前線の影響が出る前に何とかフライトしようと車椅子体験タンデムチームは午前6時半にスタンバイしましたが無情にも雨雲に追いつかれ一度解散。それでも諦め切れずに雨雲レーダーを見続けていた校長は午前10時半頃に雨が止んで東風が吹き込むまでの時間で飛べる(はず)とチームを再招集。無事にフライト出来ました。

夜は南陽市体育協会の強化振興部会。

ランディングでホッと一息。(飛びも撮影も完璧でした。)

飛びの映像は近日放送の「報道ステーション」で!