ソアリングシステム パラグライダースクール これまでの「十分一山日記」トップページへ


十分一山日記 2004年11月分
2004/11/30(火)
 クラブハウスに初雪が降りました。勿論、朝のほんの一時、ほんの少しだけ降ってすぐに消えてしまいましたが。この雪をもたらした寒気の為、荒れ風フライト不可。ただ、この寒気は移動も早く明日からの影響は小さくなりそうです。許容風速に収まってくれればハッツキ山日和になる予定!
2004/11/29(月)
 弱い冬型の気圧配置は緩んできていてそんなに強風でもないのに寒気の影響で荒れ風でした。今夜通過する強い寒気が遠のいた後は、落ち着いて飛べるかな?早く飛びたーい。
 今度の土曜日の忘年会の買出しを始めました。(が、まだまだどのようにも出来ます。リクエスト募集中。)
2004/11/28(日)
 大気の状態が不安定な事を示す雲が常に上空を覆い、足早に移動していました。エリア内も西風強風の為、フライト不可。岩沼の鈴木さんが芝生を持って来てくれたので、テイクオフの後ろのセットアップゾーンに張りました。ありがとうございました!
鉄塔も見えない位、怪しい雲行き。こんな時は安心してエリア整備できます。
(衣袋君もありがとう。早く偉くなって市の予算を取って来てね!)
2004/11/27(土)
 嵐の夜が開けてもまだ風が強い一日でした。クラブハウスでは駐機場の前に置くベンチを作ったり、お茶飲みしたり・・・でした。(山口君、宮本君、新エリアの視察?お疲れ様でした。)
 明日も冬型の気圧配置が続きます。風が強すぎなければハッツキ日和ですが。
2004/11/26(金)
 移動性高気圧は中心を東海上に移し、前線も接近して来てはいたものの、昼過ぎまでは穏やかなフライトが出来ました。11時頃までは、ほぼ静大気、その後は弱いサーマルを捕まえてソアリングした方々が+100m位。青空に誘われたのかサンライフや坊平やX10や風の丘の皆さん等も来てくれて賑やかなひと時でした。午後1時頃からは東風が入り始めフライト終了。
 明日は非常に強い冬型の気圧配置、大荒れでしょう。クラブハウスでは学課講習でも、お茶飲みでもOKです。

「皆勤賞」桑島さんのリバースライズアップ。しっかりとキャノピーを安定させてます。

ランディングアプローチもバッチリ。ターゲットオンでした。
2004/11/25(木)
 強い冬型の気圧配置、強い西風が吹き続けた一日でした。こんな日には・・・クラブハウスを暖かくしておきますので、どうぞお茶飲みにでも来て下さいませ。
 明日の日中は一時的に冬型が緩みそうです。大荒れの天気になる前に飛びたい人は集まれー!です。
2004/11/24(水)
 寒気を伴った気圧の谷が接近中、曇りで時々小雨がパラついていました。フライトは出来ませんでしたが、お陰で台湾ツアーやHP改良の事務仕事が心穏やかに出来ました。
 4日間も続いた良いサーマルコンディションは、今日から一休みです。今度入ってくる寒気が抜けて冬型の気圧配置が緩んだら、また飛びます!
2004/11/23(火)
 移動性高気圧に覆われ快晴、終日きれいな青空でした。本流は西風、やや風力に強弱がありましたが、秋らしい柔らかなサーマルが山沿いにも平地からも発生し、午後1時頃にはサーマルトップは1100m(+600m)。夕方までハッツキ山リッジソアリングも楽しめました。空、YUPC、STOOGEの皆さん20人にハングやビジターの方々も一緒にフライト。今日も十分一山界隈の空は大賑わいでした。
 飯塚さん、木村さん、菅藤君らは、さすがの粘りと上げっぷりを見せてくれました。中村君のセンタリングもいい感じ、パイロットが近づいてきましたね!久し振りにお休みの取れた太田さん、稲葉さんはゆったりとフライトを楽しめました。宮本君、田崎君は、もうすぐB級課程修了です。浅田さん、スラビクさんも随分上手くなりました。それから、それから・・・とても全員の素晴らしさを書き切れないけれど、みんなハッピーランディング!また山でお会いしましょう。
 
日中は本当に見事な青空でした。空気が乾いているからブルーサーマルになって探すのが少し難しかったかな?
マージンたっぷりでランディングに帰って来る太田さん、長井君が私は大好きです。(上げ返した菅藤君もカッコいいです。)

夕焼け・夕凪の中でファイナルアプローチする浅田さん。
(写真を撮ってる人影の長さが秋を感じさせます。)

「ハッツキ山」と「月」を背負って、飛び続けるのは稲葉さん。(本日のエリア内、最後のアプローチ))
台湾でものんびり安全フライトでたくさん飛びましょう!

日暮れ時、本日の最終スクール車に乗り込んだ幸せな皆さん。
みんなハッピーランディング!!
2004/11/22(月)
 秋晴れ、西風に恵まれました。午前10時前からテイクオフには南西風がしっかり入り、リッジソアリングが楽しめました。11時頃には逆転層が消滅、サーマルが立ち上がったと思ったらワンサーマルで+450m。そこから上は西風が強くて行けませんでした。その後、ランディングまで風が強まり、パラグライダーはお昼休み。午後3時頃から穏やかになり始め、午後から登場の菅藤君(試乗機のツイスター)と鈴木さんは夕方までハッツキ山リッジソアリングしていました。(夕凪とともにテイクオフには北西風が混じって来てしまいました。飛べなくなってしまった皆さん、ごめんなさい。)
 明日は高気圧に覆われ、今日よりも穏やかな良いコンディションになるでしょう。

昨日のスカイフェスティバル終了後、赤湯の「陣八」で今日のサーマル祈願を入念に(?)行った。「空」の本間会長、長沼幹事のツーショット。お腹いっぱいソアリングして頂けました。
(本間さんが乗っているのは、DHV1の「テンパス」です。)
2004/11/21(日)
 冬型の気圧配置は徐々に緩み穏やかな西風、寒気の影響で力強いサーマルにも恵まれました。JHF山形県連のスカイフェスティバルは予定通り、ハングもパラも一緒に和やかに楽しいフライトが出来ました。良いお天気に誘われて(?)参加者は何と51人。サーマルトップは午後1時半頃に1250m(+750m)。その後も西風リッジソアリングのコンディションは夕方まで続き、昨日の飲み会幹事の今野さんらは2時間以上ハッツキ山で遊んでいました。何が賞品になっているかわからないシークレットターゲットに向かって皆さん思い思いのランディング。木村さんはパラブーツ、山口君はヘルメットなど皆さん豪華賞品を貰ってニコニコの閉会式が出来ました。YUPCのトン汁などのお店も大好評の内に完売!ご馳走様でした。

各地からフライヤーが集まってくれました。(開会式のこの時間には昨日飲み過ぎた人達?はまだ来ていませんが・・・・。)

「空」の本間会長もソアリングした後は賞品の入った段ボール箱のシークレットターゲットを狙います。
2004/11/20(土)
 冬型の気圧配置、西風強風になるかと思いきや十分一山だけは許容風力内で収まってくれました。風が強くならない朝の内に押さえのぶっ飛びフライトを済ませた後は、にわか雨などをやり過ごした後、午後3時頃から楽しくリッジソアリング出来ました。東京から仙台に転勤できた大島君はアプコの最新鋭機サルサで久し振りのソアリング。金井もあれこれ試乗させてもらいました。夕方まで飛んだ後は、米沢の「みよし」の豚しゃぶで乾杯!

WOCのツイスター。何が凄いってこの派手な模様には脱帽です。このエイリアンマークはシールではなく裁断・縫付けされています。


紅葉は終了。少し寂しい山容ですがアプコの最新鋭機「サルサ」は注目の的でした。Mサイズ、Sサイズとも楽しくj乗らせて頂きました。

飛んだ後は「みよし」で乾杯!皆川さん、中村君、大島君おめでとう!
豚しゃぶが本当に、おいしゅうございました。
(この写真を撮った頃、主賓の一人の中村君は一生懸命働いていました。)
2004/11/19(金)
 朝から雨。何だか寂しい空模様、山模様でした。まだ華やかな雪化粧もないし、紅葉は終わって枯葉が少しだけ残り、雨に濡れて寂しそうでした・・・。
 お天気にかかわらず明日の中村君、皆川さんのNP合格祝と明後日のスカイフェスティバルは楽しくなりそうです。(たとえ強風でもラムエッティの中川さんは来てくれるから最新GPS内臓バリオ5020は、いじれます。)
2004/11/18(木)
 早くも高気圧の中心は東海上に移り、終日弱い南東風でした。風が止まった時にテイクオフは可能な様でしたが、フライトは見合わせました。お天気ばかりは仕方がありません。WOCの試乗機は次の良い天気の日までお預けです。
 県内各スクール、ファルホークさんラムエッティさん等のご協力でスカイフェスティバルの賞品が順調に用意できてます。ヘルメットやブーツも含めて豪華グッズ多数です。ちなみに雨でも風でも賞品分けのゲームをします。全員集合!です。
2004/11/17(水)
 予想以上に気圧の谷の影響が大きく、雨が降ったり止んだり、荒れ風がおさまったのは夕方でした。明後日には南岸の前線が北上して来るので、明日に期待です。(今日届いたウイングスオブチェンジの試乗機に早く乗りたーい!) 
 南陽スカイパークの山頂水洗トイレは、凍結の恐れがあるため水抜きをしました。今日から春までの間は、外のトイレをお使い下さい。
2004/11/16(火)
 雨降りで寒い一日でした。日曜日のスカイフェスティバルの準備をしました。賞品が集まってきました。
 明日は久し振りに晴れて風向きは良さそうです。強くならなければ楽しく飛べそうです。
2004/11/15(月)
 雨降り、フライト不可。台湾ツアー・NZツアーの準備は順調に進んでいます。(後は参加者の皆さんが申し込んでくれるだけ・・・。)
 明日は北海道にある低気圧が急速に発達し、強い寒気も入って来るでしょう。寒さと大荒れの天気にご注意下さい。
2004/11/14(日)
 穏やかぶっ飛び日和でした。薄い雲に蓋をされた様な状態で無風に近いテイクオフでしたが、穏やかでそれなりに気持ちよく飛べました。木村さんもオメガ6に慣れたかな?!
 金井も福島の教員更新時講習から無事に戻って来ました。
2004/11/13(土)
 昨夜の前線通過後、冬型の気圧配置になり曇り空で北西風やや強めでした。明日は気圧の谷で曇り空ながら日中は穏やかに飛べそうです。スクールは通常通り行います。金井は明日まで福島で教員更新講習会です。
2004/11/12(金)
 前線の影響で、雨降りのち荒れ風でした。終日フライト不可。明日からの教員更新講習会の用意や台湾ツアーの準備が心穏やかに出来ました。
2004/11/11(木)
 西から前線接近中ながら朝の内はまだそんなに荒れ風でもない様だったので、試乗機のテンパス27が届いたうれしさで十分一山に登ってみました。やや不安定な風向・風速ながら許容内と判断してテイクオフ。素晴らしいライズアップ性能とピッチ安定には驚かされました。が、やはりやや荒れ風でした。雲も段々と発達し、それ以降はフライト不可。 午後からは笑顔で、溜まっている事務仕事!

弱い左サイドフォローながらほんとに軽くスッと立ち上がるテンパス君。この立ち上がりには惚れてしまいそうです。
後ろは青空ですが・・・。

西側には前線性の怪しい雲が・・・。
まだ地表付近に怪しい風が下りて来てはいませんが、こんな時は本当に細心の注意が必要です。(金井も本当に逆転層に守られている事を確認してから飛んだんです。試乗機に乗りたいばかりに判断を狂わせたりはしませんが、念のため)
2004/11/10(水)
 高気圧の中心は東海上に遠ざかり、弱いながら南東風でした。朝霧が晴れてからサーマルブローを待って、体験タンデムフライトは「ぶっ飛び」OK。あまり景気のいいソアリングコンディションには成りそうにもないので他の方はフライトを見合わせました。
2004/11/9(火)
 前日からの放射冷却で非常に強い接地逆転層が形成されていました。朝霧が消えたのは午前11時頃。それでも秋の青空と穏やかな風が気持ちのいいフライトをさせてくれました。午後3時頃には30分位リッジソアリングも出来ました。
 浅田さん、村上さんは、午後2時頃に来てから3本フライトOK。大泉君復活。体験タンデムの3人にも楽しんで貰えました。栄城君、長井君ありがとう。
 明日も抜けがけながら高気圧の圏内です。天気も気温減率も良いでしょう。東風にならないことを祈っています。

飛び立つ前の緊張も何処へやら。「チョー楽しい」フライトに満足の笑顔を頂けました。
ランディングもバッチリ決まって、夕方には栄城先輩からの、もう一本おまけ付きの体験フライトでした。

体験者の一人は、偶然にも米沢・今野さんの姪御さんでした。今野さんは仕事を片付けて午後から応援に(?)駆けつけてくれて、タンデム機と一緒に昼下がりのリッジソアリングを楽しんでいました。
2004/11/8(月)
 青空ながら東風。サーマルブローはテイクオフに入ってきますが、楽しそうな風ではないのでフライトは見合わせました。明日はまた西風になりそうです。ハッツキ山紅葉見物も終了間近です。このチャンスをお見逃しなく!
2004/11/7(日)
 西風・サーマルコンディションでした。昨日は渋くてパラグライダーがターゲットで得点を稼いでいましたが、今日は強めの風とサーマルの中でハンググライダーがきっちりとパイロンを回っていました。何はともあれピンクカップは無事終了。ご協力ありがとうございました。
 スクール・フリーフライトも西風リッジソアリング日和。強めの風の中を頑張ってソアリングしていました。日中スクール車を回してくれた中村慶太君は長谷川君と大会ランディングクローズ後にゆったりとハッツキ山サンセットソアリングを楽しんでいました。初ハッツキおめでとう!

久し振りのお休みの日に、青空で飛べる幸せ!を知っている太田さん、稲葉さんは自分のフライトプランで余裕のハッピーランディング。
(写真では見にくいですが、後ろでソアリングしている20機位のパラグライダーは、この30分後に風が強くなって全員ランディングしています。この余裕が大事なのだよ。スギナツ君、シロナツ君!)


木村ご夫婦はタンデムでハッツキ山の紅葉見物!
2004/11/6(土)
 昨日からの晴天の為、しっかりと朝霧に包まれてピンクカップ初日が始まりました。60人の選手にスタッフを加えて80人位の若人で十分一山が賑わいました。逆転層は結局消えず、終日ぶっ飛びではありましたが選手全員安全に飛べました。ご協力ありがとうございました。
 大会の合間を縫ってスクールもフリーフライトもOK。岩手から来てくれた稲葉さんはアルファ3試乗も含めて3本、仙台のスラビクさんも各地の道路閉鎖にめげず何とか山まで辿り着いて午後から2本フライト出来ました。(地元のフライヤーも遠慮しないでどんどん飛んでもらった方が大会にもいいのですが・・・。)

ハングもパラも仲良く!スクール生から世界選手権代表まで!同じタスクに真剣に取り組むのが楽しい!
2004/11/5(金)
 秋らしい西風・ハッツキ山リッジソアリング日和でした。午前10時頃から西風が入り始め、サーマルブローと入り混じって、フライヤーを力強く空に連れて行ってくれます。風でちぎれているのかサーマルトップは950m(+450m)位でしたが適当にリフトありシンクありで、ステイするのにもあれこれ考えながら面白くソアリング出来ました。大場さんはアルファ3を2時間も試乗して違いがわかる男に!木村さん、山口君も午後から駆けつけて、いい飛びしていました。
 明日はピンクカップが開催されます。(選手は60人位です。)金井は大会のスタッフでランディングから動けませんがスクール生の誘導もします。泉はテイクオフで大会フライトとフリーフライト・スクールフライトを交通整理します。どうぞご協力よろしくお願いします。

パラもハングも仲良くソアリング!
タンデムフライトでポーズをとってくれたのは深瀬さんと大野さん

大場さんは今日も試乗機のアルファ3でハッツキ山ソアリング。見頃の紅葉もまた格別に綺麗です。(多分、もう自分の機体よりもアルファでの方が沢山飛んでます・・・。)

薮漕ぎしながら「ここに飛んでくるぞ」と誓ってから3日。ハッツキ山上空にに連れて来てくれた今日の相棒はパルサー君。(最近出番が少ないけれど、いい翼なんです。BストールもOKでした。)
もうすぐ、同じウインドテック社の最新鋭機テンパスがやってきます。
2004/11/4(木)
 荒れ風、フライト不可。相変わらず大気の状態が不安定な為、昼頃には激しい雨も降りました。早くこの寒気が抜けて高気圧に覆われることを祈るばかりです。山頂ログハウスの水洗トイレ修理と屋外トイレの汲み取りは完了しました。
2004/11/3(水)
 寒気を伴った低気圧が次々と通過してゆきます。朝と夕方に雨降り、日中も大気が不安定な事を示す雲が常にどこかに見えている状態で、フライト不可。
 クラブハウスでは、元気な日大の皆さんと今週末に行われるピンクカップの打ち合わせ。(地元のフライヤーは何処へ?60人のエントリーリストに一人も居ないとは・・・。B級、NPの選手の引率教員としては少し寂しいです。)
2004/11/2(火)
 北西風の荒れ風の為、フライト不可。早くこの寒気が抜けてくれる事を祈るばかりです。 
 ハッツキ山こと本名:平次林山(ヘイジバヤシヤマ)の紅葉が最盛期を迎えています。とても綺麗なのに飛んで行けなかったので足で登ってみました。焼却炉横の登り口からの三角点のある所までゆっくり30分のハイキングでした。あの道をもう少し整備してテイクオフを作れば、西・北西風の日にはバッチリなのですが・・・。

平次林山の中腹から十分一山を望む。写真の発色は悪いですが実物は綺麗でした。上に見える怖そうな雲がいなくなったら、今度は上から見物します。
2004/11/1(月)
 大気の状態が不安定な事を示す雲があちこちに見られた為、フライトは見合わせました。(テイクオフは出来るのですが・・・楽しいフライトは出来なそうでした。)
 明日は西から寒気による小さな低気圧が次々とやってきます。荒れ風になりやすいでしょう。