ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2005年3月分

2005/3/31(木)
 寒気の影響で荒れ風でした。東北学連合宿ではツリラン講習とレスキューパラシュートのシミュレーションを行いました。各地で飛び回っている学生フライヤーも実際にロープを使って降りてみるトレーニングや自分のレスキューパラシュートを引き出してみるのは貴重な経験になった様です。

高さ3mでも結構プレッシャーがかかるロープ降下。みんな真剣です。合宿参加の全フライヤーがツリランセットを活用して実際に降りられました。
レスキューパラシュートシステムのチェックも全員出来ました。
2005/3/30(水)
 冬型の気圧配置が続いています。西風が強くフライト不可。今日から始まった東北学連合宿は学科講習からのスタートになりました。
 明日は今日より穏やかな気圧配置になりそうですが・・・寒気の影響があまり出ないことを祈っています。

夜も仲良く各大学の交流会!
(「空」の衣袋さんが仕事後に差し入れしてくれたの図)
2005/3/29(火)
 三月も末だというのに「冬型」の気圧配置、です。西風強く雨が断続的に降っていました。この雨のおかげでで十分一山斜面の雪は無くなりましたが・・・。
 クラブハウスには山家君が卒業の挨拶に、冨田君が入校手続きに来てくれました。午後には明日からの東北学連合宿に前泊の室蘭工大の皆さんも到着。日曜日のF1南陽カップが終了するまで賑やかになりそうです。

山家君卒業おめでとう!これからも良き社会人として飛び続けて下さいね。

(よく遊んでもらった我が家の子供達との記念写真。山家君が入学した時にはまだ保育園児だった彼らは4月には中学生と小学5年生です。)

新入校の冨田君(左手前)とYUPCと室蘭工大の皆さん。
明日からの合宿もF1もよろしく!
2005/3/28(月)
 予報どおりの東風で昼過ぎには雨が降り始めました。今週末のF1やら東北学連合宿やらスカイフェスティバルの準備には最適な一日でした。今田さんが冬眠からお目覚め!これからいっぱい飛びましょうね。
 明日も残念ながら雨でしょうがクラブハウスでは大会準備の追い込みに入ります。差し入れ・手伝い大歓迎!
2005/3/27(日)
 高気圧の中心は東海上に抜けてしまいましたが、その分穏やかなコンディションに恵まれました。心配された気圧の谷の接近も午後3時頃までは影響なく、山形県選手権はL/D競争とアキュラシーの2タスクが和やかに行われ無事に終了しました。(詳しくは「お知らせ」にアップしておきます。)選手・スタッフの皆さんお疲れ様でした。
 昨日までの雪は夕方までにすっかり消え去り回収道路は乾いて山肌は土が露出してきました。お日様が一度顔を出してくれれば力強いサーマルが発生しそうです。が、残念ながら明日は前線を伴った低気圧の接近で雨降りでしょう。

ソアリングシステムチーム最高の5位獲得した衣袋選手。フロントコンテナには最新のGPSバリオ5020が装備されていましたが・・・・。来週のF1本番では大活躍してくれることでしょう!

少し日差しが差し込むとサーマルが発生。しばしソアリングを楽しむ方もいらっしゃいましたが、タスク2はターゲット勝負。滑空比の良いグライダーなら勝てるというわけでもありません。

表彰式の後、賞品を手にハイポーズ!楽しく飛んだ後は皆さんいい顔しています。
この後更にフリーフライトでも楽しんで頂けました。
2005/3/26(土)
 冬型は緩み始めていますが、赤湯界隈はまだ風が強く雪が断続的に降っています。残念ながら今日はフライト出来ませんでしたが、クラブハウスでは明日の山形県選手権実行委員会のYUPC皆さんや大島君、奥野さんらで賑わっていました。夕方には筑波に引っ越す途中の松井君一家がご挨拶に寄っていってくれました。(松井君またねー。落ち着いたら遊びに来てねー!)
2005/3/25(金)
 予報どおり、強風と雪降りの一日でした。雪は降っても積もらずにその場で溶けてしまっているので、この冬型の気圧配置が緩んで寒気が抜ければすぐにフライト再開できますが・・・。何とか日曜日の山形県選手権には良いコンディションになってくれることを祈るばかりです。
2005/3/24(木)
 風向が北西から南よりに変わり次第に東風が強まって行くという感じで、まさに気圧配置の変化どおりの一日でした。朝のやや荒れた風と、これから更に寒気が入って来る事を懸念して早めにフライトを終了してしまったものの、日中は穏やかに晴れてくれてフライト可能でした。(スカイフェスティバルの協賛集めに回ってたんです。残念・・・)
 明日は今日通過した低気圧が太平洋上で発達し強い冬型の気圧配置になるでしょう。強風と雪が収まってからのフライトに期待、です。
2005/3/23(水)
 前線は通過したものの本州付近は未だ気圧の谷の中、雨が降ったり止んだりで置賜盆地は霧に包まれていました。おかげでスクール事務や大会の準備が心穏やかに出来ました。
 明日、日中の気圧の傾きは小さく、穏やかに晴れてくれそうです。近づいている寒気が余り強くない事を祈っています。
2005/3/22(火)
 高気圧の中心は東海上に抜け、西からは前線を伴う低気圧が接近中です。朝の内は曇りながら微風南風で初級者講習に最適なコンディションでした。その後、徐々に東風に変わり雨が降り始めました。明日にかけてのこの雨のおかげで雪解けが更に進むでしょう。

曇っていてもサーマルが無くても、安心フライトはやっぱりいいもんです。初級者や冬眠から目覚める人はこんな風の日にたくさん飛びましょう!
(テイクオフの下の方は草が出てきました。)
2005/3/21(月)
 夜明け前に前線が通過、高気圧が張り出して来ましたが、やはり西風が強めで昼下がりまでウエイティング。クラブハウスでは、岩手名物の卵めんを食べたり(稲葉さんご馳走様でした。)おしゃべりしたりでまったりとした空気が流れていました。午後3時頃から少しづつ凪ぎ始めてフライト開始。リッジと不思議なサーマルでソアリング出来ました。

久しぶりに高ツムジ山をトップアウト。山肌の茶色い土が随分と露出して来ました。日に日に雪解けが進んでいるのがわかります。いよいよ本格的なサーマルシーズンの始まりです!

町からでもなく山からでもない何か不思議なサーマルに導かれるままに国道13号交差点(F1南陽カップの時のGパイロン)まで到着してしまいました。アクセル踏まずに40分、ハッツキ山に戻るのには40秒・・・・。

「空」秋田副支部長こと松澤さんのお帰り。
やはり秋田から来てくれて、安全祈願祭では「空」を代表して玉串を捧げた方の飛びは一味違います。いい感じのアーベントに巡り合えました。
2005/3/20(日)
 穏やかな天候に恵まれた一日でした。朝練習組は青空の下で順調にフライトを重ねていました。B級検定の村上さんは1本練習した後、検定フライト3本を午前中で終了、しっかり合格してくれました。ビジターさんも多く、春らしく賑やかなエリアになって来ました。夜は小国の旅館でYUPCの追いコン、クラブハウスでは美食研究会でした。

B級実技検定合格を決めた時の村上さんのランディング。落ち着いていて、とても良いアプローチでした。

B級検定合格おめでとう!のポーズ。「空」の皆さん、テイクオフサポートありがとうございました。
(夜のクラブハウス夕食会もご馳走様でした。)

終始のんびりムードのテイクオフ。掘り出したベンチに座ってフライトを眺めているベテラン勢。

今年のYUPC卒業生は山家君、栄城君、松井君、長井君(と写真に写ってないけど小永井君、あすかちゃん)
卒業おめでとう!また遊びに来てね!
2005/3/19(土)
 冬型の気圧配置は南から緩みつつも、まだ雪がちらつき北西風が強く吹いていました。クラブハウスでは安全祈願祭が滞りなく終了しました。その後、F1南陽カップの実行委員会も開かれました。あと2週間、選手スタッフの皆さんよろしくお願いします。
 明日は今日より穏やかで良いお天気になるでしょう。気圧の谷が接近してくる前に青空と穏やかな風で飛びたい方は朝練習します。午前8時クラブハウス集合です。

空、YUPC、STOOGEの皆さん、全てのフライヤーが安全フライトできますように!
2005/3/18(金)
 荒れ風と雨の一日でした。おかげで残雪はみるみる減ってきました。冬型の気圧配置は明日まで続きそうです。寒気の影響にもよりますが何とか明日の後半くらいから飛べたら幸せなのですが・・・。
 明日の安全祈願祭は天気に関係なく午前9時半よりクラブハウス内にて執り行います。安全飛行を願う全てのフライヤーを歓迎します。
2005/3/17(木)
 朝は南よりの穏やかな風でしたが10時頃から東風が入り、雨が降り始めてしまいました。山の雪解けはこの雨のおかげで加速度的に進んでいるのですが・・・。早くお天気が回復してくれる事を祈るばかりです。きっと今週末には良いコンディションになってくれるでしょうが、明日は強い冬型の気圧配置となり強風になりそうです。
2005/3/16(水)
 早朝に気圧の谷が通過しました。その後やや荒れ気味の西風になりましたが、午後3時頃からは安定した南西風に変わりハッツキ山リッジソアリングを楽しめました。
 サーマルはあまり感じられないものの広い範囲でリッジリフトが発生しF1のパイロン撮影も概ね完了。大会当日に今日の様なコンディションだったらゴール者多数で賑わったことでしょう。(何かサーマルが無くてもハッツキ山が使えるのは心強いです。詳しくは19日の実行委員会で!)
 明日は前線が近づいて来ます。その影響が出るまで、早い内は飛べるでしょう。

南西風でリッジをとりながらF1ごっこのスタートです。
(ログハウスに横付けしている灰色のトラックは自販機屋さんでした。これで飲み物もOK!)

ハッツキ山「J」パイロン付近から十分一山を見ると、随分と雪が溶けてきていました。あと数日でこの山肌からもサーマルが出るようになりもっと良いコンディションになるでしょう。
(大会成立の為には、今日みたいな日でもリッジで動けるのはありがたいですが・・・やっぱりサーマル欲しい。)

いっぱい仕事が残っているのに風が少し弱くなると、いてもたってもいられずに事務所を飛び出して行った「競技委員長」は殆んどのパイロン撮影終了。その後ものんびり飛んでから夕方ランディングに帰って来て「満足、満足!」
(午前中で帰らなければならなかったあいさん、ごめんなさい。)
2005/3/15(火)
 高気圧の圏内ながら高層にできた弱い気圧の谷の影響により、うす曇りでとても穏やかな一日でした。南よりの風に暖められて残雪はすごい勢いで溶けています。このままいけばあと数日でサーマルが出始めるでしょう。
 明日は気圧の谷が通過した後、西よりの風が許容風速内に収まってくれればハッツキ山リッジソアリング日和になるでしょう。(F1の西風タスクの練習が出来ますように!)

今日は渋かった。
「カイエン」でも上がらない時は上がらない・・・。

日差しと共に弱いサーマルブローが来た!と思って万全の装備で飛び立つ泉。出だしはOKながら

やはりちょっとだけ回してやっぱりランディング。
(それでもテイクオフに車を横付けして、さっさと飛べる幸せ!久しぶりに何本も飛びました。)
2005/3/14(月)
 朝の内は雪が降っていましたが天気は徐々に回復。西風は強いものの昼下がりには青空が見えました。こんな日は心穏やかにF1南陽カップの準備が出来ます。警察や消防に挨拶回りも済みました。好意的で熱心に打ち合わせをして頂けました。
 明日は高気圧に覆われ良いお天気と穏やかな風になるでしょう。
2005/3/13(日)
 なんとこの時期に一日大雪。でも雪温は低くないので、山頂へ車で登れます。
 明日は後半から雪が止みそうなので、それからに期待。
2005/3/12(土)
 季節が完全に1ヶ月戻ったような吹雪になりました。今日は「山形県選手権」開催ということで、朝から開催担当のYUPCメンバーや選手が集まってくれたものの、キャンセルとなり27日(日)に順延されました。その後はクラブハウスでF1実行委員会になり、意見・アイデアをたくさん出してもらいました。
 明日は真冬の様な雪の一日になるでしょう。春はいつ・・・。
2005/3/11(金)
 温暖前線に挟まれた弱い気圧の谷の中にあって曇天・微風、ぶっ飛びは可能でした。クラブハウスではYUPCの皆さんが明日に迫った山形県選手権の準備をしてくれていました。
 今日の内に寒冷前線が通過し、明日から冬型の気圧配置となるでしょう。西風が許容風速内に収まってくれる事を祈るばかりです。

タスクは?賞品は?係は?楽しそうな会議風景。
(明日はF1南陽カップの打ち合わせもあります。)
2005/3/10(木)
 小さな移動性高気圧が通過して行きました。思ったより日射が少ないながら、その分とても穏やかなコンディションでした。車道開通をHPで知ってさっそく来てくれたビジターさんや久しぶりのリハビリフライトに来てくれた木村さんに、のんびりフライトを楽しんで頂けました。
 明日は温暖前線に向かって吹き込む南よりの風で早い内は飛べるでしょう。寒冷前線の到来の後は残念ながら荒れたお天気となりそうです。

木村さんのアプローチ。
後方のブドウ園付近では土が見えてきました!

すっかりのんびりモードのテイクオフ。
ベンチを掘り出してみました。これで雪で濡れずにお弁当が食べられます!
2005/3/9(水)
 よく晴れてくれましたが西風が強い一日でした。十分一山への道路は除雪完了。これで車でテイクオフに上がれます!(が、今日現在まだ山頂に駐車はできないのでクラブハウスか登り口に車を置いて下さい。スクール車がピストン運行します。)
 明日は移動性高気圧が通過して行きます。日本海を東進する前線が来るまでは青空で飛べるでしょう。
2005/3/8(火)
 寒冷前線が通過しました。雨(春ですねぇ!)と荒れ風の一日。おかげでF1南陽カップの準備が心穏やかに出来ました。
2005/3/7(月)
 今日も一日よい天気に恵まれました。青空に誘われた十分一山登山隊は、この冬最後の(明日から除雪開始です!)雪中ハイキングを楽しみ、やわらかい風に吹かれながらのリッジソアリングも楽しめました。(積雪による逆転層が終日形成され上空の強い西風はエリア内には入って来ませんでした。)

積雪は多くても日差しには春の力強さが出てきました。
積雲が自分の影をランディングに映しているのが面白いです。もうすぐその雲底まで行けるシーズン到来です。
2005/3/6(日)
 本州の南岸に低気圧が進んで来たものの、広い範囲で穏やかな晴天に恵まれました。が、間もなく除雪となる十分一山では歩いて登る希望者はありませんでした。
 宇都宮移動組は、このあたりでは珍しい残雪の景色の中を楽しくフライト出来ました。昨日の雪は残っていても気温減率は良好でした。+4m/sのサーマルもあちこちにあり、サーマルトップは+700m。気温3℃ながら、うす雲の間から差し込む日差しは力強く、春は間近に来ている事を感じさせて貰えました。
 就職活動先から宇都宮駅まで電車でやって来てくれた順子ちゃんもしっかり1時間ソアリング。フライトでも、LDで振舞われたモツ煮でも満腹!の一日でした。

季節外れ、地域外れの大雪直後でも、テイクオフはしっかり除雪してくれていました。
右下に見えるのは噂のシグマ6。いい感じでした。

リハビリフライトと言いながらもきっちりサーマルに入って行く、西村さん。たっぷりと(標高1,000mで凍えるまで)リハビリ出来ました!

いつも天気予報で名前だけは見ているレイクランドカントリークラブ。コースを全て除雪しているのはさすがです。
2005/3/5(土)
 晴れていい感じの西風でした。十分一山に登っていたらハッツキ山リッジソアリング日和だったでしょう。(車で登りたい方も、もうすぐOKです。)宇都宮の雪は明日には解けているでしょう。

甲府白根から夜通し移動して来たYUPCの前部長と新部長が朝方に寄って行ってくれました。(顔がちょっとはれぼったいのでので逆光にしてピース)
学生リーグ団体年間2位おめでとう!
2005/3/4(金)
 本州の南岸を通過した低気圧の影響で関東を含め広い範囲で雪降り。今年の冬は長いです。そんな中、南陽市の会議があり南陽スカイパークの除雪開始が決まりました。3月8日以降には車で上がって飛べそうです。
 パソコンは全データを失ってやっと復活。これからはどんどん最新情報をお届け出来ると思います。
2005/3/3(木)
 西風穏やかで歩いて上れば十分一山で飛べそうでしたが、パソコンの復旧とF1の準備に専念。
2005/3/2(水)
 来週に韓国に帰るジオンが、挨拶に来てくれました。また今度会う時は韓国ツアーか?!
2005/3/1(火)
 F1南陽カップまであと1ヶ月!準備もあれこれ始まりました。YUPCの皆さんは甲府白根のパラフェスタに出発。