低気圧を伴った前線が通過後、強い冬型の気圧配置になりました。十分一山の朝は強い逆転層に守られて静穏だったものの、午前10時頃には一気に強風が吹き込みフライトは取り止めました。

さすがの朝霧でも強風で上級タンデム検定員検定会は、タンデム機材一式の点検後、学科講習、学科検定となりました。