西から前線を伴った低気圧が発達しながら近づいていますが、置賜盆地では日没までは良いお天気でした。新型コロナウィルス感染症対策で各地からフライトエリア臨時休業の連絡が入ってきます。白竜湖を守る会による野焼きは中止になりました。更に山形県では全ての来県者に県境で検温を実施することになりました。私達を取り巻く状況は日に日に厳しさを増していますが、校長は十分一山来場者に努めて笑顔で対応しながらゴミ拾いに奮闘していました。

 

クラブハウスのパンジーと芝桜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウス脇(国道13号側道)の桜も間もなく満開を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十分一山に兄弟(?)でお越しの皆さん。彼らだけでなく大勢の方が来場されています。このご時世ですから自然公園で心と体の健康を保って頂ければ幸いです。

でも利用料を払っているフライヤーは飛べないのに無料の入場者は無条件に良いのか、というジレンマは抱えたままです。

「入山時には検温するぞ」とは言いませんが、ゴミは必ず持ち帰ってくださいね。