ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2004年12月分

2004/12/28(火)
 朝凪の間は晴れ間もあり、雪化粧したきらきらした十分一山で今年の飛び納めが出来ました。午前11時頃から本流の西風が入り始め、ハッツキ山リッジソアリングに適した風になったものの、雪雲が次々に近づいて来ていたので、慎重を期してフライトは見合わせました。(最近はインターネットのおかげでリアルタイムの気象情報が入手し易くなり、安全率向上にも貢献してもらってます。)
 今年のスクールは今日で終了。1年間、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。


薄っすらと雪化粧した置賜盆地が美しい!1年間飛ばせてもらってありがとう!
2004/12/27(月)
 曇りで時々雪が舞っていましたが、地熱も気温も高い為に雪が積りません。ただ西風が強くフライトは難しい日でした。クラブハウスではひたすらリパック作業をしていました。
 明日も今日と同じような天気・風でしょう。
2004/12/26(日)
 朝は濃い霧が発生しテイクオフが見えたのは午前11時頃、それから暫くは青空で南西風のいい風が吹いていましたが(写真は撮れませんでした。ごめんなさい)午後3時頃から低気圧の影響が現れ荒れ風となりました。
 明日は冬型の気圧配置になるでしょう。西風が許容風速に収まることを祈っています。
2004/12/25(土)
 朝は11時過ぎまで穏やかでしたが皆川さんがリッジをとって奥野さんと相原さんが上げ始めた頃から西風が強まり、日中はパラグライダーの許容風速を超えてしまいました。風力が落ちるのを待ちながらクラブハウスではB級課程の学課講習や事故報告研究などが行われました。午後3時頃から再び穏やかな状態になりフライト再開のトップを切って出た相原さんはハッツキ山リッジソアリングを楽しめました。夕凪で浅田さん、宮本君もフライトできて、B級課程修了。
 明日は日中に寒気を伴った低気圧が通過するため、荒れ風で雪も降りやすいでしょう。


メインランディングの雪は殆ど消えてしまいました。



風待ちの間にアクセルフットバーのセッティング。スギナツ姫に尽くす(?)皆さん。(風待ちの間は親切ですねー。)



昼下がりにはテイクオフの雪も無くなってしまいました。


夕凪のラストフライトは浅田さん。軽いピッティング・ローリングをやってから高度処理OK。B級課程修了です!(昼間に学課講習も終わって、いいタイミングでした。)
2004/12/24(金)
 気圧の傾きは小さく穏やかな西風、曇り時々晴れ、時々雪がちらつくコンディションでした。ぶっ飛びながら、この冬初めての真っ白な雪の上でのフライトを楽しめました。夜は五十嵐研究員も加わって美食研究会です。
 明日は弱い気圧の谷が通過する時に、にわか雨(12月なのに!)を降らすかもしれませんが大崩はなく穏やかにフライト出来るでしょう。

青空と雪のコントラストがきれいです。
万全の装備で飛び立つ「シェフ」こと奥野さん。



穏やかなので望と梢もタンデムフライトできました。
(今日は会報発送作業のご褒美です。)


曇ってくるとこんな感じ。西風がもう少し吹いてくれればハッツキ山日和なんですが・・・。
フロントランチで走って飛び立つのは五十嵐さん。
2004/12/23(木)
 今日も冬型の気圧配置でした。西風強風、曇り時々雪でフライトは不可。クラブハウスではのんびりと学課講習やハーネス研究会の一日でした。夜は奥野さんをリーダーとしたカニと和牛の研究会(?)です。
 明日は冬型の気圧配置も緩みますので西風で楽しめるでしょう。積雪は少なく4WD車なら十分一山に登れます。(が、フライト前ミーティングの後スクール車で上がればもっと楽チンです。)


午後3時ころの第一テイクオフ。
10cm位の積雪です。早くに飛ぶ人はグライダーを汚さないで済みそうです!
2004/12/22(水)
 冬型の気圧配置が続いています。今日現在まだ道路に降った雪などは落ちるそばから解けていっている状態ですが・・・。
 明日も西風が強めで雪が降りやすい状態が続くでしょう。クラブハウスを暖かくしておきますのでどうぞお茶飲みにでもきて下さい。

soaring systems letter no.49の発送作業風景。
冬休みになった彼らが全部やってくれました。皆さんのお手元にももう少しで届くと思います。
(年末年始のスケジュールや行事報告など、このHPで載せてる物と同じ内容ですがやはり紙でほしい方もいらっしゃるので。切手も何が貼ってあるかお楽しみに!)

2004/12/21(火)
 今日は冬至です。ということは明日からは日が長くなっていきます!十分一山周辺ではようやく雪が少し降りました。まだ気温も地熱も高い為、降っては消えてを繰り返しています。クラブハウスでは昼間はゆっくりと学課講習。夜はレスキューパラシュートのリパックがハイペースで行われています。(暖房つけて除湿機かけてきっちり乾かします。今週中に後7つ!)
 年末年始休校や行事の予定をアップしますのでこちらもご覧下さい。
 明日も冬型の気圧配置が強く、雪まじりの強め西風です。

クラブハウスももうすぐクリスマス・・・なのに狭い・・・。
(週末のパーティまでには、このレスキューパラシュート君達はちゃんと皆さんのハーネスに戻します。)
2004/12/20(月)
 前線が接近中でしたが午後3時頃まではその影響は小さく、青空でした。、十分一山周辺の山には南東風を示す雲が見えるものの、午後2時頃までエリア内は穏やかな南風に恵まれました。暖かい日差しの中でタンデム講習やフリーフライトが楽しく出来ました。
 明日からは冬型の気圧配置、西風が強まり十分一山にもいよいよ雪が降りそうです。


新入校の今田(コンタ)さん。午前中入校手続きと学科講習をしてから、タンデム講習2本OK。これから、どうぞよろしく!


本日の最終フライトは長谷川さん。弱い南東風が入り始めたメインランディングにアプローチ。
2004/12/19(日)
 中心が北にある高気圧に覆われて本流は弱い北風でした。北風と南斜面のサーマルが程よくぶつかっているのか午前10時半頃からしっかりしたシアラインが形成され積雲も発達してきました。まずは山口君、中村順子さんがセンタリング開始、他機と調和してしっかり上げて行ける様になりました。雲底から動き始めてクラブハウス一番乗りを果たしたのは細井さん。その後、本流の北風が強くなりウエイティング。午後1時過ぎから再びテイクオフに弱いブローが入り始め、木村さんが果敢に北と南の風が入り混じった風の中を上げて行きました。雲中に入らない様に耳折したりしながらクラブハウスやらあちこち「F1」のパイロン(?)下見を楽しめた様です。山口君も今日は2本とも上げ切って線路山アウトアンドリターンなど順調にXC課程をこなせました。今日の最大到達高度は1500mで木村さんでした。(山口君は1200m。)奥様を看病してから山に来るなどの徳を積んだ方はやはり一味違います。


アーチが特徴的なオメガ6。木村さんに操られて向かいの雲まで一直線!雲底から高度をいくらも使わずにクラブハウスまで行ってしまいました。(レポート求む!)


イプシロン4の山口君も頑張りました。こんな日はタンデム講習どころじゃないよね!
(月夜に飛んでる訳ではないけれど、さすがに冬至近くのお日様は何か弱々しく寂しげです。)


田崎君のアプローチ。あと軽いピッチングとローリングの導入をこなしたらB級課程修了です。


村上さんのアプローチ。きっちりと高度処理が出来ました。B級検定の練習としては完璧!
2004/12/18(土)
 曇り空、これ以上ない位の静大気の中で昼過ぎまで飛べました。テクニカル練習、タンデム講習、テンパス試乗等、皆さんそれぞれ2本ずつフライトした後、12時半頃からポツポツと雨が降り始めました。
 明日には今日の雨をもたらした前線は太平洋に遠ざかり再び高気圧に覆われるでしょう。北西風が吹いたら高ツムジ山テイクオフから飛びます。

テイクオフは穏やかな南風。

ランディングも穏やかな南風・・・。雨降り前の幸せなひと時。
2004/12/17(金)
 冬型の気圧配置は緩みつつありますが曇りでまだ北西風が強い一日でした。早朝に降った雪は昼過ぎには全部溶けてしまいましたが・・・。様子見にフライヤーが次々と入れ替わりに寄っていってくれました。こんな日はクラブハウスを暖かくしておきますので、どうぞお茶飲みに来て下さいませ。
 明日は高気圧の中心は東海上ながら接近中の温暖前線に向かって南よりの風が吹き、日中は穏やかなコンディションで飛べるでしょう。
2004/12/16(木)
 前線通過、昼から雨降りでした。明日も風が強いでしょう。この冬型の気圧配置が緩んだらまた飛びます!(今年は本当に雪降りが遅いです。明日、明後日で少し雪が降るかもしれませんが、山に車で登れる間は十分一山で講習します。)
2004/12/15(水)
 秋田沖に接近中の低気圧と温暖前線に向かって吹く、南よりの風に恵まれました。曇りながら朝から飛びやすい風で初級者には最適なテクニカル練習日和でした。
 明日は前線通過後、太平洋沖で低気圧が急発達して大荒れの天気となるでしょう。十分一山にも初雪が降るかもしれません。


冬の太陽に向かって飛んで行くパルサー。
今日のテーマは「初冬に飛ぶ」です。これテイク3です。(ってことはこの為に3本飛んでるの?・・・いいえ、みんな飛びたくてもっともらしい言い訳をつけてるだけです。)


枯れた湿地帯の上を飛ぶミストラル。
もうすぐ雪化粧しそうですが今は渋くセピア色。(よく見ると向こうも携帯電話で写真を撮ってます。あんまり穏やかで電話も掛けられそうです。)

鈴木さんも昼休みに押さえの1本!大変良い職場とエリアです。(やっぱり飛んでないと、いい仕事はできません。)
2004/12/14(火)
 移動性高気圧の真ん中に入り、青空と穏やかな風とサーマルに恵まれた一日でした。朝10時には既に飛びやすい風がテイクオフに入っていてバブルサーマルが出始めました。今日最初のサーマルヒットは五十嵐さん、弱い上昇気流を捕まえるタッチはさすがです。久し振りに十分一山に来てくれた五箇さんも力強いセンタリングでサーマルに入って行きました。12時頃から斜面が温まってきて体験タンデム、順子ちゃん、長谷川君、ゆきえちゃん他の皆さんもサーマルソアリングを楽しみました。一番上げたのは木村さんで1050mまで(もっと上までサーマルはありましたが手が冷たくて降ろしてしまったそうです。残念。)池田君はタンデム講習、グラハン合格、次回はソロフライトです。(五十嵐さんタンデムありがとう。やっぱり徳を積んだ方は上がりますねー!)
 明日は低気圧が接近して来ますが十分一山より北を通ってくれれば日中一杯は南西風で楽しく飛べるでしょう。


厳冬期用の防寒着にピカピカのベルベットハーネスで準備は万端の五箇さん。何度も上げ返して長時間ソアリングしていました。


五十嵐さんが上げ始めたらすぐに長谷川君、五箇さんが追いかけて行きました。いい感じでセンタリングしてます。(この上で二人を引っ張ってくれた五十嵐さんはカメラに入れられませんでした。更にこの後、混雑してからは金井も泉もカメラを持っていられませんでした。テイクオフ前でソアリングしていた皆さん、かっこいい飛びを写せなくてごめんなさい。次はもっと安心して見ていられるセンタリングをお願いしますね。)

こんな日は泉も飛びます。掴みはOK。後は早くランディングして誘導して下さいね。
2004/12/13(月)
 冬型の気圧配置で寒気の影響もあり、不安定で風が強い一日でした。エリア周辺のあちこちで発達した雲が局所的ににわか「雨」を降らせていました。(今年の冬は本当に雪が遅いです。)
 明日はまた移動性高気圧に覆われ良い天気になるでしょう。十分一山からフライト出来ると思いますが穏やかな北西風だったら高ツムジ山からも飛びます!
2004/12/12(日)
 移動性高気圧は東に中心を移し、西から低気圧が接近中ながら、午後2時頃まで青空と穏やかな風に恵まれました。朝一からテクニカル課目の練習や静大気を利用したL/D競争が行われました。昼頃弱いサーマルを捕まえた方は+80m。ジオンはタンデム講習OK。高橋君はB級課程修了です。浅田さんは高度処理OK。次回軽いピッチングとローリングでB級課程修了です。中村さんはアルファ3初飛びおめでとう。


奥様の横から最終アプローチの木村さん。オメガ6に随分、慣れてきました。奥様も順調に上手くなってます。これでニュージーランドツアーはバッチリ!


飛びやすい風だからタンデム講習もどんどん進みます。山口君のタンデムマスター課程のパッセンジャーを引き受けてくれたのは長谷川君。


無事にタンデムフライトを終えた二人には、また新たな友情が芽生えたようです。
(これは男女だったら絶対、新たな愛が生まれる、とは初マスター&初パッセンジャーのお二人の弁)

アルファ2に乗っていただけにアルファ3初日からいい感じでソアリングしていた中村さん。さすがNP!さすがスーパーDHV1!
2004/12/11(土)
 冬型の気圧配置で北西風が強い一日でした。クラブハウスでは事故対策の講習会。明日は移動性高気圧に覆われ日中は穏やかに晴れるでしょう。
2004/12/10(金)
 今日も青空、穏やかな天候に恵まれました。昨日からの晴天で強い接地逆転層が形成され、気持ちよくぶっ飛び、またはテクニカル練習が出来ました。サーマルを期待していた皆さんごめんなさい。でも、寒冷前線がこれだけ近づいて来ていて、すぐ上の層は北西風が強いのに夕方まで飛べたのはこの逆転層のお陰なんです。
 明日は前線通過後、冬型の気圧配置になるでしょう。北西風が強くなり過ぎない事を祈っています。


ぶっ飛びながらも気持ちいいフライト。ランディングは雪化粧していないものの枯れた冬の色になってきました。
この濃い逆転層を見て「雪?!」と聞いてきた見学の方もいましたが・・・今年は暖かくて雪降りが遅いです。


穏やかな大気の中でローリングの練習をする。桑島さん。いい感じになってきました。

北西風を感じて高ツムジテイクオフへ移動してみましたが、パラグライダーには少し強く、フライトは見合わせました。結局、また第一テイクオフへ戻って楽しくぶっ飛び!
ここの北西風が200m下の第一テイクオフに入ったのは2時間後、夕方になってからでした。
(写真では上手く表現できませんが真っ白な月山がとても綺麗でした。)
2004/12/9(木)
 移動性高気圧に覆われて青空が広がったものの、置賜盆地の広い範囲で北風が支配的でした。サーマルブローを待っていたのですが結局、力強いサーマルは発生しませんでした。
 クラブハウスのロープライトは文字の形が間違っていたので直しました。(直した後の写真は昨日の日記の写真と差し替えておきます。)
 クラブ「空」から要望のあった掲示板を作りました。どうぞ活用ください。このHPのリンクページにも入れておきましたが、アドレスはhttp://www2.ezbbs.net/27/soaring-ku/
2004/12/8(水)
 高気圧に覆われ始めたものの寒気の影響が残り荒れ風でした。明日には早くもこの高気圧は抜けかけ・・・・。東風になる迄は青空で飛べるでしょう。


クラブハウス前のラティスフェンスにロープライトを結んでみました。
(花が少ない季節の景気付けに少しはなるかな・・・。)
2004/12/7(火)
 前線接近中ながら昼過ぎ迄は、穏やかにフライト出来ました。それ以降は前線の影響が現れ始め、風が荒れてきたのでフライト終了。
 会議ではスカイフェスティバルIN南陽の日程などの原案が出来ました。(吹流しについてはもう少しお待ち下さい。)


荒れ風になる前に飛べるだけ、飛びましょう!と曇り空に飛び立つのは相原さん。
(「ツイスター」の試乗が、できなくてすみませんでした。)
2004/12/6(月)
 冬型の気圧配置が続いています。西風が強く小雨が時々パラつきました。吹流しや登り道の復旧ついでに夕方飛ぼうかとも思いましたがあまり楽しそうな雲行きではありませんでした。
 明日は朝から南陽市の会議があります。懸案の吹流しの話もして来ます。
2004/12/5(日)
 前線と低気圧が通過して行きました。猛烈に発達した低気圧に吹き込む記録的な強風でした。各地の被害が心配です。十分一山は今のところ吹流しが倒れたくらいですが・・・。
 予報どおりの大荒れのコンディションの為、皆さんクラブハウスでのんびりしてから、それぞれの帰路に向かわれました。バイクで忘年会に来てくれたスラビクさんや東京に帰る石鍋ご夫婦は無事に到着できたでしょうか。
2004/12/4(土)
 前線接近に注意をしながらも結局、穏やかな曇りの状態が日暮れまで続きました。フライトは午前10時から午後3時頃までぶっとびOK。タンデム講習、テクニカル課目の練習には最適で、気持ちよく5本位フライト出来ました。
 それからは少し早めに実技講習を終了してクラブハウスで忘年会。参加者の皆さんが心づくしの一品を持ち寄ってくれて、(本場韓国のチジミ、ウクライナのボルシチ、関西風肉じゃが、などなどどれも本当に美味しく頂けました。)楽しいひと時を過ごしました。また来年、一人も怪我なく全員集合です。

ツイスターの試乗をしてくれた奥野さん。
「シェフ」は早めにクラブハウスに戻り忘年会用の料理を作ってくれました。ご馳走様です。

山口君のタンデム講習開始。まずは五十嵐「マスター」にパッセンジャーで乗せられる練習から!
ランディングをばっちり決めての一枚。段々二人の雰囲気が似てきたぞ?!

定刻どおりに忘年会の始まり始まりーー!みんな一年間無事で何よりでした。まずは乾杯!
手作りの料理がテーブルに溢れてます。
2004/12/3(金)
 朝から青空、良いコンディションを感じさせるスタートでした。午前8時の朝凪タンデムフライトの後から続々とフライヤーが集まり始め、20人近い方にフライトして頂けました。穏やかな内に「押さえの」1本を飛んだ後は皆さんサーマルタイムに期待して逆転層がとれるのを待っていましたが、なかなか素直なサーマルブローが入って来ませんでした。午後1時頃からの荒風の時間帯をやり過して待っていた方々は3時頃から穏やかなアーベントに乗って気持ちいいサンセットフライトが出来ました。夜は仕事が終わってからクラブハウスに前泊の奥野さん、五十嵐さん、スラビクさん、衣袋君と明日の忘年会の練習!

まだ地面が凍っているテイクオフでスタンバイするのは新入校の池田君、初めてのフライトに緊張していましたがフライトはバッチリ楽しめました。これからもよろしく!

雲も発達してきて、そろそろサーマルタイムかな?!ダミーを見つめるフライヤー達。日向ぼっこには最適な一日でした。

やっと、お休みがとれた五十嵐さん、今日の最後は穏やかなアーベントソアリングで締めくくり。
2004/12/2(木)
 高気圧が大陸から張り出してきて青空にはなりましたが西風が強い一日でした。夕方には幾分、風力が落ちてきたもののやはりパラグライダーのフライトには少し強い為にフライトは見合わせました。
 クラブハウスでは入れ替わり立ち代わり、フライヤーが訪れてくれて賑やかに・・・お茶飲みとDVD鑑賞とハーネスチェックをしていました。(問い合わせ多数、来られなかった方もご安心?下さい。)
 明日は高気圧ど真ん中。穏やかなコンディションが期待できます。午前8時から早朝練習します。
2004/12/1(水)
 朝凪のち西風と、ここまでは予想通りだったのですが、予想以上に大気の状態は不安定で、いい感じの風でリッジソアリングしようかなと思うと次の雲が来て雨が降ってくる、といった繰り返しでした。このところなかなか終日良いコンディションの日が巡って来ないなぁ・・・。
 明日は再び冬型の気圧配置で風が強まりそうです。が、明後日には今度こそ高気圧どっぷりで青空の下でソアリング出来るでしょう。