習OK。ファーストトップアウトは9時半頃に長谷川君が+300m、1時間以上粘っていました。お昼過ぎからやや強いサーマルになり、様子見をしていましたが午後3時頃から穏やかサーマルソアリング再開。夕方西風が入り始めてからはハッツキ山リッジソアリングも楽しめました。

この色のパルサーとサクセスハーネスは、金井から長谷川君に替わりました。
最近は朝から上手く上げて行きます。彼についていけばきっと上がります。

パイロット同士のタンデムフライトも楽しそうでした。サーマルタイムのフライトでは国道越えもしました。


昼下がりからは体験タンデムフライトにも適したコンディションになりました。赤湯の説明はクラブハウスから!
2005/4/18(月)
 移動性高気圧に覆われて穏やかな晴天に恵まれました。スクールは午前6時から早朝練習!10時頃までは朝凪でタンデム講習やテクニカルの練習がたくさん出来ました。その後は、力強いサーマルが出始めてタンデム機もソアリングさせて貰いました。上層に絹雲が広がり始めサーマルが売り切れるのかと思われた午後2時頃には高橋さんがランディング上の渋いグランドサーマルを1000mまで育て上げて烏帽子山をゲット!その後も穏やかな上昇気流が3時頃まで発生していました。

爽やかな空気の中で早朝練習が終わった後は笑顔も爽やかです。(6時の段階ではまだ−1℃。爽やかでなく寒かったという噂もありますが・・・)

村上さんはテクニカル練習、入校初日の山同さんはタンデム講習を2本してから大学の授業に行きました!山口先輩ありがとう!

NPの中村君はガツンとしたサーマルの時はしっかり上げて来る様になりました。かっこ良かったよー。

(あ゛ー、右旋回の日は撮りにくいー。)

冬眠から目覚めた今田さん。タンデムでフライト感覚を復習した後、3本の練習フライトが出来ました。
2005/4/17(日)
 気圧の谷の影響で西風強風が終日続き、フライト不可。クラブハウスではクラス別に学科講習。スクール見学の皆さんは実際に飛んでいるところを見たりタンデムフライトする事が出来なくて残念でしたが、これもパラグライディングの一部ということでご勘弁を・・・。
2005/4/16(土)
 良く晴れて春らしく力強いサーマルに恵まれました。午前10時前から弱いサーマルブローが入り始めてソアリング出来る様になりました。午後1時過ぎのサーマルピークでは1400m(+900m)まで雲底が上がりました。赤湯自動車学校やクラブハウスへとパイロットの皆さんはあちこち飛び回っていました。スクール初級クラスは午前中の穏やかな時間にフライトして、午後はグランドハンドリングの練習をしました。サーマルが強くなってフライトストップがかかった皆さん、夕凪を待っている内に北西風になってフライトストップがかかった皆さん、御免なさい。でも段階的に練習して技量以内の気象条件で飛ばないと本当に危険ですから・・・。
 
パルサーに乗り換えて絶好調の長谷川君。
きついサーマルの中をグイグイと上げて3時間近く飛んでいました。状況判断も手堅い、パイロットは近いぞ!

高く高く上げて行ったパイロットの皆さんの飛びは写真に写らないないので、テイクオフでそれを見上げる皆さんの写真でご勘弁を・・・。
今日も南陽スカイパークは、たくさんのフライヤーで賑わいました。

夕方はグランドハンドリングに適した風になりました。夕日に向かって、ひたむきに練習する姿は素敵です。
(やっぱりいい飛びをする人はグラハンも上手い!練習は裏切りません。どんどんグラハンしましょう。)
2005/4/15(金)
 朝凪はありましたが穏やかな状態は11時頃まで、それ以降は西風が強まりフライト不可。前線接近中ということもあり、皆さん早めに下山しました。
 明日から3日間位は春の移動性高気圧に覆われサーマルコンディションになるでしょう。

隣の山で火事がありました。写真は消火活動に来たヘリコプターを見つめるしかないフライヤーの図。

(幸い午後3時半頃には鎮火したようですが十分一山でも気を付けなくては・・・。)
2005/4/14(木)
 移動性高気圧に覆われ良いお天気でしたが、前日までの寒気の影響なのか日中は荒れた西風となりました。強めの風の中、グランドハンドリングの練習をしていると、午後4時頃からは風が穏やかになり始めてくれました。北西風が支配的だったので高ツムジ山からテイクオフして、ハッツキ山リッジソアリングも楽しめました。(このところ本当に日が長くなりました!)
 明日は日中通過する寒冷前線の影響が心配ですが、その勢力が小さくF1南陽カップの時の様に飛べる事を祈っています。

空は青く、ランディングには草が生え始めました。
グラハンも楽しい季節になりました。
(練習初日の冨田君もたくさん風と遊べましたね。これからたくさん練習して先輩みたいにグライダーが操れるようになろうね。)


高ツムジから最初に出てくれたのは鈴木さん。この後、夕暮れまでハッツキ山リッジソアリングを楽しんでいました。
(そしてまた仕事に復帰・・・お疲れ様です。)

5時を過ぎてもまだまだ明るい!いい季節になりました。
体験タンデムフライトも間に合って良かったー。
2005/4/13(水)
 寒気の影響で寒くて荒れた北西風でした。明日にかけて徐々に風力が落ちてくれることを祈っています。スクールのPCがシステムダウンして、また?!といった感じでしたが今回は修復できました。
2005/4/12(火)
 朝から東風が強く、フライトもグランドハンドリングも不可。クラブハウスでは入れ替わり訪れてくれるフライヤーと金井がおしゃべりしている間に、泉がせっせとレスキューパラシュートのリパックをしていました。

クラブハウスはハーネスとレスキューパラシュートでいっぱい。
2005/4/11(月)
 移動性高気圧に覆われ良いお天気でした。斜面も平地も乾いて春らしい力強いサーマルが発生していました。明日は早くも次の低気圧の接近で東風になりそうです。
 冬眠していた方々から飛び始める前のレスキューパラシュートのリパック依頼が集まり始めました。クラブハウスでは、リパックがせっせと進められています。

もうテイクオフもセットアップゾーンもみんな乾きました。一部草も芽吹き始めて快適・快適!

(写真では見えませんがテイクオフ周辺では、フキノトウがたくさんかわいい顔を出しています。好きな方には今が絶好の時期です。)


ランディングもすっかり乾きました。盆地全体ではまだもやがかかっているのに+5m/sのグランドサーマルにも出会えました。やっぱり、春ですねぇ。
2005/4/10(日)
 低気圧が接近中の為、本流は東風。高ツムジ山には朝から強い東風が入っていたので、いつ十分一山に強い東風が入ってくるのか細心の注意を払いながらのフライトでしたが、昼頃までは何とか全クラスフライトできました。
 その後は東風と南斜面のサーマルがぶつかっている様な風の中をハンググライダーが飛んでいるのを見てパラグライダーはフライトを見合わせました。(テイクオフには良い風が入ってくるのですが・・・・。その後ウインドカームで飛べたかもしれませんが、何かが疑わしい場合には臆病者と言われる勇気を持って止めたいと思います。気圧配置からしても、間近に見える前線性の雲にしても、ハングの動きにしても・・・。)

山形大学の新入生の皆さんがスクール見学に来てくれました。
これから是非、一緒に飛びましょう!

(一番後ろはYUPC OBの衣袋さん。今日はハングで飛んで「ひっくり返りそうになった」とのフライトレポートを出してくれました。)
2005/4/9(土)
 移動性の高気圧の入りかけの為、良いお天気ながら西風が強く午前中はクラブハウスでウエイティング。午後1時からは「空」の総会。新役員や予算が決定されました。3時過ぎから凪ぎ始めたので、総会終了後直ちにテイクオフへ移動し、皆さん日暮れまでソアリングを楽しみました。今野さん木村さんは2時間余りかけてハッツキ山リッジソアリングをしながら先週のF1タスクを回り弁天橋からランディングゴールを決めた模様。夜は北京飯店で乾杯!

「空」新事務局長には、さすがに後光が差しています。


午後5時でもまだハッツキ山は風が入ってる!急げー!
2週連続徳を積んだ松澤さんのテイクオフ。

(もうテイクオフもランディングもすっかり乾きました!)


今日もいっぱい飛べました!の空チーム。
(総会終了後、本間さん、衣袋さんは残念ながら所要で帰られました・・・また今度))
2005/4/8(金)
 やはり西風強風の一日でした。徐々に穏やかになることを祈っています。明日からの青森での教員更新時講習会へは別の方が行ってくれる事になりました。クラブハウスでの「空」総会をお待ちしております。(勿論、風が許せば飛べるだけ飛びます!)
2005/4/7(木)
 日中は穏やかで接近中の前線の影響は出ませんでした。春の陽気は日陰の雪を溶かしランディングを乾かしています。もうグライダーを濡らす事もなくなりました。(3日も続けてかっこいい飛びの写真を撮りそびれて御免なさい。) F1南陽カップの後片付けは今日で完了。ありがとうございました。
 今夜には前線が通過して明日は一時的に冬型の気圧配置になりますが西風強風が収まり次第フライトできるでしょう。
2005/4/6(水)
 良く晴れて暖かくなりました。ポカポカ陽気ながら朝凪以降は南西風が強くフライト不可。F1大会の後処理を最後までやってしまえ、という天の声かもしれません。
2005/4/5(火)
 昼頃までは穏やかな南風でした。草が芽吹き始めいよいよ春本番を感じさせてくれます。午後からは、やや強めの南西風になりフライトは見合わせました。(ちょうどその頃から南陽市の会議・・・。F1は終了しましたが今度は5月のスカイフェスティバルの打ち合わせです。)
2005/4/4(月)
 冬型の気圧配置になりました。本流が入ってくる前に飛んでおこうとスクールは午前9時から練習開始、B級生もフライト出来ました。パイロットの方は12時近くまではサーマルソアリングを楽しんで頂けましたが、昼過ぎにはやはり北西風の荒れ風になりフライト終了。
 午後からはF1大会の後片付けや事務処理、もう少しで完了です。次はお花見ラリーか?!

F1南陽カップ「学生部門優勝」の山口君のセンタリング。

(テイクオフの雪は今日で無くなりました。やったー!)


火曜日から泊り込みで頑張っていた室蘭工大チームは今日が最終日。本当に飛べて良かった。(やはり徳を積んでおくと良いことが起こりますね!)
一週間お疲れ様でした。またねー!

(かっこいい部車にソアリングシステムステッカーを貼ってくれました!)
2005/4/3(日)
 通過が予想された寒冷前線の勢力がエリアに接近するにつれて弱まってくれました。これも参加選手とスタッフの日頃の行いが良いから、と信じて西風が強くなるまで勝負の11kmちょっとのスピードランタスクが組まれました。長島さん、柏木さん、中川さんら豪華ウインドダミー陣がさすがの飛びでエリア各所の状況を見せてくれている中を選手の皆さんも果敢にパイロンにアタックして行きます。いつもの西風リッジリフトがハッツキ山の下の方では取れないという、難しいコンディションでしたが選手の皆さんの頑張りが大会を成立させてくれました。競技の後はお楽しみの表彰式とシャンパンファイトで2日間のF1南陽カップは無事に幕を閉じました。選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

サーマルよ!西風よ!みんなをゴールさせて!


最後は選手、スタッフ全員で記念撮影
皆さん本当にありがとう!
2005/4/2(土)
 F1南陽カップ初日。青空の元、各地から選手が集まり大勢のスタッフの皆さんも準備万端で朝を迎えました。山際のサーマルに期待してテイクオフを軸にしたタスクが組まれ選手の皆さんは果敢にアタックしてくれましたが、残雪の盆地に形成された逆転層はなかなか突き破れず競技としては残念ながら不成立でした。それでも置賜盆地ならではのL/D競争など裏F1タスクも昼下がりから行われ皆さん楽しんで頂けました。夜は勿論歓迎レセプション! 
 とにかく選手の皆さん、スタッフの皆さん、メーカーさん、地元の皆さん、みんなみんな、ありがとう!!!
(詳しくはまた後でお知らせにアップしておきます。)

弱いサーマルを捕まえて必死に回す選手の皆さん。

この後、裏F1としてL/D競争も楽しんでもらえました。

残念ながらタスクメイクは出来ませんでしたが、力一杯戦った後は、気持ちよく歓迎レセプションに突入!。YUPC特製の料理も好評でした。
2005/4/1(金)
 今日も残念ながら荒風でした。東北学連合宿は終了しましたが、同じメンバーが引き続き明日のF1南陽カップに向けてスタッフ、選手として準備作業をやってくれました。前泊の選手や協賛メーカーさんも続々と赤湯入りして来ていよいよ本番が始まる雰囲気になってきました。本当に明日天気になーれ!です。

会場設営やらテイクオフ整備やら、お疲れ様でした。明日もよろしく!