梅雨前線は西日本から東日本にかけて停滞し、前線上を低気圧がゆっくりと進んで来ました。その為、置賜盆地でも大気の状態は不安定ながら風は穏やかでサーマルブローを待ってはテイクオフ。初級クラスも全員テクニカル練習が出来ました。昼過ぎの晴れ間に良いタイミングで「グラヴィス2」で飛び立ったYUPCの小林君は海抜960mまで上昇してソアリングを楽しんでいました。午後3時過ぎには雨雲がエリアまで届いてフライト終了。

「空」延沢さんテイクオフ。

余裕のフライトを楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤコブさんランディング。誘導なしで高度処理が出来ました。

6月からの入校で早くもB級パイロット過程修了が近づいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の大トリは、ハッツキマスターことTガシさん。渋いコンディションの中でハッツキ山に取りついてソアリング。米沢から雨雲が到着するタイミングを見計らって降りてきました。