低気圧が通過、その影響で雲量が多く次第に冬型の気圧配置になりました。それでもエリアの中は逆転層に守られ、朝から正午くらいまでフライト出来ました。その後は本流の西風が強まりスクールはグランドハンドリングに励みました。

朝霧が消えたらタンデム講習スタート。

午前11時半頃からソアリング開始。

B級パイロット過程の浅野さんランディング。穏やかな内に高度処理練習が出来ました。

フライト後、校長と熊谷先生は新型ソリについて思案中。力持ちのATV用で6人乗り!乞うご期待!

Follow me!